メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

トウシツの歩き方――国境を越えて、統合失調症を越えて

フラーノ・哲平(ペンネーム)

ブラジル留学中に統合失調症を発症した著者が、2016年にはリオ五輪を控えているブラジルの文化を交え、悪戦苦闘しながらも症状を乗り越えていく軌跡を綴ります。(隔週木曜連載)

プロフィールフラーノ・哲平

1981年ポルトガル生まれ。東京・ブラジル育ちの日本人。ブラジル留学中に統合失調症を発症し、現在投薬10年目。日本に帰国後、症状に悩まされながらもなんとか大学院を修了。得意なポルトガル語を駆使したアルバイトを続けながら、いわゆる「フツー」に生活できるまでに寛解した。2012年10月にとある企業に就職し、仕事の合間にこよなく愛するブラジル音楽を演奏する日々を送っている。体育会系太鼓チーム『Baqueba(バッキバ!)』所属。

バッキバHP:http://baqueba.blogspot.jp/

第15話 神はブラジル人“Deus é brasileiro”

イグアスの滝と筆者[1]

 キリストの丘から降りてきた時にはリオの街は再び大粒の雨が落ちてきていた。僕たちはレストランに入り休憩することにした。ビールを飲みながら歓談している3人。キリスト像で経験したことは、彼らにとってはありふれた幸運に過ぎなかったが、僕には信じがたい奇跡として記憶に刻み込まれていた。会話には参加せずに僕は目の前の海岸沿いを歩く人々を眺めながら、その“奇跡”を振り返り脳内で反芻していた。絶対的な神の存在。キリスト像という信仰の対象を借りて神が僕に見せた奇跡。よくブラジル人は“DEUS É BRASILEIRO(神はブラジル人だ)”という表現をするが、それは本当なのではないか。僕がブラジルを愛するあまり、ブラジルが僕のことを愛してくれた。神が僕を愛してくれた。

 父たちはこの後飛行機に乗り世界三大瀑布であるイグアスの滝を見に行くことになっていて、僕はというと空港まで見送り再びニテロイに戻る予定でいた。

 空港に到着しチェックインカウンターに並ぶ。搭乗時間まで1時間もないのにかなり長い列ができていた。リオでの出来事やイグアスの話などをしている時に父が思いがけない言葉を口にした。

「せっかくだし哲平もイグアスにくるか?」

 現時点で予約もしていないし、荷物も持ってきていない。何より心の準備が無かった。僕は父の一言に驚いて思わず断ってしまったが、父は「やってみないとわからないだろ?」と僕を説得してきた。

 僕はキリスト像の奇跡を思い出した。父の厚意を信じればひょっとするかもしれない。

「この3人と同じ飛行機でイグアスまで行きたいんだけど。」

 早速、チェックインカウンターの係員に交渉してみたが、案の定、席は満席だった。僕は食い下がり他に方法がないのか尋ねた。

「航空会社のカウンターで予約を入れてみてください。もう時間はありませんが、もしかするとキャンセルが出るかもしれません。」

 係員に礼を言い、航空会社のカウンターへと急ぐ。暇そうにしている中年女性が航空会社の受付だった。彼女の金髪のカールは目を引く美しさだった。僕は今から予約ができないか尋ねた。係員は「今からですか?」と怪訝な表情浮かべたが、「今じゃなきゃダメなんです!」と急かす僕の気持ちを察したのか、急に真剣な顔つきになってパソコンに僕の個人情報を入力し始めた。やはり今からの予約だとキャンセル待ちはかなり難しいとのことだったが、僕は諦めずに彼女に念を押した。

「じゃあ僕のために奇跡を信じて!」

「急いでカウンターに行きなさい!神の御加護を!」

 チェックインカウンターへと戻る途中、僕は焦りのなかに、何かに突き動かされている感覚を覚えた。先ほどの係員は僕の顔を見るなり、目の前のモニターをチェックし始めたが、神妙な面持ちでキャンセルが出ていないことを告げた。当然の結果だ、と肩を落とした瞬間だった。

「テッペイ様、貴方は相当な運をお持ちです。ただいまキャンセルが出ました。早速手続きに入りますね。」

 僕は震えた。何か大きな力に導かれていると思わずにはいられなかった。父の思い付きの一言から始まり、搭乗時刻ぎりぎりにチケットを買うこと自体無謀だし、満席状態の飛行機に直前にキャンセルが入る。その偶然の連続が僕には奇跡的な出来事としか感じられなかった。僕は完全にあらゆる行為に神の意志が介在すると思うようになっていた。

 イグアスまでの飛行機の中は、興奮状態の脳が冴えわたって眠れなかった。ただ一言「ツイてる」で片付けていいのか。いや、そんなことは決してない。何故なら僕の強い気持ちが介在したからだ。僕が信じ抜いた結果神に認められ奇跡的なことが起きたのだ。しかもそれは雲を晴らすという大きな奇跡と、他の人の想いが繋がって起きた小さな奇跡。どちらにしても僕一人の力でどうにかなるものではない。“DEUS É BRASILEIRO”この国で僕は神に遭遇した。もはやブラジル人全員が神の化身なのではないか。僕のあらゆる経験が神の存在なしでは説明できないものになっていた。

 イグアスの滝を見ながら僕は自分の人生の終わり方をイメージしていた。ノーベル平和賞を受賞し、世界平和のための活動に尽力、そして僕は寿命を迎える。その頃の科学技術のレベルは現在に比べ目覚ましく向上しており、どうやったら僕のように世界平和について考えられるのか世界中の科学者が死後の僕の脳を科学的に解析。その思考回路を世界中の人々が実践しその結果世界に本当の平和が訪れる。そんな未来予想図を僕は妄想していた。神に選ばれ数々の奇跡を経験した僕である。できないはずがない。根拠のない自信に満たされ、僕の未来は明るかった。

[1]^ブラジルとアルゼンチンにまたがる世界三大瀑布の一つ。滝幅4000メートル、最大落差82メートルを誇り、『悪魔の喉笛』とも呼ばれる。ヘリコプターで上空から、船では川からそのダイナミックな滝を眺めることができ、ブラジルの観光名所の一つとして知られる。