メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

トウシツの歩き方――国境を越えて、統合失調症を越えて

フラーノ・哲平(ペンネーム)

ブラジル留学中に統合失調症を発症した著者が、2016年にはリオ五輪を控えているブラジルの文化を交え、悪戦苦闘しながらも症状を乗り越えていく軌跡を綴ります。(隔週木曜連載)

プロフィールフラーノ・哲平

1981年ポルトガル生まれ。東京・ブラジル育ちの日本人。ブラジル留学中に統合失調症を発症し、現在投薬10年目。日本に帰国後、症状に悩まされながらもなんとか大学院を修了。得意なポルトガル語を駆使したアルバイトを続けながら、いわゆる「フツー」に生活できるまでに寛解した。2012年10月にとある企業に就職し、仕事の合間にこよなく愛するブラジル音楽を演奏する日々を送っている。体育会系太鼓チーム『Baqueba(バッキバ!)』所属。

バッキバHP:http://baqueba.blogspot.jp/

第36話 自分らしく生きるとは

サンパウロ州サントスにあるサントスコーヒー博物館

 トラ箱で母が僕に飲ませた液薬は、ブラジルの精神病院で処方されたものだった[1]。帰国からしばらくして薬は錠剤[2]に変わっていたが、今回の事態を聞かされた母は、とっさの判断で東京の主治医に相談した上で、家に保管していた液薬を持ってきたのだった。

 警察署で意識を失った後も、僕は精神保健福祉士と会話をしていたようだ。警察署を出た後、両親に連れられて京都の下宿に行き、大家さんに事情を説明しカギをもらい、下宿部屋に帰り身支度を整えた後、京都から東京まで新幹線に乗り、実家まで帰ったらしい。その間、下宿では帽子を3つかぶろうとしたり、父にキスしようとしたり、普段ではしないような行動をしたと母から聞かされた。記憶にはないが、僕は意思を持って行動していたらしい。

 東京の実家で目が覚めた僕は体がだるく頭が少しボーっとしていたが、初めて実家で液薬を飲んだ時のような悲しさや苦しみは感じていなかった。

 数日後、僕は母付き添いのもと京都に帰ることになった。卒業前最後の春休みに入るまでの授業がまだ残っていたからだ。数日間授業を休んだことについては、主治医から心因反応との診断が出て、それを大学側に提出することで欠席扱いにはならなかった。

 僕が起こした事件については、個人の枠を飛び出して、大学と学校間の問題になっていた。先方の学校と和解できるまで大学の学生部が尽力してくれた。個人レベルとしては、追いかけ回した女学生の親御さんに父が謝罪することで理解を得ることができた。

 僕の行動がこれだけおおごとになり、色々な人に迷惑をかけてしまった。薬の力でボーっとしている今ならばそんなことを再びしようとは思わないが、薬が抜けてくると理性の歯止めが効かず、普段やらないようなことをしてしまう。薬を飲まないことによってその反動でテンションが上がり過ぎるのだそうだ。主治医に言わせると、上がってしまったテンションを薬の力で一番下まで落とす。その後薬を減らしていって徐々にテンションが普通に上がってくるまで時間をかけて待つ。そういう治療だと聞いた。途中で薬が抜けると反動で抑えられていたテンションが一気に上がるというのだ。つまり、薬でテンションを落とし、上げていくにも薬の力が必要なのである。僕は完全に薬にコントロールされなければならない人間になってしまった。そして統合失調症は治癒しない。安定したテンションを維持させるためには薬を生涯飲み続けなければならない。僕は自分自身の自然な感情を剥き出しにすることはできず、無機質に近い感情のなかで生きていくしかないのだ。

 今回の事件について親友に相談した。詳しく状況を説明して僕がしたこと、されたことを彼女に話した。すると彼女は都会の持つ特有な性質を提起しながらこう話してくれた。
 仮に今回の一件が人口の少ない地方の村で起きたらどうだろうか。ある男が興味のあることについて尋ねてきて、それについて聞かれた時の女学生の反応、そして、教職員の対応、学校の対応、警察の対応。その全てが違っていたのではないだろうか。自分のコミュニティと接点を持たない他者に対しての警戒心の持ち方が都会と地方の村では違っただろう。

 僕を擁護するような彼女の見解が僕には嬉しかった。確かに、校舎から出てきて「松尾大社大祭について教えてやる」と言ってきた教師は誰一人としていなかった。そこには不法者を退治するという正義感に溢れた教師がいるだけだった。僕の中に湧きあがった疑問について解決しようとしてくれた人は誰もいない。あとはこの不法者を警察に任せれば面倒な問題は解決。こうやって都会に生きる“ちょっと変わった”人間の気持ちは無視され、時に排除されていくのだろう。「平均点に近い人間になって出直してこい」と言われているようだった。

 “自分らしく生きる”とはどういうことを指すのか。ベッドの中で苦しむ日々が続くのであった。

  • [1]^ブラジルで処方された液薬は「ハロペリドール」という抗精神病薬だった。この薬は、統合失調症の他、躁うつ病にも処方される薬で、ドーパミンが出過ぎて興奮状態にある人に対して、それを抑制するために使用される。
  • [2]^当時一日に服薬していた薬は「セレネース、アキネトン、リーマス錠、ワイパックス、ベゲタミン-B 、レンドルミン」の6種類だった。
     セレネースはハロペリドールの代わりに処方された薬で、効果、作用は同じ。神経の高ぶりを抑えるために使われる。ドーパミンは“脳内麻薬”ともいわれ、幸せな気分にしたり、神経を高揚させるために分泌される。そのドーパミンの分泌を抑える薬なので、服用量が多いと当然悲しい気持ちになる。悲しみに打ちひしがれていた時期があったのも、この薬の作用からだろう。
     アキネトンはセレネースの持つ副作用を抑えるために処方された。セレネースには筋肉がこわばったり、手が震えたりという副作用があるが、それを緩和させる。僕も首が自分の意思とは関係なく勝手に左右に動いた経験がある。それはアキネトンがうまく効いていなかったからなのかもしれない。
     リーマスは躁状態にある患者に対して使用される。気分が浮いてしまう、落ち着きがなくなるといった症状を緩和する。
     ワイパックスは抗不安薬であり、“安定剤”、“精神安定剤”にあたる。初めてこの薬を飲んだ時にかなり気分が楽になったのを覚えている。ただ、すぐ体が慣れてしまうため、効果を体感したのは初回服用時だけだった。
     ベゲタミンは抗精神病薬にあたり、鎮静や催眠に用いられる。当時気分が高まり眠れなかったので処方された。かなり効果がある薬とされるが、これを飲んでも眠れない日も多くあった。  レンドルミンはいわゆる睡眠導入剤。ベゲタミンの効果を促すために処方されたが、やはりテンションが高まってしまっている時には効果を感じられなかった。