メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

トウシツの歩き方――国境を越えて、統合失調症を越えて

フラーノ・哲平(ペンネーム)

ブラジル留学中に統合失調症を発症した著者が、2016年にはリオ五輪を控えているブラジルの文化を交え、悪戦苦闘しながらも症状を乗り越えていく軌跡を綴ります。(隔週木曜連載)

プロフィールフラーノ・哲平

1981年ポルトガル生まれ。東京・ブラジル育ちの日本人。ブラジル留学中に統合失調症を発症し、現在投薬10年目。日本に帰国後、症状に悩まされながらもなんとか大学院を修了。得意なポルトガル語を駆使したアルバイトを続けながら、いわゆる「フツー」に生活できるまでに寛解した。2012年10月にとある企業に就職し、仕事の合間にこよなく愛するブラジル音楽を演奏する日々を送っている。体育会系太鼓チーム『Baqueba(バッキバ!)』所属。

バッキバHP:http://baqueba.blogspot.jp/

第24話 留学生活の終わり

ブラジルの仲間との送別会

 母は日本に帰国するまでの期間滞在するホテルを手配していた。

 僕たちはホテルに荷物を置き、荷物を引き取りにシェアしていたアパートへと向かった。ホテルはアパートのある場所から海岸線のちょうど反対側に位置していた。僕は退院して再びアパートで生活をするものだと思っていたが、アパートに着いた途端にその考えは母に全否定されたのであった。大音量で音楽を聴き、大声で会話をするルームメイトたち。ブラジルに住んでいれば当然だと思っていた環境を母は拒絶した。

「こんな騒がしい環境に住んでいたら病気にもなるわ」

 母はそう言うと、テキパキと僕の荷物を整理してホテルへと持ち帰る準備をした。何の病気かもわかっていないのにかかわらず、僕のいた環境を病気の原因とすることに僕は悲しくなっていた。少なくともストレスを感じていた環境からは2度も引っ越し、このアパートは僕にとって癒しの空間になっていた。ブラジルの若者たちと共同生活できていることに少なからず留学の意義も見い出していた。理解されないこともあったが、一緒にふざけたり、バカをやったルームメイトたちは僕にとってかけがえのない友だった。それをバッサリ切って捨てる母の態度に僕は苛立った。しかし僕にはそれに盾つく元気も力も無かった。母の言いなりになるしかなかったのである。

 その日から母との2人きりの共同生活が始まった。病院で言いつけられた薬を時間通りに服薬させる母。その当時の薬は水に溶かして飲むタイプのものだった。母は留学をきちんと満了させるため、僕を大学に行かせた。僕に付き添い大学へ行き、学生部の職員とつたないながら一生懸命ポルトガル語で交渉したり、先生に事情を説明してくれた。授業の時は廊下で終わるまで待っていてくれた。授業が終わりホテルに帰れば、また規則正しい生活を僕に強いた。そんな生活が2か月程続いた。

 母の懸命の交渉で、僕は残り2か月留学期間を残すも、帰国することが許された。残りの2か月分の単位は、後日日本から課題を提出すれば認めてくれるという異例の措置だった。日本の大学側もその条件を承諾したので、僕は日本へ帰国することになった。

 帰国が決まった後、ルームシェアしていた友人が僕のために送別会を開いてくれた。多くのブラジル人に囲まれながら、10か月のブラジル留学に終わりを告げたのだった。

toushitsu0108-1

【次の記事】

第25話 帰国
toushitsu0205-1