メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

トウシツの歩き方――国境を越えて、統合失調症を越えて

フラーノ・哲平(ペンネーム)

ブラジル留学中に統合失調症を発症した著者が、2016年にはリオ五輪を控えているブラジルの文化を交え、悪戦苦闘しながらも症状を乗り越えていく軌跡を綴ります。(隔週木曜連載)

プロフィールフラーノ・哲平

1981年ポルトガル生まれ。東京・ブラジル育ちの日本人。ブラジル留学中に統合失調症を発症し、現在投薬10年目。日本に帰国後、症状に悩まされながらもなんとか大学院を修了。得意なポルトガル語を駆使したアルバイトを続けながら、いわゆる「フツー」に生活できるまでに寛解した。2012年10月にとある企業に就職し、仕事の合間にこよなく愛するブラジル音楽を演奏する日々を送っている。体育会系太鼓チーム『Baqueba(バッキバ!)』所属。

バッキバHP:http://baqueba.blogspot.jp/

第22話 2度目の強制入院

入院していた病院の看板。
『ジュルジューバ精神病院 緊急入口』と書いてある。

 浜辺から部屋へ戻った頃にはすっかり朝になっていた。ちょうどシェアハウスの同居人が大学へ行く支度をしていたが、ギリェルメだけは時間に余裕があるのかリビングでテレビを見ていた。僕は一旦部屋へと戻り、ベッドに横になった。軽く目を閉じるが、眠気など全くなく、むしろベッドでじっとしていることが苦痛なほどだった。再びリビングへ行き、通りに面した側の窓に椅子を置き、窓枠に肘をつき外を眺めた。ここから景色を眺めるのが好きだった。すると後ろからギリェルメが話しかけてきた。

「テッペイ、お前は大学には行かないのか?」

 大学で教わることは、誰かがすでに考えたことばかりである。その授業を受けるものは皆でその考えを共有し、同じ考え方になっていく。つまり学校での教育は、受けようと思ったものがその考えに染まっていくというもので、当然のことながら誰も知らないことは決して教えてもらえない。僕は今、誰も知らないことを探求する日々を送っている。こんなに意義のある毎日があるだろうか。いずれこの体験を体系化して研究論文にしても良い。新たな世界平和への道筋を学術的に示す人材になるのだ。そのためには大学の授業は必要ない。そう考えていた。

 僕のことを全く理解しようとしない同居人からの質問に僕はイライラしていた。僕がおかしくなったとしか理解していないし、精神病院に入院したという事実がさらに彼らの目を偏見に満ちたものにしていた。僕が何を考え、何を思い、どう生きたいのかということついて興味を示さない彼らに対しフラストレーションをため込んでいた。理解されないのなら理解させるしかない。僕という人間がどういう人間で、何ができるのか。ギリェルメとは違う次元で生きていることを表現しなければならない。その想いが段々と強くなり、冷静さを失い、興奮状態になっていった。僕はテレビを見ているギリェルメの前に行き、大声で言った。

「お前はこうやって見ているテレビに洗脳され操作されているんだ!!テレビは常に視聴者に暗黙のメッセージを送り続けている。巧みにメッセージを織り込んで国民を操作しているんだ。それがマクンバだ。それをお前は何の疑いもなく見ている。そうやってコントロールされる人間になっていくんだよ!そんなことにも気付けないのか?」

 僕は半分発狂しながらギリェルメに詰め寄った。突然の出来事に、彼は理解できていない様子だった。僕は奇声を上げながらリビングを歩き回った。気が付くとギリェルメは部屋から立ち去っていた。シェアハウスには僕一人だけが残されていた。しばらくリビングをうろうろしていたが、あたる相手のいなくなった僕は再び窓辺に座り外を眺めた。

 アパートの10階から道路を見下ろすと、行き交う人々や車を眺めることができた。特に目立つのは談笑しながら歩く女の子の集団だ。原色の服を身にまとい、絶妙なスピードで目的の方向へと進んでいく。彼女たちに注目していると、その周りの人々や車などが、彼女たちの動きに連動しているように見えてくるのである。時に目の前を通り過ぎる鳥たちも、それら全ての現象に呼応するように鳴き、そして飛ぶ。鳥に注目を移すと、その鳥たちが他の鳥たちや、散歩中の犬と会話していることがわかる。目に映る全ての現象が僕の見る“大きな力”の中で連動している。

