メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

トウシツの歩き方――国境を越えて、統合失調症を越えて

フラーノ・哲平(ペンネーム)

ブラジル留学中に統合失調症を発症した著者が、2016年にはリオ五輪を控えているブラジルの文化を交え、悪戦苦闘しながらも症状を乗り越えていく軌跡を綴ります。(隔週木曜連載)

プロフィールフラーノ・哲平

1981年ポルトガル生まれ。東京・ブラジル育ちの日本人。ブラジル留学中に統合失調症を発症し、現在投薬10年目。日本に帰国後、症状に悩まされながらもなんとか大学院を修了。得意なポルトガル語を駆使したアルバイトを続けながら、いわゆる「フツー」に生活できるまでに寛解した。2012年10月にとある企業に就職し、仕事の合間にこよなく愛するブラジル音楽を演奏する日々を送っている。体育会系太鼓チーム『Baqueba(バッキバ!)』所属。

バッキバHP:http://baqueba.blogspot.jp/

第13話 人生を探す留学(2)

手作り卓球台とラケットで遊ぶファベーラの子供たちと筆者

 新たな引っ越し先は留学先であるフルミネンセ連邦大学が紹介してくれた。大学職員であるマルセロの家の部屋が一つ空いているということで、そこにお世話になることになった。彼の家は大学からバスで25分位のフォンセッカという地区にあったが、決して治安の良い場所ではなかった。彼はそこで付き合っている恋人と一緒に暮らしていた。彼女の名前はシモーネといい、ファベーラ[1]出身であった。僕はリオの象徴ともいえるファベーラ出身者との出会いに高揚した。彼女からは、ファベーラの人々のこと、ファベーラでの生活のことなど数々のエピソードを聞くことができ、金持ちでお高くとまっている連中よりも、貧しくても質素な暮らしをしている人たちの方が、よっぽど温かく、謙虚であると思った。

 ある日シモーネに頼み、彼女の出身であるファベーラに連れて行ってもらうことになった。ファベーラにはそこを支配するギャングが存在し、カメラやビデオでの撮影は基本的にNGであるため、シモーネに確認をとりながら慎重に写真を撮影した。通りで出会う子供たちの笑顔。貧しくも彼らはともに助け合い、支え合い暮らしているようだった。彼らに足りないのは社会との接点そしてチャンスだ。ファベーラの住民の多くは固定給をもらえるような仕事には就けず、日雇いや短期の仕事をしながら日々生活している。僕はこの光景を見て将来日本人としてこの子供たちを支援する仕事をしようと心に決めた。

 引っ越しから2か月を経過した頃、うまくいっていたはずのホームステイがちょっとしたことから嫌になってきていた。その原因は毎朝7時から始まるマルセロとシモーネの大喧嘩である。リビングで互いに怒鳴り合っているので、二人が仕事に出かけていくまで部屋から出られない日々が続いた。喧嘩の内容は、いつも置いている場所にものが戻されていないとか、フロッピーディスクをパソコンに残したままで電源を切ったとか、些細なことだったが、僕を疲弊させるには十分だった。

 フォンセッカの治安の悪さにも嫌気が差していた。ある日の夜、部屋で大学の課題をしていた時に、外から男達の争う大声、そして走る音が聞こえてきた。しまいには、銃声と思われる轟音と弾丸が空を切り裂く音が鳴り響いた。その後、争いは収まったようだったが、この家で居場所がなくなりつつあった僕の精神状態は限界を迎え、その弾丸にとどめを刺されてしまった。

 そこで、シェアハウスに入居しているチアーゴに相談した。長身でイケメンのチアーゴは日本に興味があったので、留学してすぐに僕と仲良くなっていた。以前も遊びに行った時に、入居を相談したことがあった。その時は空がなく住むことは叶わなかったが、2回目の引っ越しを決意した直後に部屋が空いたことを彼が教えてくれた。どうやら住人の一人が結婚するために田舎へ帰ることになったらしい。こんなタイミング二度とない。こうして僕はシェアハウスにたどり着いたのだった。

 シェアハウスに入居してからというもの、余計なストレスから解放された。家賃も手ごろで、大学からも近く、何より安全で暮らしやすい地区にあった。同居人たちもいい奴が多く、僕と積極的に話をしてくれた。チアーゴとは同じ部屋になった。同じ文学部で学ぶチアーゴとは話も合った。何だか僕は心が自由になった気がしていた。思い描いていた“留学”が始まったと実感した。ジムでカポエイラも習い始めた。学校の授業も理解できるようになってきていた。心に余裕ができはじめた僕は自分の大学の建学精神である「言語を通して世界平和を」という理念を実践するにはどうすれば良いか考えるようになっていた。自分がノーベル平和賞を受賞すればそこから世界平和につながる活動ができるのではないか。そのために何をするべきか。そんなことを考えていた。自分の専攻である言語、そしてコミュニケーションについて深く考察する必要性も感じていた。言語学の知識と自分オリジナルの思考から、取り巻く世界を理解しようとした。

 ポルトガル語は多くの外国語と同様に人称によって動詞が変化する。英語でいうところの三単現の“S”が日本人には最も馴染みが深いと思うが、ポルトガル語においては一つの動詞について人称と時制を含めると56通りもの活用をすることになる。その中で人称は3人称までしかない。これは世界共通で、私、あなた、彼の3通りである。何故私たちは3人称までしか使わないで生活できているのか。4人称は何故必要ないのか。4人称があるとしたらそれは神との会話において使われるのではないか。僕たちはこの世界を3という数字で理解し、表現しているのだ。4以上の数字は神の領域なのだ。正三角形がこの宇宙において最も安定した図形であることも、きっと3が人間のイデアの限界であることの帰結なのだ。そして私、あなた、彼という3点を結びできた正三角形の三点からもう一点を等距離に足したところに居るのが神で、この正四面体こそがこの世界を幾何学的に表わしたものなのだ。僕たちは常に正四面体の世界に存在している。つまり世界の真理は3にあるのだ。正四面体を愛で満たすことこそが世界を平和にするのだ・・・・・・

 こういう考えに辿り着くたびに自分がノーベル平和賞受賞に近づいていると思っていた。段々と僕の思考は俗世界から離れていき、他の人からは理解されにくいところまで行ってしまっていた。

 そんな日々を送る中、僕の父が仕事仲間とブラジルに来るという連絡が入った。

1.^ファベーラ(Favela)とは、ブラジルの低所得者層共同体のことを指し、いわゆるスラムのことである。ブラジル全土にあるが、リオのファベーラが特に有名。リオの街に点在するモッホと呼ばれる丘の上にもファベーラがあり、富裕層ではなく貧困層がリオの絶景を見下ろすというコントラストを作り出している。