メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

ほじょ犬って、なあに?

橋爪 智子 (はしづめ ともこ)

身体障がい者の生活を支える、「盲導犬」「介助犬」「聴導犬」。そんな補助犬たちにまつわる話を紹介するコーナーです。

プロフィール橋爪 智子 (はしづめ ともこ)

NPO法人日本補助犬情報センター専務理事 兼 事務局長。
OL時代にAAT(Animal Assisted Therapy:動物介在療法)に関心を持ち、ボランティアをしながら国内外で勉強を始める。1998年、米国DELTA協会(現・米国Pet Partners協会)の「Pet Partners® program」修了。2002年より現職。身体障害者補助犬法には、法律の準備段階からかかわっている。

第195回 10月1日=「#ほじょ犬の日」をつぶやこう!プロジェクト

 さて、10月1日(日)はいよいよ、『ほじょ犬の日』です!2002年5月22日に成立した、この身体障害者補助犬法は同年10月1日に施行されました。ですので、5月22日=成立記念日、10月1日=施行記念日として、関係者は年に2回の『ほじょ犬の日』をとても大切にしています♪
 今年は、2002年から15年目という節目の年でもあります。

 補助犬法15周年記念として、新たなチャレンジを実施したいと思います!!!
 日本全国、全世界、どこにいても参加できるチャレンジです♪

 2017年10月1日(日) 12~13時
SNSで「#ほじょ犬の日」を発信して下さい!

『あなたのサポーターPHOTO』募集!


 補助犬たちは、障害のある方々にとって、「心強いパートナーであり、常にそばに居てくれるサポーター」なんです。あなたにとって、そんな「補助犬」のような存在は誰ですか?何ですか?人でも動物でも、モノでも何でもOK!日頃の感謝の気持ちをSNSで伝えてみませんか?
 そして、「#ほじょ犬の日」を必ず入れて、応援して下さいね♪

 みなさんと力を合わせて、トレンド入り!を実現したいと思います!
 例えば、Twitterでのトレンドとは、『全世界また は、特定の国、地域で話題となっている キーワードのまとめ』ということになります。ようは、同時間帯に同じキーワードがつぶやかれると、「今まで興味関心が無かった人たちが、なんだろう?と気にしてくれるチャンスが増える!」ということなのです。

 当会では、毎年、補助犬法啓発のイベントを実施し、多くの方々に正しい情報を届けてきました。イベント会場では皆さん、非常に熱心に耳を傾け、興味を示して下さるので、とても喜んでおりましたが、そのようなイベントに足を止めて下さっている時点で、その方は「補助犬の問題や、障害者問題に、関心がある方」ということになります。ただ、補助犬法施行から15年、いまだに無くならない同伴拒否の理由として約6割の方が「補助犬法を知らない」という調査結果もあることから、この「知らない方々」「無関心な方々」にどのように情報を伝えるか?ということがポイントであり、そこを克服していかなければならない!今までと同じ事をしていても本当の啓発はできない=真の理解に繋がらない!と考えるようになりました。

 今回の【10月1日=「#ほじょ犬の日」をつぶやこう!プロジェクト】に是非ともご参加ください!みなさんの“つぶやき”が集まって、社会を変える大きな波になる様子、今から楽しみです♪

 皆さんが発信して下さったSNSのお写真を、こちらの日本補助犬情報センターpinterest(ピンタレスト)サイトに集結させたいと思っております。皆さんの素敵なサポーター写真、心よりお待ちしております!

 是非とも、当会の10/1のFacebookページもお楽しみに♪

------------------------------

 当会の活動を動画で紹介していただきました!現状の『補助犬を取り巻く課題』を知っていただけるととても嬉しいです♪ ⇒ https://gardenjournalism.com/project/hojoken/
 是非、皆さんの様々なお声を、お寄せください。当会では、一緒に社会をさらにさらにステキに変えていって下さるサポーターの皆さんを募集しております。お気軽にご連絡ください♪

ご寄付のお願い「日本補助犬情報センター」より

 当会のビジョンは、全国民が正しく補助犬法を理解することで、すべての人が安心して活躍できる社会を実現することです。補助犬ユーザーの社会参加推進活動、普及活動、最新情報収集、資料等作成配布、講演会・イベント等、当会の活動はすべて無償で行われております。
 皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

JSDRC(日本補助犬情報センター)ロゴ