メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

ほじょ犬って、なあに?

橋爪 智子 (はしづめ ともこ)

身体障がい者の生活を支える、「盲導犬」「介助犬」「聴導犬」。そんな補助犬たちにまつわる話を紹介するコーナーです。

プロフィール橋爪 智子 (はしづめ ともこ)

NPO法人日本補助犬情報センター専務理事 兼 事務局長。
OL時代にAAT(Animal Assisted Therapy:動物介在療法)に関心を持ち、ボランティアをしながら国内外で勉強を始める。1998年、米国DELTA協会(現・米国Pet Partners協会)の「Pet Partners® program」修了。2002年より現職。身体障害者補助犬法には、法律の準備段階からかかわっている。

第108回 遂に完成!パラパラ漫画音声ガイド入り!!!

 急に寒くなってきましたね。冬らしいといえば、らしいのですが… うちの猫のクルミさんは、とうとう朝のお散歩に出たがらなくなりました。(笑)
 寒さに負けず、今週も頑張りましょう!

第17回宝塚市身体障害者補助犬シンポジウム
主催:宝塚市障害者週間記念事業実行委員会、宝塚市、毎日新聞社
日時:2015年11月29日(日) 10:20~16:00
場所:アピア1、カルチェヌーボ(阪急電鉄今津線・逆瀬川駅前)
備考:一般参加可、入場無料
  • ◆ 身体障害者補助犬デモンストレーション(当会監修)
    時間:(1)11時~12時、(2)13時30分~14時30分
    場所:アピア1・2階 ふれあい広場
  • ◆ 補助犬トーク
    時間:15時~16時
    場所:アピア1・5階 アピアホール
    備考:当会理事・木村佳友もパネリストとして参加します。

僕がモデルのパラパラ漫画だよ♪
声優さんたちも大活躍!

 聴導犬ユーザー:安藤美紀氏制作のパラパラ動画「聴導犬って?」「きこえないことって?」に音声ガイド入りが完成!更にわかりやすくなりました。


 そもそも、パラパラマンガ動画「聴導犬って?」「きこえないことって?」の音声ガイドをつけるプロジェクトが今年の夏、始動しました。当会は、監修・コーディネーターとして関わらせていただきました。

 今回のチャレンジは、「視覚障害者の方も楽しんでいただけるよう、パラパラ漫画に音声ガイドを付ける」という、全てが初めてのチャレンジ!今まで視覚障害者は漫画を楽しめない、という暗黙のルールを打ち破る、画期的な挑戦でした!

 日本補助犬情報センターが監修を務めさせていただき、視覚障害者アドバイザーとして、中山利恵子氏(バリアフリーアドバイザー)にお願いをしました。

  • 「聴覚障害者の事、聴導犬の事を 視覚障害者に知っていただく」
  • 「視覚障害者にパラパラ漫画を音声で伝える」

 関係者一同試行錯誤でのチャレンジがスタート!

 素晴らしいご縁をいただき、日本点字図書館、音声ガイド制作会社のシネマアクセスパートナーズ(CAP)のご協力を、そして24時間テレビチャリティ委員会のご支援をいただき、この度の歴史的作品の完成となりました!

 写真は音声ガイド録音制作日のひとコマ。大阪から原作者の安藤美紀氏も立会い、和気あいあいと作業は進みました。声優さんたちも、本物レオン君と、安藤さんに会え、よりイメージが膨らみ、気合も入ったようです♪ 休憩時間のお話の中で、大阪出身の方がおられ、しかも安藤さんとお隣の駅という偶然!地元トークに花が咲いておりました♪
 集合写真の後ろ右端は、今回の音声ガイドを入れる視覚障害アドバイザーをして下さった中山利恵子さん。彼女の的確な指導と研ぎ澄まされた感性により、素晴らしいガイドができました。本当に感謝申し上げます! ステキな出会いがたくさんの、充実したプロジェクトとなりました。

 できてみて初めてわかったことは「音声ガイドは、視覚障害者だけでなく、見える人にも優しい」ということでした。 更に理解が深まる作品になったと思います♪ 是非、ご覧になって下さい!

 最後に・・・このパラパラ漫画「聴導犬って?」「きこえないことって?」に音声ガイドを付けたほうがよいとアドバイスを下さった『社会福祉法人プロップ・ステーション理事長の竹中ナミ氏』に関係者一同、心より感謝申し上げます。

ご寄付のお願い「日本補助犬情報センター」より

 当会のビジョンは、全国民が正しく補助犬法を理解することで、すべての人が安心して活躍できる社会を実現することです。補助犬ユーザーの社会参加推進活動、普及活動、最新情報収集、資料等作成配布、講演会・イベント等、当会の活動はすべて無償で行われております。
 皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

JSDRC(日本補助犬情報センター)ロゴ