メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

トウシツの歩き方――国境を越えて、統合失調症を越えて

フラーノ・哲平(ペンネーム)

ブラジル留学中に統合失調症を発症した著者が、2016年にはリオ五輪を控えているブラジルの文化を交え、悪戦苦闘しながらも症状を乗り越えていく軌跡を綴ります。(隔週木曜連載)

プロフィールフラーノ・哲平

1981年ポルトガル生まれ。東京・ブラジル育ちの日本人。ブラジル留学中に統合失調症を発症し、現在投薬10年目。日本に帰国後、症状に悩まされながらもなんとか大学院を修了。得意なポルトガル語を駆使したアルバイトを続けながら、いわゆる「フツー」に生活できるまでに寛解した。2012年10月にとある企業に就職し、仕事の合間にこよなく愛するブラジル音楽を演奏する日々を送っている。体育会系太鼓チーム『Baqueba(バッキバ!)』所属。

バッキバHP:http://baqueba.blogspot.jp/

第33話 事件当日(1)

カポエイラ旅行にて、現地のラスタマンたちと

 その日は、黄金色に輝く朝日と早朝特有の淡く澄んだ青空が織り成す色調がとても美しい朝だった。下宿しているアパートに着いた僕は、オートロックの入り口の前で鍵を探していた。

 カギはいつも入れているポケットには見当たらず、福井旅行に持っていった荷物の中もくまなく探すが、一向に見つからなかった。10分ほど探しただろうか、結局鍵はどこにもなかった。これでは家には入れない。携帯電話も長い時間充電していなかったので電源は落ち、通信の手段も失ってしまっていた。

 しかし、絶望的な気分にはならなかった。医師に決められた量の薬を服薬していないのと、長時間寝ていないのが重なり、僕の脳は完全に覚醒していた。気分が落ち込むことはなく、むしろ多幸感で満たされていた。

 僕はアパートの入り口に自分の荷物を置き、近所を徘徊しはじめた。駅からほど近かった僕のアパートの前には、駅を目指して歩いてくる人たちがたくさんいた。寒さもあり、皆足早に駅へと向かっていく。僕はそんな人たちに「おはようございます!」と声を掛けたりしていた。なかには頭をチョンと下げて会釈だけする人もいたが、ほとんどの人は返事もすることなく、僕を無視して歩き続けていた。挨拶に深い意味はなかった。ただこれから仕事に向かう社会人の皆様に対して「お仕事頑張って下さい」という気持ちを声にしただけだった。

 しばらくそんなことをしていると、通り過ぎる人が小学校低学年と思しき集団に変化していった。通学の時間なのだろう。留学から帰ってきてから小学生と接することはなかった。交流してみたくなった僕はなにか面白いアプローチはないかと色々考えた結果、ある実験を思いついた。

 小学生の前に行き、1円玉から500円玉まで小銭を落とすふりをしてばら撒き、小学生たちにお願いする。金額的な大きさよりも、少額だが1円の重みを理解して拾う小学生がいるかどうかを見るための実験だった。

「一番重たいお金を拾ってくれる?」

 実際にお金を落としてみると、どの子も協力的だった。そこで「一番重いの拾ってくれる?」と問いかけると、やはり500円玉を拾う子が多かったが、なかには1円を拾う子もいた。

 しばらくすると黒いコートを着た男が現れて、「子ども達は通学中なので控えてくれませんか」と注意された。通学路の警戒にあたる教員だろうか。周りをよく見ると数名の先生らしき人たちが駅から学校へと向かう道路に立っていた。

 数回しか実験できず残念だったが、僕はそこで実験を終えることにした。しかし、元気いっぱいに通学する子どもたちをしばらく見送ることにした。日本の未来を担っていくであろう子どもたちが僕の目の前を通り過ぎていく。みんな元気に活躍してほしい。僕もノーベル平和賞を受賞する日まで頑張らなくては、と心を新たにした。

 子どもたちの数も少なくなり、辺りも静かになったので、僕はアパートまで戻ることにした。アパートの前で再び荷物の中を探していると、一人の警官が現れ、僕に声を掛けてきた。

「君だね、小学生たちにちょっかいを出していたのは。」

 僕は特に法に触れるようなことをしていないと思っていたので、警官に何を言われようとひるむことはなかった。むしろこの機会を利用してやろうとさえ思っていた。

「おまわりさん!そんなに僕が怪しいなら家宅捜索してください!!家の中に何か不審なものがあるかもしれません!!!」

 警察が家宅捜索で家に入ってくれれば、僕は家に帰れる。僕はわざと大げさに自宅の捜索を訴えた。警官は一瞬ひるんだ様子を見せたが、取り合ってはくれず、「ぜひ家宅捜索を!」と食い下がる僕をなだめ、簡単な調書を取って帰ってしまった。結局、僕は家に入ることができなかった。

 再び一人になった僕は、改めて近所の散策を開始した。ブラジルで徘徊していた頃のように、普段は目にとまらないものに目を向けたり、木々やさえずる小鳥たちを観察したり、妄想をしながら徘徊した。すると大通りにつながる細い路地に辿り着いた。そこには地域のイベントを周知するための掲示板があった。ふと目を向けると、『松尾大社大祭』と書かれたポスターが貼られていた。ポスターには真ん中を貫くように破魔矢が描かれていて、その先端には絵馬がぶら下がっていた。その構図が気に入り、松尾大社大祭というイベントに僕は心の底から興味を惹かれてしまった。松尾大社と言えば京都でも古い神社の一つ。その神社の大祭はどういうものなのか、また、この破魔矢が意味するものは何なのか。ブラジルでも、日本でも“神”とされているものや“大きな力”に興味があった僕は、この祭りについてどうしても知りたくなっていた。僕は、「あの角を曲がってきた人に聞いてみようと」と誰かが通り過ぎるのを待ち構えた。

 最初に現れたのは、中年の女性だった。丁寧な口調で祭りのことを尋ねたが、「知らない」とそっけなくあしらわれた。しかし、僕は諦めずにこの場所で祭を知っている人が現れるのを待つことにした。しばらくして、一人の女子高生がその角を曲がってきた。

toushitsu0514-1

【前の記事】

第32話 事件前夜
toushitsu0611-1