メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

トウシツの歩き方――国境を越えて、統合失調症を越えて

フラーノ・哲平(ペンネーム)

ブラジル留学中に統合失調症を発症した著者が、2016年にはリオ五輪を控えているブラジルの文化を交え、悪戦苦闘しながらも症状を乗り越えていく軌跡を綴ります。(隔週木曜連載)

プロフィールフラーノ・哲平

1981年ポルトガル生まれ。東京・ブラジル育ちの日本人。ブラジル留学中に統合失調症を発症し、現在投薬10年目。日本に帰国後、症状に悩まされながらもなんとか大学院を修了。得意なポルトガル語を駆使したアルバイトを続けながら、いわゆる「フツー」に生活できるまでに寛解した。2012年10月にとある企業に就職し、仕事の合間にこよなく愛するブラジル音楽を演奏する日々を送っている。体育会系太鼓チーム『Baqueba(バッキバ!)』所属。

バッキバHP:http://baqueba.blogspot.jp/

第14話 コルコバードの奇跡

コルコバードのキリスト像と筆者

 父が来た日は朝から曇りがちだった。父とその友達2人はサンパウロで数日過ごした後リオのガレオン空港に到着することになっていた。僕はニテロイからバスに乗りグアナバラ湾を渡り空港に来た。父たちは大きなトラブルもなくほぼ定刻に出口から出てきた。これから2日かけてリオの観光名所をタクシーで回る予定だった。空港で客待ちをしているタクシーの運転手と話をする。観光客と思ってぼったくるタクシー運転手が多いので、僕は運転手と話した感じで乗るかどうかを決めることにしている。目的地を告げ、先に料金を決める。お互い納得したところでタクシーに乗り込む。この日は移動メインでホテルへ直行した。タクシーの運転手はフランシスコといい、眉毛が太く目がまん丸で混血[1]の実直そうな男だった。僕は父に翌日の一日かけたリオ観光のドライバーをフランシスコに任せてみないかと提案した。すぐに父の了解が取れたので、フランシスコと交渉すると彼も快く引き受けてくれた。僕はこのタクシーの運転手から垣間見える誠意を信じることにした。

 その日の夜はリオ・デ・ジャネイロの象徴的海岸、コパカバーナに面する高級ホテルに泊まった。リオの高級ホテルに泊まるのは初めてだった。高級ホテルは従業員も気取ってお高くとまっているイメージがあったが、このホテルの従業員はそうではなかった。ホテルの受付の男が他の客を接客していた。どうやら部屋に忘れ物をしたのを思い出したのがルームキーを返却してしまった後だったということだ。受付の男がその部屋の階の従業員に内線で連絡する。

男「OOO号室に忘れ物があるんだけど、取ってきてくれないかい?」

女「・・・・」

男「早く取ってきてくれたら最高のキスをしてあげるから!ヨロシク頼んだよっ!」
(目の前の客にウィンクをし、電話を切る)

男「お客様。すーぐ届きますんで、ちょっとだけお待ちくださいねっ!」

 始終こんな調子だ。日本では到底考えられないやり取りがリオでは当たり前に繰り広げられる。解決策をマニュアルからでなく、築き上げた人間関係からチョイスし業務を円滑に遂行する。こういった人間味のある対応はブラジルではよく見られ、一つの魅力となっていると思う。僕たちは近所を散策し、ラウンジのバーで軽く酒を飲みその日は就寝した。

 あくる日は朝から小雨が降っていた。朝食を取り、ロビーへ降りると約束の時間前にもかかわらずフランシスコが待っていた。僕は彼が信頼に答えてくれたことに感動していた。ブラジル人は適当で約束しても守らないという人がいるが、誠意をもって接すればちゃんと約束を果たしてくれるのだ。この日の行程はポン・ジ・アスーカル[2]へ行き、その後キリスト像[3]を見に行くことになっていた。どちらもリオでは最も有名な観光名所である。僕はその道すがら父の友人であるMさんといろいろな話をした。Mさんはアメリカの大学出身で国際感覚もあり、哲学の話もできる人だった。僕が話題にした世界が抱える問題やブラジルの現状についても、丁寧に対応してくれた。この頃から、僕は自分の思考が研ぎ澄まされていると感じる時に、頭の後頭葉のあたりが熱くなる感覚に襲われるようになっていた。この日も彼女と話をしているときに、頭の後ろの方がジワーッと熱くなっているように感じていた。

 ポン・ジ・アスーカルの山頂に着くとそこは雲で覆われていた。小雨も降っていて、景色が売りの観光名所としては残念な天候だった。山頂には土産物があった。以前友人と登った時に知り合った販売員がいるはずだ。彼は日本から来た日本人で、ブラジル好きが高じてブラジル人と結婚して住み着いたとのことだった。彼の姪っ子が僕と同じ大学に行っているということも聞いており、彼に対してはかなり親近感を感じていた。そんな販売員がいることを知っていたので、僕は父たちを連れて彼の店へ行った。期待通り彼は店に立っており、僕のことも覚えていてくれた。とても温厚で人当たりの柔らかい彼との会話が僕は好きだった。
「人間と人間がみんなこのように真心をもって接すれば世界は平和になるに違いない」そんなことを考えていた瞬間、販売員がキリスト像を指差し、こう告げた。

「キリスト像の方が晴れそうですね。今から行けば晴れますよ」


[1]^ブラジルは世界で最も混血が進んでいる国だといえる。2012年のブラジル国勢調査では人口1億9073万2694人のうち50.7%が黒人もしくは混血であることが明らかになった。先住民であるインディオと開拓民であったポルトガル人がブラジル発見以降早い段階で交わり、その後奴隷として黒人がアフリカから連れて来られると、それらと交わった。この複雑な混血によりブラジルは人種差別が少なく、肌の色による社会参画の機会に偏りのない人種デモクラシーの国だとブラジル人は主張する。ただ、実際社会ではまだまだ黒人は差別の対象であることも事実である。これに対して、ブラジル北東部に行くと黒人のアフロ文化を守るため、音楽活動や宗教儀式に黒人以外を参加させないなどの逆差別も存在する。

[2]^リオの海岸線に突き出た二つの小高い丘。リオ・デ・ジャネイロの象徴的な観光地。日本語に訳すと“砂糖パン”という意味になる。ロープウェイで山頂まで上るとリオの街や海岸線を一望できる。

[3]^コルコバードの丘の山頂にそびえ立つキリスト像は、高さ39mで、両腕を大きく開き丘の上からリオの街を見守る。聞くところによると、昔はグアナバラ湾を行き交う船の事故が多く、船の運航をキリストに見守ってもらおうとして建造されたとのことである。2007年には新・世界7不思議に認定されている。