メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

トウシツの歩き方――国境を越えて、統合失調症を越えて

フラーノ・哲平(ペンネーム)

ブラジル留学中に統合失調症を発症した著者が、2016年にはリオ五輪を控えているブラジルの文化を交え、悪戦苦闘しながらも症状を乗り越えていく軌跡を綴ります。(隔週木曜連載)

プロフィールフラーノ・哲平

1981年ポルトガル生まれ。東京・ブラジル育ちの日本人。ブラジル留学中に統合失調症を発症し、現在投薬10年目。日本に帰国後、症状に悩まされながらもなんとか大学院を修了。得意なポルトガル語を駆使したアルバイトを続けながら、いわゆる「フツー」に生活できるまでに寛解した。2012年10月にとある企業に就職し、仕事の合間にこよなく愛するブラジル音楽を演奏する日々を送っている。体育会系太鼓チーム『Baqueba(バッキバ!)』所属。

バッキバHP:http://baqueba.blogspot.jp/

第12話 人生を探す留学(1)

ブラジルといえばサッカー。
日本でもプレーしたエジムンドとのツーショット

 シェアハウスに引っ越してきたのにも色々な経緯があった。

 ブラジルへの留学が決まった時は母がすぐに動いた。サンパウロに住んでいた頃の母の友人がたまたまリオデジャネイロのニテロイに住んでいて、日本の留学生を一年間受け入れていた。その留学生と入れ替わる形でお世話になるということになった。本来ならば最初の数日間ホテル暮らしをして、その間に不動産屋を回り、家を決めるのが通常の方法だったが、サンパウロに住んでいた頃のネットワークを使い、留学前に決まってしまった。幸先の良いスタートとなった、はずだった。

 以前、僕がサンパウロに3年半住んでいたのは父の転勤によるものだった。当時父は大手総合商社勤務の商社マン。世界中に散らばる商社マンが生活する環境はどこでも恵まれている。国によっては治安の問題もあり、住むエリアも現地の中~上流階級が暮らすような地区に住み、危険な国ほど会社からの手当も手厚いので、必要最低限以上の生活は保障されている。働くことのできない妻たちは家政婦を雇い、時間を見つけては習い事やショッピング、駐在の奥様で集まりお茶会をして日々を過ごす。駐在の子供はほぼ100%に近い割合で現地のインターナショナルスクールに通う。スクールに通う子供たちはほとんどが駐在の子供たちで、現地の経済感覚でいうとべらぼうな学費がかかるため、その国の子供が通うことは稀だ。現地の子供たちのなかで通うことができるのは、その国の超一流企業の幹部レベルの子供たちだけである。その後彼らの多くはアメリカの大学へ行き、その語学力と経験を活かし一流企業へと就職するエリートとなっていく。

 うちの父も御多分に漏れず僕をインターナショナルスクールに入れることを考えていた。父は単身でブラジルに赴任している頃から、サンパウロにある数校のインターナショナルスクールを巡り、日本にいる母に情報をFAXしてきていた。ブラジルに着いた僕はすぐに受験させられたが、日本の高校2年生の英語のレベルでは合格するわけもなく、僕を受け入れるスクールはなかった。それでも諦めない父はクリチーバというサンパウロから600kmほど離れた街のスクールを見つけてきたりもした。17歳だった僕には理解できなかった。せっかくブラジルという国に来ているのに何故英語を習得しなければならないのか。現地の学校に行き、ポルトガル語を習得し、ブラジル人と仲良くなりたい。僕は父に直談判した。

「そんなに英語を学ばせたいのなら僕をアメリカに行かせてくれ。それが出来ないなら僕は現地の高校に通いたい。」

 意外にも父は納得し、翌日から現地の高校を探すことになった。それからは奇跡的にとんとん拍子で事が運び、現地の高校へ編入することができたのだった。駐在の子供がブラジルの現地校に通うということはほとんどなく、領事館の人にも相当珍しがられた。それほど海外の駐在の生活水準は高いのだ。

 そんなサンパウロで築かれたネットワークによって紹介されたのが、ニテロイのホームステイ先である。グアナバラ湾に面するインガー地区にそびえる白亜のマンション。彼らはブラジルでは有名な日系人の成功者の親族にあたる。何不自由ない生活を送るその家族に迎え入れられ、順調な留学生活が始まるはずだった。しかし、生活していくにつれ思い悩むようになる。まず家賃が高い。その家族は日本円にして6万円近くの家賃を要求してきた。当時のブラジルの1か月の最低賃金が約1万円ほどである。彼らの言い分としては、家事全般、食事の提供、安全性を考えたら高くはない。どこかのホテルに泊まってもそれくらいはするとのことだった。僕は国際キャッシュカードを作って現地での生活費を引き出していた。6万円という額を現地の銀行で引き出そうとすると、1日で引き出せる限度額を超える。しかも、そのキャッシュカードが使える銀行はグアナバラ湾を挟んだ反対側のリオ市にあり、航路を使う必要がある。僕はこの家賃を支払う為に月に1度、2日も使って対岸へ行くことを繰り返していた。銀行で引き出せる限度額を超える家賃に住む留学生。月々の家賃の支払日が近付く度に、僕は憂鬱な気分になっていた。

 ようやくブラジル生活が落ち着いてきた頃、リオはカーニバルの時期を迎えていた。僕はステイ先の母であるソニアに尋ねた。

「せっかくだからカーニバルを間近で見てみたい。」

 リオと言えばカーニバル。これは世界中の共通認識ともいえるだろう。留学生としてその国のことを学びに来ているのだから、カーニバルに行かないわけにはいかない。しかし、ソニアの答えは冷淡だった。

「何を言っているのテッペイ。あんな危険なところに行かせられる訳ないでしょ。カーニバルは貧乏人のお祭りなのよ。大体外国人のあなたが行ったら悪い人に狙われるに決まっているわよ。何かあったら私の責任になるんだから絶対に行かないで。」

 一体僕は何をしにリオデジャネイロまで来たのか。ブラジルにいるのにカーニバルに行くことができない。留学というのはその国のあらゆることを観察し、体験し、学ぶものではないのか。貧乏人だってブラジル人だ。その貧乏人の作り上げた祭りが世界中から注目されている。文化的な一大イベントが目の前で繰り広げられているのに、エアコンの効いた家で大人しくしてなければならない。なんというジレンマだろう。僕は派遣留学生として、国から月々11万円の返済不要の奨学金をもらっていた。いわゆる国費留学生だ。その半額以上が家賃に消え、そしてカーニバルも知らず留学を終えて帰国する。日本国民の血税を使って留学させてもらっているのに、こんなことでは国費留学生として申し訳が立たない。この家を出よう。入居して3か月目のある日、僕は決心を固めた。