メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

トウシツの歩き方――国境を越えて、統合失調症を越えて

フラーノ・哲平(ペンネーム)

ブラジル留学中に統合失調症を発症した著者が、2016年にはリオ五輪を控えているブラジルの文化を交え、悪戦苦闘しながらも症状を乗り越えていく軌跡を綴ります。(隔週木曜連載)

プロフィールフラーノ・哲平

1981年ポルトガル生まれ。東京・ブラジル育ちの日本人。ブラジル留学中に統合失調症を発症し、現在投薬10年目。日本に帰国後、症状に悩まされながらもなんとか大学院を修了。得意なポルトガル語を駆使したアルバイトを続けながら、いわゆる「フツー」に生活できるまでに寛解した。2012年10月にとある企業に就職し、仕事の合間にこよなく愛するブラジル音楽を演奏する日々を送っている。体育会系太鼓チーム『Baqueba(バッキバ!)』所属。

バッキバHP:http://baqueba.blogspot.jp/

第44話 転機

巨大マテ茶

 Cちゃんと別れた直後だった。ある友人にブラジル音楽のイベントに誘われた。時間にも余裕があった僕は二つ返事で快諾した。京都での経験から、東京のブラジル音楽シーンがどんなものか興味があったのだ。

 麻布で行われていたそのイベントでは、寿司詰め状態のなか、お客さんがブラジル音楽に熱狂していた。当時、京都でブラジル音楽をやっていたのはイーリャくらいだったが、東京では確実にブラジル音楽シーンが確立されていることに圧倒された。それは、自分のポルトガル語を活かせる仕事も機会も必然的に多いだろうと、希望をもたせてくれる光景だった。

 イベント終了後に友人がステージ上で存在感を放っていた女の子を紹介してくれた。後に一緒にマラカトゥをやることになるYちゃんだった。友人から僕が京都でマラカトゥをやっていたことの紹介があると、「今度マラカトゥのグループ立ち上げる予定だから一緒にやろうよ!!」と、Yちゃんは初対面にもかかわらず屈託のない笑顔で話してきてくれた。

 再び音楽をやれる。驚きよりも嬉しさが勝り、すぐさま引き受けることにした。こうして僕は東京で立ち上がったマラカトゥのグループ“BAQUEBA(バッキバ)”[1]のメンバーに加わることになった。

 仕事の方でも、僕は転機を迎えていた。ある日突然、大学時代の友人から連絡が入った。

「ポルトガル語を使うアルバイトがあるけど興味ある?」

 興味ないわけがなかった。すぐに履歴書を用意して面接に出掛けた。その仕事は短波ラジオ放送のポルトガル語アシスタントだった。友人はそこで働いていて、欠員が出ることを知り、僕のことを思い出してくれたのだった。

 面接ではポルトガル語の運用能力が認められ、晴れて採用されることになった。留学後もポルトガル語やブラジル文化にこだわってきたことが報われた気がした。ポルトガル語を使って仕事をしたい。その夢が叶った瞬間だった。

 ポルトガル語アシスタントの勤務時間はそれほど長くなく、落ち着いて仕事ができる環境だったので、病気であることを気にせず働くことができた。はじめは週1日だったシフトもしばらくして週2日になった。ブラジル人リスナーからの手紙を紹介する番組のアシスタントとして、ブラジル人の日本へ対する想いや、考えを知ることができた。何より、ブラジル人スタッフとポルトガル語を使いながら仕事することの充実感はかなりのものだった。

 そして、転機は重なってやってきた。放送局のブラジル人スタッフがポルトガル語を使う仕事を紹介してくれたのだ。それはブラジル関係の商工会議所での仕事だった。ちょうど代々木公園で行われるブラジルフェスティバルの準備で人手が必要と言うことだった。期間限定で、かつ放送局のバイトがない日だけでよいということだったが、人員の関係でフェスティバル終了後も引き継き働くことになった。

 東京に帰ってきて半年も経たないうちに週5日間、ポルトガル語を使う仕事をするようになっていた。週末はブラジル音楽を仲間と練習し演奏する。そんなブラジルに溢れた生活が始まり、病気のことは深刻に考えないようになっていった。

 実際、落ち着いて穏やかに過ごしていれば病気が日常生活を邪魔することはなかった。ただ、自分のアイデンティティの一つとして統合失調症であることは忘れないようにしていた。薬さえ飲んでいれば、多少の気だるさ、身体の重さがあっても、パニックに陥ったり、妄想に悩まされたりなどの症状が出ることもなかった。実家には話し相手になってくれる母がいた。誰よりも僕の病気を知ってくれている母の存在は大きかった。

 社会活動できている日々がありがたかったが、体調が良くなるにつれ、ある考えが蘇ってきた。それは、「本当に薬を飲み続ける意味はあるのか」ということだった。自分が統合失調症であるということに徐々に疑問を抱くようになっていった。

 僕が薬を飲んでいる理由は統合失調症の症状を抑えるためだと医師は説明する。しかし、薬のせいで体がだるくなる。日常生活を問題なく送れている現在、薬を飲んでいるということ以外に僕が統合失調症であると証明できるものはない。つまり、僕が統合失調症である根拠は薬を飲んでいることにある。ならば、薬が僕を統合失調症にしているのではないか。本当は薬をやめれば僕は統合失調症という病気から解放されるのではないか。

 タイミングを見計らって、僕は再び断薬に踏み切るのだった。

  • [1]^ BAQUEBA(バッキバ)という名はポルトガル語でリズムを意味する“BAQUE”と、その“場”を提供していきたいという思いから産まれた。ブラジル、ペルナンブーコ州の伝統音楽である“マラカトゥ”を東京の若者がアレンジしたらどうなるかという実験を繰り返しながらライブ活動を各地で展開。メンバー一丸となって太鼓を叩く楽しさを伝道している。

【前の記事】

第43話 再出発

【次の記事】

第45話 最後の断薬