メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

トウシツの歩き方――国境を越えて、統合失調症を越えて

フラーノ・哲平(ペンネーム)

ブラジル留学中に統合失調症を発症した著者が、2016年にはリオ五輪を控えているブラジルの文化を交え、悪戦苦闘しながらも症状を乗り越えていく軌跡を綴ります。(隔週木曜連載)

プロフィールフラーノ・哲平

1981年ポルトガル生まれ。東京・ブラジル育ちの日本人。ブラジル留学中に統合失調症を発症し、現在投薬10年目。日本に帰国後、症状に悩まされながらもなんとか大学院を修了。得意なポルトガル語を駆使したアルバイトを続けながら、いわゆる「フツー」に生活できるまでに寛解した。2012年10月にとある企業に就職し、仕事の合間にこよなく愛するブラジル音楽を演奏する日々を送っている。体育会系太鼓チーム『Baqueba(バッキバ!)』所属。

バッキバHP:http://baqueba.blogspot.jp/

連載を終えて(1)

 「トウシツの歩き方 国境を越えて、統合失調症を越えて」の連載に最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

 この企画が生まれたのも偶然の産物でした。僕がよく通っていたブラジリアンバーで飲んでいる時に、たまたま横に座ったのが中央法規の中島さんで、それがすべての始まりでした。ふとしたことから会話が始まり、過去の経歴や僕の病気のことを打ち明けると、「ケアサポのページに余裕ができるので、そこで連載しないか」と打診されました。

 ブラジルでの留学経験の話をするたびに、友人から「映画みたいな経験をしたね」という感想をよくもらいます。それを真に受けた僕は、いつの日か自分の体験が映画化されるのを夢見て、自らの経験を少しずつ書きためていました。その草稿にも助けられ、とんとん拍子でケアサポでの連載がはじまったのでした。

 中島さんとこの企画を始めるにあたり二人の共通する想いがありました。それは、この連載を通して、統合失調症の方や、その周りでサポートしている方々に勇気を与えられるものにしようというものでした。

 ブラジルの留学中に発症した統合失調症から見えた世界を、寛解した立場で語ることで、読んで下さっている方々に希望を持ち続けてもらいたい。そういう願いを込めて執筆しました。

 統合失調症は100人に1人は発病すると言われている病気です。1%という数字はとても大きな数で、日本の人口で言えば100万人を超える人が、診断されているかどうかは別にしても、統合失調症に苦しめられているということになります。きっと、辛く深い闇から抜け出せずにいる人や、今の僕みたいな症状で日常生活に不自由を感じるレベルの人など、この病気を抱えながら生活している人は想像以上に多いのだと思います。主治医からは「君の症状は軽い」と言われていましたが、僕も死にたくような辛い経験をしました。

 ただ、それだけの多くの人が統合失調症に悩まされているにもかかわらず、“統合失調症”という病名の認知度があまりにも低いというのも事実です。それは何を意味するかと言うと、統合失調症の症状を抱えながらも、周りに打ち明けず我慢をしながら社会生活を送っている人が多いということなのではないでしょうか。うつ病がメジャーな精神疾患となってきているものの、まだまだ精神障害は差別の対象になりやすく、なかなか人には言えない病気となってしまっているのではないかと思います。

 もっと社会の理解が深まれば、服薬をしながら社会生活を送れる人も増えると思います。そんなあと一歩で社会参加できるという方々の背中をそっと押してあげられるような内容にしたくて、寛解までの実体験を赤裸々に綴りました。

 連載を読んでいただけた方はお気づきかと思いますが、僕の場合統合失調症と躁病を併発したために、妄想や幻覚が躁の方向に働きました。統合失調症の人が抱きやすい「黒い服の人に追われている」とか、「悪の組織に監視されている」などの妄想ではなく、「神様に近い存在になった」、「僕を監視している人たちが僕の行動に驚いている」というようなものが多く、陽性症状特有の妄想に苦しめられることはありませんでした。

 かえって自分の意味不明の行動や言動が“神がかっている”と理解していました。発症の時期がブラジル留学中ということもあり、新しいものと出会い、色々考えを巡らせているなかで、今まで考えもしなかったことがどんどん頭の中に浮かんでくる。それ自体が妄想だったのかもしれませんが、そうやって「他の人に理解できないことが自分にはできている」と陶酔していました。

 このようなタイプはかなり珍しいのではないかと思います。統合失調症を代表するような症状を経験されている方々はもっと辛くて大変な思いをされているのだろうと思います。とはいえ、僕も統合失調症と診断され、投薬され、さまざまな経験をしました。それらの経験が僕の人生に必要だったかと振り返れば、必ずしもそうではないと思う気持ちの方が正直大きいです。

 妄想の世界でハイテンションだった時期は、「この世界で生きていきたい」とも思いました。薬を飲んでいない自分が「ナチュラルな自分」なのだから、自分らしく生きるためには薬なんかいらない。とにかく「今の自分がありのままの自分なのだ」と、考えていた期間が長いこと続きました。それは服薬による副作用が辛かったというのも大きな原因です。いつまでこの苦しみが続くのかわからないまま生活を続けるというのは、本当に苦しいものでした。これでも医師が「症状が軽い」と言うのですから、症状が重い人の辛さは推して知るべしです。

 それでも服薬を続け、休みながら、適度に社会との接点を持ち続けながら歩んできた統合失調症人生です(現時点で11年目)。僕は社会の中で生きる決断をしました。寛解した今でも、普通の人と仕事をしていると、自分のハンディキャップを意識せざるを得ないです。しかし、この多くの経験を無にしないためにも、「僕は統合失調症ですが社会参加しています」と、胸を張って言えるポジションを確立したいと思いながら、日々悪戦苦闘しています。

 次回は最後になりますが、周りの人のサポートについて書きたいと思います。