メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

トウシツの歩き方――国境を越えて、統合失調症を越えて

フラーノ・哲平(ペンネーム)

ブラジル留学中に統合失調症を発症した著者が、2016年にはリオ五輪を控えているブラジルの文化を交え、悪戦苦闘しながらも症状を乗り越えていく軌跡を綴ります。(隔週木曜連載)

プロフィールフラーノ・哲平

1981年ポルトガル生まれ。東京・ブラジル育ちの日本人。ブラジル留学中に統合失調症を発症し、現在投薬10年目。日本に帰国後、症状に悩まされながらもなんとか大学院を修了。得意なポルトガル語を駆使したアルバイトを続けながら、いわゆる「フツー」に生活できるまでに寛解した。2012年10月にとある企業に就職し、仕事の合間にこよなく愛するブラジル音楽を演奏する日々を送っている。体育会系太鼓チーム『Baqueba(バッキバ!)』所属。

バッキバHP:http://baqueba.blogspot.jp/

第31話 イーリャ・ダス・タルタルーガス

リオのサンバカーニバルスタジアム、
マルケス・ジ・サプカイ内博物館にて

 僕は相変わらずベッドから出られない日々を送っていた。大学の授業も午後の授業が大半だったが、とにかく起き上がることができない。目覚ましのスヌーズ機能が小刻みに鳴り響くが、それを消しては布団にうずくまることを繰り返す。大学に行かなければならない義務感より、どうしても起き上がれない気持ちの方が勝ってしまう。「今日も起きられなかった…。」罪悪感に駆られながら自分の出席率を計算し、授業を欠席することが多かった。幸いなことに、ポルトガル語についてはそれなりの知識があったため、一回欠席してもその後の授業で内容に追いつくことができた。また、卒業論文提出が義務ではなかったので、何かに追われて勉強する必要がなく、その点は救われていた。しかし頭の中では大学に行かなければならないと、いつも焦燥していた。

 Y君はマラカトゥを本格的な活動にするべく大学に同好会設立の申請をしていた。『ブラジル民族音楽研究会』――それが僕らの活動に与えられた名前だった。申請は受理され、大学公認の正式な活動として認められた。

 新入会員獲得のため、放課後の教室を借りてはできる限りの演奏を行った。太鼓の音は想像以上に大きく、窓を開け放して太鼓を叩くと、通りを挟んだ反対側のアパートから苦情がでるため、部屋は閉め切って太鼓を叩いた。それでも他の教室に迷惑をかけるほどの音量だった。その音を聞きつけてか、数名入会希望の学生が部屋を訪れた。活動は順調な滑り出しだった。

 その一方で、カポエイラ文化をブラジル留学から持ち帰ってきた学生もいた。彼らはまたカポエイラ文化を日本人に普及するため学内での活動を展開していた。見た目の動きも美しく、エクセサイズとしても効果のあるカポエイラは多くの学生を惹きつけ、教室が狭く感じるほどの学生が参加していた。

 僕はブラジルの文化が日本の大学でも広く受け入れられていることを嬉しく思っていた。体調が思わしくないため毎回の練習に参加できるわけではなかったが、できる限りの練習に参加した。ベッドから起き上がれない日も、夕方や夜には少しだけ気分が良くなり練習に行くことができていた。昼の授業を欠席しても、夜の太鼓の練習には参加するということも多々あった。

 音楽業界でも知名度の低いマラカトゥにもかかわらず、学外からも参加者がいた。昔からブラジル音楽を演奏していて、マラカトゥをずっとやりたいと思ってくれていた人や、サンバ[1]をアレンジして京都中心に演奏活動をしていたヒッピーも集まってきた。そして、マラカトゥだけではなく、サンバも演奏するようになった。ヒッピーたちがサンバ用の楽器を所有していたのだ。すると、今度はサンバに興味がある人も集まってくるようになった。僕らはさまざまなキャラクターが混在するグループへと進化していった。

 精神的にも肉体的にもしんどかったが、僕はここに集まるメンバーと過ごす時間を大切なものと感じるようになっていった。特に、ヒッピーたちの言葉には自然との調和を軸とするメッセージが随所に込められており、今まで知ることもなかったさまざまな世界を知ることができた。

 僕らのグループ名はアメリカの詩人、ゲーリー・スナイダー[2]がネイティブ・アメリカンの言葉から引用した、“タートルアイランド=亀の島”のポルトガル語訳である『ILHA DAS TARTARUGAS』(イーリャ・ダス・タルタルーガス)となった(以下、イーリャとする)。

 学生、社会人、ヒッピーで構成されるイーリャの活動は瞬く間に噂となり、京都のアンダーグラウンドに広まっていった。結成後間もなくしてライブのオファーがあったり、それまでヒッピーたちが参加していた夏祭りでのパレードの依頼もあった。ヒッピーたちは日本中にネットワークをもっており、京都にも多くの仲間たちがいたのだ。

 僕は「楽しいとはこういうことなのか?」ということが何となくわかり始め、仲間たちと目標をもって何かに打ち込むことの面白さを実感していた。学生であることに十二分に甘えながら、日々の辛い気持ちをごまかしながら、少しずつ生活することができるようになっていった。

  • [1]^サンバとは何を指すのか。という論争が音楽業界でも起こるほど複雑な背景を持ったブラジルを代表する音楽の一ジャンル。アフリカ系ブラジル人によって生み出されたサンバはブラジルバイーア州に起源を持ち、ヨーロッパの音楽体系と結びつき、リオ・デ・ジャネイロで花咲いた音楽とされる。様々な形態、様式があるが、僕らが演奏していたのは歌や踊りを伴わない、打楽器だけでリズムを奏でるbatucada(バトゥカーダ)と呼ばれる演奏スタイルだった。
  • [2]^アメリカを代表する詩人で自然保護活動家。人間と自然の関係をテーマにすることが多く、代表作の『亀の島』でピューリッツアー賞を受賞。1960年代には京都に滞在し、相国寺や大徳寺で臨済禅を学んだ。

【次の記事】

第32話 事件前夜