ページの先頭です。

ホーム >> 家庭介護サポーターズ >> 健康的な介護ライフのために 均整ワンポイントアドバイス
健康的な介護ライフのために 均整ワンポイントアドバイス

第24回 手首とひじの腱鞘炎 ―からだの悩みを解消して、よりよい介護ライフを!

 けあサポをご覧の皆さん、こんにちは。
 最終回の今回は、手首とひじの腱鞘炎を鎮める均整ケアを紹介します。


 家庭介護を続けていて、手首やひじの痛みでお悩みの方は少なくないと思います。一所懸命にご家族を世話するうちに関節や筋に負担がかかり、痛みが出てしまうのでしょう。

 均整では、手首の関節痛は頸椎7番を、ひじの関節痛は頸椎6番を調整して対処します。それぞれ体操を紹介しますので、痛む部位にあわせて試してみてください。



ページトップへ
プロフィール
松岡博子
(まつおか ひろこ)
福岡県生まれ。アピア均整院院長。「身体のバランスをとることで健康になる」身体 均整法に出会い、「生き方は姿勢に現れる」と思い至る。身体均整師として研鑽を積む一方、身体均整法をベースにした家庭療法の開発にも力を注ぎ、多くの指示を得ている。
アピア均整院
http://www.apia-kinseiin.net
ブログ「仙骨1番」
http://apia-kinseiin.livedoor.biz/
メニュー
バックナンバー
その他のブログ

文字の拡大