 自然は全てのものが影響しあって成り立っている。自ら脳で考えて行動していると思っている人間だって、脳の全領域を支配している訳ではない。脳幹などが意識を超えた次元で自律的に生命の維持を司っている。つまり僕らは脳にコントロールされながら生きているのだ。僕らが何かを考え、ものを伝達する際も意識の及ばない脳の領域が必ず関わっている。その脳がコミュニケーションに織り込む無意識の信号こそが真のメッセージなのだ。僕にとって「自然になる」とは、真のメッセージのやり取りに参加し、“大きな力”の一部となることだ。僕には多くのブラジル人が“大きな力”に人生を委ね、自然体で生きているように感じられて仕方が無かった。

『スゲー!こいつ、なんでそんなことわかるんだ!俺らの声が聞こえてる!!』
『この日本人はイカしてる!』
『次は何をしてくれるんだ?』

 僕が覚醒状態になると、ポルトガル語で話しかけてくる数名の声が聞こえるようになっていた。まるで遠くから僕のことをモニタリングしているようだった。それらの声は常に僕のような日本人がブラジル人優りの能力を発揮している現実に驚嘆しているものだった。テレパシーのように脳に飛び込んでくるこの声に耳を傾け、僕はさらに自分に対しての自信を深めていった。

 どれくらいの時間僕は窓辺に座っていたのだろう。時間の感覚が全くなかった。背後に気配を感じリビングの方を振り返ると驚くべき光景が目に飛び込んできた。僕の背後に2人の黒人が居て、一人は僕に両手をかざしている。手のひらからエネルギーを送り込むようなポーズしながら僕のことを凝視している。そしてもう一人の黒人は手を合わせお経を唱えているではないか。僕は興奮した。半狂乱になった僕を抑え込むために神様が送り込んだのは、セイヨウイガクの使徒ではなくこの二人であった。非科学的な手法を使って僕の興奮を鎮めようとしているのだ。しかも、どちらもブラジルという国では滅多に遭遇しないスペックの持ち主だ。特殊な能力を持ちブラジルという国の根幹を支えていると信じていた黒人たちにこの“もてなし”を受けていることに僕は感動した。

 次の瞬間白衣を着た医師がリビングに入ってきた。

「テッペイ、行こう。」

 彼が何を言いたいかは一瞬で理解できた。再びあそこへ連れていかれるのだ。結局のところ最後の手段は監禁で、僕は完全にセイヨウイガクにマークされてしまったのだ。ブラックリストにでも載っているのか、それほど僕がイケているということなのか。

 窓から顔を出すと下に黄色灯を点灯させた白い救急車が待機していた。
 煙草とライターだけ手に持ち、僕はその医師に導かれるままその車へと乗り込んだ[1]。赤信号をすっ飛ばしながら救急車は一路病院へと向かう。その間僕は医師にありったけの思いをぶつけた。ショッピングセンターでの出来事、船着場での話、鳥や犬たちとの会話。自分がどれだけ特殊な能力を持っているのかをアピールした。

「まぁ、お前にはわからないだろうな!」

 話の最後にそう付け加えた。セイヨウイガクの範疇ではないことはわかっていた。もしセイヨウイガクの知識体系が世の中の常識であるとしたら、僕の能力は常識を超越したものであるということになる。そしてわざわざ病院の方から出向いてきたことに優越感すら感じていた。僕は特別な人間なのだ。VIPの様な心持ちで病院へ着くまでの時間を過ごした。

 病院へ着くと奥へと連れていかれ、薬を飲まされた。セイヨウイガクと戦う気持ちになっていた僕はその薬を飲みこんだ。無理やり服を脱がされ、青い服へと着替えさせられた。そして再びベッドに縛り付けられたのだった。2回目の強制入院。だが、不安は感じなかった。興奮していた気持ちが徐々に収まり、何日も寝ていなかった僕は深い眠りに堕ちていった。次に起きた時に衝撃の事実が告げられることも知らずに。

  • [1]^後で知ったことだが、ギリェルメが大家に僕の状態を告げ、病院に連絡をしたとのことだった。黒人の二人は大家の知り合いだった。