メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

デューク更家のぴんしゃんウォーキング
デューク更家の健康ウォーキング シーズン2

デューク更家(でゅーく さらいえ)

けあサポの好評連載「健康ウォーキング」がパワーアップして再登場!
シーズン2は「ぴんしゃんウォーキング」と題して、いつまでも「ぴん」と「しゃん」とあり続けるための身体づくりを提案します。

プロフィールデューク更家(でゅーく さらいえ)

ウォーキングドクター。「最期まで自分の足で生きる人生のよろこび」を提唱。
ファッションショーの演出・プロデュース、ウォーキング指導を手がけた後、一般人向けにウォーキングレッスンを始める。
気功や運動生理学、武道、ヨガ、バレエ、呼吸法などの要素を取り入れた簡単でユニークな独自のウォーキング理論は、美と健康に即効性があるとして、幅広く支持されている。
現在は、公認ウォーキングスタイリストの育成にも力を注いでいる。
著書は『1メートルウォーキングダイエット』(講談社)、『ウォーキング考』(角川SSコミュニケーションズ)をはじめ多数。

第7回 腕の使い方

 今回は腕の動かし方をやってみましょう。皆さんは今まで「腕は大きく前後に振る」と教わってきませんでしたか? しかし、私たちは「腕は後ろに引きましょう」とお伝えしています。


 「引く」というのは、肘がお腹よりも前に出ないことを指します。腕を引くことで身体のバランスがとれ、身体が前に進む歩き方が身に付きます。

 そのためには、肩甲骨を動かす運動が必要です。肩甲骨を動かすことで、腕を後ろに引くことができるようになります。

【肩甲骨を動かす】

(1)両手の指先を肩に当てます。


(2)両肘を前に突き出します。


(3)両肘を真上に突き上げます。


(4)真横に両肘を突き出します。


(5)真下に両肘を下げます。


(6)(2)~(5)の動作を連続して行います。

 (3)の真上に突き上げる動作がきつい人が多いと思いますが、両肘が開かないように意識して上に持ち上げます。

【腕を後ろに引く歩き方】

 肩甲骨を動かす運動をしたことで、腕を後ろに引くことが楽になったかと思います。それでは、腕を後ろに引くように歩いてみましょう。また、腕を大きく振りたい人は、肘を曲げて歩きます。後ろに引く、大きく振るなど、使い分けてみてもよいでしょう。


 最後に動画で確認してみましょう。


 次回は肩回しをレッスンします。