メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

トウシツの歩き方――国境を越えて、統合失調症を越えて

フラーノ・哲平(ペンネーム)

ブラジル留学中に統合失調症を発症した著者が、2016年にはリオ五輪を控えているブラジルの文化を交え、悪戦苦闘しながらも症状を乗り越えていく軌跡を綴ります。(隔週木曜連載)

プロフィールフラーノ・哲平

1981年ポルトガル生まれ。東京・ブラジル育ちの日本人。ブラジル留学中に統合失調症を発症し、現在投薬10年目。日本に帰国後、症状に悩まされながらもなんとか大学院を修了。得意なポルトガル語を駆使したアルバイトを続けながら、いわゆる「フツー」に生活できるまでに寛解した。2012年10月にとある企業に就職し、仕事の合間にこよなく愛するブラジル音楽を演奏する日々を送っている。体育会系太鼓チーム『Baqueba(バッキバ!)』所属。

バッキバHP:http://baqueba.blogspot.jp/

第4話 マクンバ2

近所のカポエイラ教室でトレーニングをする著者(右)

 概念の呪縛に苦しめられていた僕はいよいよ人と正常にコミュニケーションがとれなくなっていた。言葉の裏にある概念にばかり意識がいくあまり、言葉を信用できなくなったのだ。

 僕のポルトガル語が相手に理解されなくても「僕のポルトガル語が下手くそなんだ」くらいにしか思っていなかった。勉強すれば通じるようになる。努力が足りないのだろう。しかし次第に、伝えたいことは心の中にあるのにもかかわらず、それを伝えることは不可能だと思うようになっていった。それは母国語ではないポルトガル語によるコミュニケーションだったからかもしれない。言葉がとても上辺なものに感じられた。

 例えば、僕の指している”リンゴ”は相手の思っている”リンゴ”と本当に同じものを指しているのか。僕の思う”コップ”は相手の思う”コップ”とは全く違うものなのではないか。完璧なコミュニケーションを求めるあまり、徐々に人と共有できるものが少なくなっていった。しまいに”僕”をどうしたらイメージ上の”僕”と一致させることができるのかわからなくなってしまい、人と会話するのを避け、孤独な世界に閉じこもるようになった。

 その頃から僕は非言語的な世界を信じるようになった。それはある種信仰に近い、何かにすがりたいという精神状態だったともいえる。

 僕は留学中、カポエイラ[1]のクラスに通っていた。週に3,4日、近くのスポーツジムで行われるレッスンに通い、時にクラスの皆で地方へ遠征に行ったりもした。カポエイラはもともとアフリカから奴隷によって持ち込まれた文化で、アフリカの宗教とも関係が深い。精神性や哲学が求められ、日本の”道”にも良く似た側面も持つ。ある日クラスの女の子が同じくクラスに通う老人と会話をしていた。

 「ブラジルのあらゆるもの、メディアとか、政治とか、全てのものがマクンバによって操られているのでしょ?」

 「そうだ。ブラジルはマクンバの国だ。ブラジルとマクンバは切っても切れない縁がある」

 マクンバはカポエイラと同様に南米大陸に奴隷として連れてこられたアフリカ人が持ち込んだ宗教のことで、カンドンブレを代表として大小様々なものがある。それらはブラジルにいた白人たちから恐れられ、禁止されたこともあったが、形を変化させながら脈々と現在まで伝承されている。マクンバは太鼓のリズムでトランス状態に入ってしまうような儀式を行うので、白人にしてみれば黒魔術のような呪術であり、現在でも忌み嫌う人は多い。そのようなバックグラウンドのせいか、白人がマクンバという単語を口にする際は、すでに差別的なニュアンスを含んでいる。

 マクンバの存在は知っていたけど、僕はそのような観点からブラジルを捉えたことがなかった。その日を境に僕はマクンバを強く意識するようになったが、具体的に何がマクンバなのかはよくわからなかった。とりあえず、大きな力で人々を操るもの、それがマクンバであるという風に理解し、日常を観察することから始めた。

1.^カポエイラは舞踊のような対人武術で、手拍子、楽器、歌のリズムの中で繰り広げられる。楽器にはアタバキという太鼓やベリンバウという弦楽器が使用される。黒人奴隷は自衛のため、白人農場主の目を盗んでトレーニングしていた。監視の目を欺くために舞踊として進化を遂げており、現在ではブラジル全土のみならず世界中で人気のエクセサイズとなっている。

【前の記事】

第3話 マクンバ1

【次の記事】

第5話 マクンバ3