メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

ほじょ犬って、なあに?

橋爪 智子 (はしづめ ともこ)

身体障がい者の生活を支える、「盲導犬」「介助犬」「聴導犬」。そんな補助犬たちにまつわる話を紹介するコーナーです。

プロフィール橋爪 智子 (はしづめ ともこ)

NPO法人日本補助犬情報センター専務理事 兼 事務局長。
OL時代にAAT(Animal Assisted Therapy:動物介在療法)に関心を持ち、ボランティアをしながら国内外で勉強を始める。1998年、米国DELTA協会(現・米国Pet Partners協会)の「Pet Partners® program」修了。2002年より現職。身体障害者補助犬法には、法律の準備段階からかかわっている。

第111回 「寄付の教室」と「娘と約束した寄付」・・・

 みなさん、クリスマスプレゼントは準備完了ですか? 我が家のサンタさんは、歌の通り「あわてんぼう」なので、いつもギリギリに準備しています…(汗)
 さて今回も、12月の寄付月間に、【寄付】について考えます。

クリスマスの準備は終わったかな???

 前回は「寄付月間」についてご紹介をしました。全国各地で、様々なムーブメントが始まっており、5年先、10年先が本当に楽しみになってきました♪

 さて、当会はNPO法人です。つまり皆様の寄付で運営させていただいております。日頃の皆様のご支援、心より感謝申し上げます。
(ちょっと宣伝しちゃいますと…(笑)→ご入会(年会費3,000円の賛助会員)お申し込みの方はこちらまで。「入会希望」とお書きの上、ご連絡くださいませ♪)

 私は、13年前から当会の職員となりました。つまり、NPO法人からお給料をいただいております。ということは、皆様のご寄付がお給料になっているわけです。だからこそ、当会の業務を通しての社会貢献はもちろんのことですが、実生活でも少しでも社会貢献できるよう、心がけていきたいと思っています。
 その行動の第一歩として、「寄付の教室」という活動において、社会貢献教育ファシリテーター(先生役という感じですが、先生よりも近い位置から生徒に接します♪)としてデビューさせていただくことができました。
 普段の業務では、子ども達の前で「補助犬と障害者」の話をしますが、今回は「寄付・社会貢献」について楽しく学んでいただき、寄付の成功体験をしてもらえる授業を展開しています。話す内容は違うものの、子ども達に最終的に伝えたいことは同じ。「自分とは違う誰かの事を思いやる気持ち」に気づいてもらい、それを養うことだと感じています。
 授業時間は、私にとっても学びと気づきの連続でした。これからも、回数を重ね、1人でも多くの子ども達によい時間を提供していけるよう、さらに知識と技術向上に努めたいと思います。

 そして「寄付」にあたってはもう一つ、8歳の娘と決めたことがあります。長い期間かけて伸ばしてきた娘の髪の毛を、小児ガンなどで髪がなくなった子ども達へ寄付するプログラムへの参加です♪ クリスマスまでに間に合うかどうか?(14インチ=31センチ以上必要なため!)ではありますが、現在腰くらいまで伸びた髪の毛が、お尻にかかるくらいになったら、提携の美容室にカットしに行く予定です。
 「寄付」と聞くと、どうしてもお金のイメージが強いのですが、このように髪の毛だったり、物品だったり、または形ある物だけではなく、心を寄せていただく(例えば、補助犬の事を誰かに伝える等…)だけでも、社会貢献に確実に繋がっていくのです!

 こんな風に、実生活でも楽しみながら寄付のチャンスを増やし、そして、それらをたくさんの方々に伝えていくことが、私にできる社会貢献なのかな~♪と感じております。

 寄付や社会貢献について考え、伝えることは、自分自身が「こうなってくれたらいいな~」と思う未来を作る第一歩だと思います。
 今の子ども達が、「社会には様々な人がいて、様々な社会課題がある」ことを知り、それらについて自分一人ではどうすることもできなくても、課題解決のために活動している団体に寄付をしたり、ボランティアで参加したり……と、まずは課題を知って広めることで、何かが変わり始めるんだ!ということに気づいてくれれば、少しずつ社会はよくなると信じています。
 今年から始まった「寄付月間」のムーブメントに、社会が変わり始めた音が聞こえるような気がしています♪♪♪

 世界中のすべての人に、素敵なクリスマスが訪れますように……
 これからも、応援をよろしくお願いいたします。

ご寄付のお願い「日本補助犬情報センター」より

 当会のビジョンは、全国民が正しく補助犬法を理解することで、すべての人が安心して活躍できる社会を実現することです。補助犬ユーザーの社会参加推進活動、普及活動、最新情報収集、資料等作成配布、講演会・イベント等、当会の活動はすべて無償で行われております。
 皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

JSDRC(日本補助犬情報センター)ロゴ