メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

ほじょ犬って、なあに?

橋爪 智子 (はしづめ ともこ)

身体障がい者の生活を支える、「盲導犬」「介助犬」「聴導犬」。そんな補助犬たちにまつわる話を紹介するコーナーです。

プロフィール橋爪 智子 (はしづめ ともこ)

NPO法人日本補助犬情報センター専務理事 兼 事務局長。
OL時代にAAT(Animal Assisted Therapy:動物介在療法)に関心を持ち、ボランティアをしながら国内外で勉強を始める。1998年、米国DELTA協会(現・米国Pet Partners協会)の「Pet Partners® program」修了。2002年より現職。身体障害者補助犬法には、法律の準備段階からかかわっている。

第29回 5月22日は ほじょ犬の日!!!(1)

 気がつけば、もうすぐ5月、早いですね~。新横浜は桜色から一転、ツツジとハナミズキが満開です。このくらいの気候が続くと良いのに~♪と思ってしまいますね。


 さて、みなさん、5月22日が【ほじょ犬の日】だったってご存知ですか? 今から12年前、2002年の5月22日、国会にて身体障害者補助犬法が全員賛成で可決され、成立しました。5月22日はその記念日となります。

 それからちょうど10周年となった2012年5月22日には、身体障害者補助犬3種(盲導犬・介助犬・聴導犬)が揃って総理大臣表敬訪問を致し、「5月22日を補助犬の日にしてください」等の要望をさせていただきました。これも歴史的な出来事でした! この時にご協力いただいたメンバーが、実は10年前の補助犬法成立の瞬間に、国会議事堂内で全員賛成の可決の瞬間を迎えたメンバーでもありました。とは言え、犬たちは皆、代替わりしておりました。それも何だか時の流れを感じ、感慨深かったことを覚えています。。。

スカイツリーオープニングセレモニー♪ 汪貞治氏と並んだよ!

 とにかく、2012年5月22日は盛りだくさんのスケジュールでした!(と、そんなスケジュールを企てたのは当会なのですが…汗) 午前中は、何とこれまた【スカイツリーオープンの日】! 当会が2011年12月から、スカイツリータウン施設ユニバーサルデザインアドバイザーを務めさせていただいている関係から、このスカイツリータウンオープニングセレモニーに、補助犬ユーザー3名が出席させていただけることとなりました! しかも、テープカットという大役です!!!

 あいにくの小雨の中ではありましたが、厳かにかつ盛大にセレモニーは催され、その様子を後ろから見ていた私は、あまりの歴史的瞬間に、感激のあまり号泣してしまいました……準備や打合せのため、何度もスカイツリーさんを訪問させていただき大変でしたし、何よりユーザーさんたちには、遠方からもお越しいただきご負担をかけておりましたので、無事に実施できた安堵感に、ただただ感動でした。

 そこから、議員会館へ移動し、補助犬法10周年記念シンポジウムを開催して、18時からは総理官邸表敬訪問へ……と長い1日でした。

 ただ、そのような歴史的な瞬間に立ち会わせていただけたことは、何より感謝でございました。そして協力いただいたユーザーの皆さんが、「ご苦労様。ありがとう」と声を掛けてくださいました。その一言があるだけで、今までの苦労が報われます。本当に有難かったです。

史上初!総理官邸に補助犬3種が揃って訪問しました!!!

 と、補助犬法10周年は、それなりに盛り上がり喜んでいたのですが、補助犬法12周年目になる今現在も、日本国内での補助犬同伴拒否はなくなっておりません……涙

 なぜでしょう??? やはり、まだまだ【補助犬法】の存在を知らない方がたくさんおられるからなのだと思っております。当会が取り組む課題はまだまだ山積です。頑張らねば……

 ぜひ、皆さんもこのブログを通して知ったことを、一人でも多くの方々にお伝えください。啓発の一端を皆さんが担ってくだされば、「すべての人と動物に優しい社会」の到来は、遠くないものと思っております♪


 次回も引き続き、「ほじょ犬の日」についてご紹介いたします。

ご寄付のお願い「日本補助犬情報センター」より

 当会のビジョンは、全国民が正しく補助犬法を理解することで、すべての人が安心して活躍できる社会を実現することです。補助犬ユーザーの社会参加推進活動、普及活動、最新情報収集、資料等作成配布、講演会・イベント等、当会の活動はすべて無償で行われております。
 皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

JSDRC(日本補助犬情報センター)ロゴ