メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

デューク更家のぴんしゃんウォーキング
デューク更家の健康ウォーキング シーズン2

デューク更家(でゅーく さらいえ)

けあサポの好評連載「健康ウォーキング」がパワーアップして再登場!
シーズン2は「ぴんしゃんウォーキング」と題して、いつまでも「ぴん」と「しゃん」とあり続けるための身体づくりを提案します。

プロフィールデューク更家(でゅーく さらいえ)

ウォーキングドクター。「最期まで自分の足で生きる人生のよろこび」を提唱。
ファッションショーの演出・プロデュース、ウォーキング指導を手がけた後、一般人向けにウォーキングレッスンを始める。
気功や運動生理学、武道、ヨガ、バレエ、呼吸法などの要素を取り入れた簡単でユニークな独自のウォーキング理論は、美と健康に即効性があるとして、幅広く支持されている。
現在は、公認ウォーキングスタイリストの育成にも力を注いでいる。
著書は『1メートルウォーキングダイエット』(講談社)、『ウォーキング考』(角川SSコミュニケーションズ)をはじめ多数。

第5回 足首をつくる(2)クルックルッ

 今回は、前回の足首のエクササイズが、実際の歩行につながるレッスンを行います。


 歩くときは、かかとが最初に地面につきます。そこからゆっくりと重心がつま先方向に移動して、最後に足が地面から離れるというのが理想的なのですが、多くの方がつま先とかかとが同時に地面に着地しているぺたぺた歩きになってしまっています。


 それを解消するためのエクササイズです。
 足の裏にタイヤがついているとイメージしてください。そのタイヤをくるくる回転させていきます。
 まずは右足のかかとを地面につけてそのまま重心を右足のつま先まで移動させ、最後は右足のつま先だけで立っているような形になります。
 それを数回繰り返した後、左足でも同様に行い、足の裏の回転が十分できるようになったら、そのまま歩いてみます。

 それでは、実際に歩いてみましょう。右足のかかとから地面について、タイヤが「クルックルッ」と回転するイメージです。


 次に左足を前に出て、前に歩きます。この歩き方を練習することで、普段の歩き方の質が高まります。

 最後に動画で確認してみましょう。


 次回は腰の使い方をレッスンます。