ページの先頭です。

ホーム >> 家庭介護サポーターズ >> ~内側から磨く~幸せはコレカラダ!-均整編-
~内側から磨く~幸せはコレカラダ!-均整編-

第33回 冷えとり・その1 ―サイドレッグリフトで太ももを鍛え血流促進!

 けあサポをご覧の皆さん、こんにちは。
 12月のテーマは、「冷えとり」です。

 今年も早いもので、もう師走ですね。寒さと乾燥が増していく時季ですから、からだの冷えがますますツラく感じられるのではないでしょうか。
 からだの冷えは、ある意味、現代病かもしれません。筋肉を使わないで過ごす日常。交感神経を緊張させ過ぎるストレスいっぱいの仕事。飲み物を飲み過ぎる習慣。夜更かしなどが冷えをもたらすと考えられます。
 また、夏の過ごし方も重要なポイント。冷房が効き過ぎていたりして、汗をかかないでいると、老廃物や毒素を排出できず、夏の間に冷えを溜め込んでしまいます。

 手足が冷たくなっているから、そこを温める、という対処法では、からだの冷えは改善されません。全身の血の「めぐり」がよくなるようにして、溜め込んだ冷えを追い出す。はじめから冷えを溜め込まない。そんなからだづくりを心掛けましょう。均整からのアドバイスはこちらです。

続きを読む

〔均整ワンポイント・冷えとり編〕
★冷えをとるには、全身の血のめぐりをよくすべし!
お腹や太ももの筋肉を鍛えて、血流をよくしましょう
★熱さは上にあがり、冷さは下にさがるのが法則
上半身は冷やし、下半身は温め、血液の循環を
★元気の源の「腎臓」は、冷えにとても弱い!
腎経の経絡を鍛えて、エネルギーを高めましょう
★冷えは、足の裏から、そろりそろりと忍び込む!
靴下3枚履きで、足裏からの冷えをシャットアウト


 血のめぐりをよくするには、まずは筋トレ。筋肉が衰えると、血流が悪くなり、冷えの原因に。そこで、太ももの筋肉を鍛えるトレーニングを紹介します。
 足は第二の心臓といいますし、からだの中で最も大きい筋肉がある太ももを鍛えるのが、筋肉をつけるのに手っ取り早い方法です。

★太ももと脇腹を鍛える、サイドレッグリフト
写真1
(1)からだを横向きにして、腰から足までは床につけます。

写真2
(2)この姿勢のまま、足だけ20回上下させます。この時、腰は動かさないように気をつけましょう。反対側も同じように。


 次回は、腹筋を鍛え、お腹の冷えを追い出す、ニートゥチェストを紹介します。


※コメントはブログ管理者の承認制です。他の文献や発言などから引用する場合は、引用元を必ず明記してください。

コメントを投稿する




ページトップへ
プロフィール
松岡博子
(まつおか ひろこ)
福岡県生まれ。アピア均整院院長。「身体のバランスをとることで健康になる」身体 均整法に出会い、「生き方は姿勢に現れる」と思い至る。身体均整師として研鑽を積む一方、身体均整法をベースにした家庭療法の開発にも力を注ぎ、多くの指示を得ている。
アピア均整院
http://www.apia-kinseiin.net
ブログ「仙骨1番」
http://apia-kinseiin.livedoor.biz/
メニュー
バックナンバー
カテゴリー(気になる症状別)

文字の拡大