ページの先頭です。

ホーム >> 家庭介護サポーターズ >> ~内側から磨く~幸せはコレカラダ!-均整編-
~内側から磨く~幸せはコレカラダ!-均整編- 09更年期

第48回 更年期・その4 ―骨盤引き締めストレッチで、女性ホルモン分泌を活発に

 けあサポをご覧の皆さん、こんにちは。
 3月のテーマ「更年期」の最終回です。

 今月は、閉経期を迎える女性において、心とからだのバランスを保つためには、女性ホルモンの分泌がスムーズであるよう日頃から気をつけることが大切とお伝えしてきました。
 分泌が減ったり、バランスが乱れたりすることで、ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)、動悸(どうき)、息切れ、めまい、耳鳴り、頭痛、腰痛、腹痛、冷え、肩こり、不眠、食欲不振や、不安感、イライラ感、抑うつ感といった不快な症状に悩まされる場面もあるでしょう。
 そのような辛い思いをしないためには、女性ホルモンの分泌を促し、滞りなくめぐっていくような、女性としてのからだのリズムとバランスを取り戻すことが必要です。
 最後におさらいとして、均整からのアドバイスを見てみましょう。

〔均整ワンポイント・更年期編〕
★脊髄神経全体と自律神経のバランスを整えて
女性のからだに優しいリズムを取り戻しましょう!
★ホルモンバランスにかかわる仙骨(骨盤の一部)
仙骨神経を整え、ホルモン分泌をうながしましょう!
★からだの新陳代謝にかかわる甲状腺ホルモン
お手軽トレーニングで、分泌をよくしましょう!
★骨盤のゆがみは、中に収まる生殖器官に影響します
引き締め効果のストレッチで、ホルモン分泌を活発に!



第47回 更年期・その3 ―甲状腺を刺激するストレッチで、代謝バランスを整える

 けあサポをご覧の皆さん、こんにちは。
 今回は、3月のテーマ「更年期」の3回目です。

 更年期とは、女性において閉経期を迎える前後の期間のことをいいます。それまで、妊娠に備えて定期的に排卵してきた卵巣のはたらきが、閉経に向けてゆるやかに下降するのにともない、女性ホルモンのほうも分泌が減ったり、バランスが乱れたりします。

 そのようなホルモンの影響により心やからだに現れる症状には個人差があります。ほとんど気にならない程度の方もいれば、ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)、動悸(どうき)、息切れ、めまい、耳鳴り、頭痛、腰痛、腹痛、冷え、肩こり、不眠、食欲不振といった全身症状や、不安感、イライラ感、抑うつ感といった情緒不安などが生じて、日常生活に支障をきたす方もいます。

 苦しい、辛いと感じたときは、ひとりで悩んだりせずに、婦人科を受診したり漢方を試したりして、誰かに相談してみましょう。均整からのアドバイスはこちらです。

〔均整ワンポイント・更年期編〕
★脊髄神経全体と自律神経のバランスを整えて
女性のからだに優しいリズムを取り戻しましょう!
★ホルモンバランスにかかわる仙骨(骨盤の一部)
仙骨神経を整え、ホルモン分泌をうながしましょう!
★からだの新陳代謝にかかわる甲状腺ホルモン
お手軽トレーニングで、分泌をよくしましょう!
★骨盤のゆがみは、中に収まる生殖器官に影響します
引き締め効果のストレッチで、ホルモン分泌を活発に!



第46回 更年期・その2 ― 仙骨神経を整え、ホルモン分泌を活発に

 けあサポをご覧の皆さん、こんにちは。
 3月は「更年期」をテーマにお届けしています。

 更年期とは、女性の場合、卵巣機能が衰えはじめ、女性ホルモンの分泌が減少する「閉経を迎える前後の期間」のことです。
 体への影響は、個人差があり更年期を迎えほとんど気にならないほどの症状しかない人もいれば、ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)、動悸(どうき)、息切れ、めまい、耳鳴り、頭痛、冷え、肩こり、不眠、食欲不振といった全身的症状や不安感、イライラ感、抑うつ感など情緒不安等により日常生活に影響がでる人もいます。

 これらの症状にひとり苦しんでいる方は少なくありません。大変なときは我慢せず、医師の診断を受けるなどしましょう。均整からのアドバイスはこちらです。

〔均整ワンポイント・更年期編〕
★脊髄神経全体と自律神経のバランスを整えて
女性のからだに優しいリズムを取り戻しましょう!
★ホルモンバランスにかかわる仙骨(骨盤の一部)
仙骨神経を整え、ホルモン分泌をうながしましょう!
★からだの新陳代謝にかかわる甲状腺ホルモン
お手軽トレーニングで、分泌をよくしましょう!
★骨盤のゆがみは、中に収まる生殖器官に影響します
引き締め効果のストレッチで、ホルモン分泌を活発に!



第45回 更年期・その1 ―からだのリズムを整える、胸椎10番体操

 けあサポをご覧の皆さん、こんにちは。
 3月のテーマは「更年期」です。

 更年期とは、女性の場合、卵巣機能が衰えはじめ、女性ホルモンの分泌が減少する「閉経を迎える前後の期間」のことです。
 体への影響は、個人差があり更年期を迎えほとんど気にならないほどの症状しかない人もいれば、ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)、動悸(どうき)、息切れ、めまい、耳鳴り、頭痛、冷え、肩こり、不眠、食欲不振といった全身的症状や不安感、イライラ感、抑うつ感など情緒不安等により日常生活に影響がでる人もいます。

 これらの症状にひとり苦しんでいる方は少なくありません。大変なときは我慢せず、医師の診断を受けるなどしましょう。均整からのアドバイスはこちらです。



ページトップへ
プロフィール
松岡博子
(まつおか ひろこ)
福岡県生まれ。アピア均整院院長。「身体のバランスをとることで健康になる」身体 均整法に出会い、「生き方は姿勢に現れる」と思い至る。身体均整師として研鑽を積む一方、身体均整法をベースにした家庭療法の開発にも力を注ぎ、多くの指示を得ている。
アピア均整院
http://www.apia-kinseiin.net
ブログ「仙骨1番」
http://apia-kinseiin.livedoor.biz/
メニュー
バックナンバー
カテゴリー(気になる症状別)

文字の拡大