メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

露木先生の受験対策講座

露木 信介(つゆき しんすけ)

プロフィール露木 信介(つゆき しんすけ)

社会福祉士(認定社会福祉士・医療分野、認定医療社会福祉士)、社会福祉学修士。
 現在、東京学芸大学教育学部ソーシャルワークコースで教員をするとともに、他大学や他専門学校での非常勤講師、現場におけるスーパービジョンや職員研修などを行っている。大学教員になる前は、病院でチーフ・ソーシャルワーカーとして管理業務や相談業務を行っていた。
 受験関係では、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士等の養成講座の講師、受験テキストや模擬試験問題の作成、受験対策講座の講師などを行っている。

第18回 「相談援助の理論と方法」のポイント(2)

 さて、今回は前回に引き続き、「相談援助の理論と方法」の具体的な内容、ポイントについて解説していきたいと思います。今回も、公益財団法人社会福祉振興・試験センターが示す出題基準に即した内容で整理していきます。

本科目のねらい

 本科目の出題基準によると、大項目として、1.人と環境の交互作用、2.相談援助の対象、3.様々な実践モデルとアプローチ、4.相談援助の過程、5.相談援助における援助関係、6.相談援助のための面接技術、7.ケースマネジメントとケアマネジメント、8.アウトリーチ、9.相談援助における社会資源の活用・調整・開発、10.ネットワーキング(相談援助における多職種・多機関との連携を含む。)、11.集団を活用した相談援助、12.スーパービジョン、13.記録、14.相談援助と個人情報の保護の意義と留意点、15.相談援助における情報通信技術(IT)の活用、16.事例分析、17.相談援助の実際(権利擁護活動を含む。)の17項目があげられています。

 前回第17回講義の項目1から8に引き続き、今回は項目9から17について解説します。

各項目の詳細について

9.相談援助における社会資源の活用・調整・開発

 本項目では、社会資源の活用・調整・開発の意義、目的、方法、留意点についての理解が重要です。

 社会資源とは、社会的ニーズを充足するための物資や人材の総称で、具体的には、福祉施設や備品、資金、制度、情報、知識や技能(技術)、人材(専門家)、福祉サービスなどを指します。ソーシャルワークの役割・機能として、利用者のニーズとそれを充足するための社会資源を有効に結びつけることがあげられます。また、ソーシャルワーカーは、ニーズと社会資源との調整や開発を行う役割を担っています。

 第30回試験では、問題111で「インフォーマルな社会資源の特徴」について問われました。インフォーマルとは、非公式であり、インフォーマルな社会資源とは、クライエントと近い関係にある家族や親族、近隣関係、ボランティアなどです。よって、利用者の個人的な状況に対する融通性が高い一方で、提供されるサービスの継続性や安定性が低いという特徴が挙げられます。これに対し、フォーマルな社会資源とは、フォーマルすなわち公式な社会資源であり、社会福祉制度に基づくサービスや行政・社会福祉法人などの実施する事業などです。よって、インフォーマルな社会資源と比べて、利用者の個別的な状況に対する融通性が乏しいですが、提供されるサービスの継続性や安定性は高いといった特徴が挙げられます。つまり、ソーシャルワークで活用される社会資源は、利用者本人や家族の状況、地域などを個別に理解した上で、フォーマル、インフォーマルな社会資源を有効に結びつけることが重要であることがわかります。また、第29回試験では、問題112で「社会資源の開発」について問われ、具体的な内容としては、「ケースアドボカシー」「小地域開発」「ソーシャルアクション」「コーズアドボカシー」「社会計画」などの用語が出題されました。こちらについては、必ず整理しておきましょう。さらに第28回試験でも、問題112で「相談援助における社会資源」について問われました。こちらも基礎的な問題ですが、とても重要です。社会資源とは、クライエントのニーズを充足させることを目的とするもので、つまりクライエントのニーズに対応する資源全てを指すため、例えば、制度、福祉サービス、金品・資金、人的支援(専門職)、情報など多岐にわたります。また、第26回試験でも、問題111で「社会資源」について問われました。内容としては、同じニーズをもったクライエントが地域に一定数存在する場合は、クラスアドボカシーを行うことで、社会資源の開発を行うというものでした。クラスアドボカシーとは、同様の問題を抱えている社会階層や属性などにアドボカシー(権利擁護)の支援を行うことです。一方、一人の利用者・クライエントの問題についてアドボカシー(代弁機能・権利擁護)の支援を行うことをケースアドボカシーといいます。

 また、このアドボカシーは、「ケースマネジメント・ケアマネジメント」や「ケースカンファレンス」「ネットワーキング」などに関連する項目ですので、ぜひ整理をしておいてください。

 現代は、社会資源が量的には点在しています。領域によっては、星のごとくその社会資源(福祉サービスや福祉施設、制度、政策)が点在しています。私がソーシャルワーク教育を受けていた頃は、この社会資源自体が不足していたため、本項目のように社会資源の開発がソーシャルワーカーの重要な役割・機能でした。しかし、前述したように、現代は星のごとく点在する社会資源を個別化した利用者ニーズに有効に結びつけるソーシャルワーカーのマネジメント機能が重視されており、実際にソーシャルワーカーは、このマネジメントに多くの時間を費やされています。また、この有効な結びつけ、即ちマネジメントをするためには、利用者個人のアセスメント(ニーズアセスメント)と社会資源のアセスメント、社会資源内の連携や協働、ネットワーキングが重要となります。このことからも、本項が示す「社会資源の活用・調整・開発」とは、ソーシャルアクションやアウトリーチのみの知識技術だけでなく、アセスメント、ネットワーキング、マネジメントなど、非常に幅広い知識技術の習得と、理解が必要となります。

 ソーシャルワークでは、個別ケースの権利擁護(ケースアドボカシー)を行いながら問題を解決し、社会福祉士が担当する複数のケースにおける相違点や、同様の問題を抱える人々などへのケースアドボカシーを通して、社会資源の開発や改良、社会変革や社会活動へと、いわゆるマクロレベルのソーシャルワーク支援へと広がりをもっているのだと思います。

10.ネットワーキング(相談援助における多職種・多機関との連携を含む。)

 本項目では、ネットワーキングについての理解が重要です。具体的には、ネットワーキングの意義、目的、方法、留意点を理解するとともに、家族や近隣その他の者とのネットワーキング、サービス提供者間のネットワーキング、ケア会議の意義と留意点などについての整理が必要です。

 現代の支援スタイルは、多職種が連携し、協働して、問題解決にあたっています。それは、人々が抱える問題が重複化し、複雑化して、ニーズが多様化しているからです。旧来の支援では、単一の専門職種が一側面のみに焦点を当てて支援を行ってきました。しかし、現代の支援では、多職種が多側面に焦点を当てて、総合的、包括的に支援を行っています。

 第28回、27回試験では出題されませんでしたが、第29回試験では、問題113で「ネットワーキング」に関する基礎について問われました。併せて、問題114では「ソーシャルサポートネットワーク」に関する事例問題が出題されています。また第25回試験では、問題112の事例問題で出題されています。内容は、ネットワーク会議における社会福祉士の対応に関するものでした。この他、第24回試験では、問題107で「ソーシャルサポートネットワークを活用した支援」に関する問題が出題されています。ソーシャルサポートとは、誕生当初(1960年代)は、インフォーマルなサポートを活用した支援として開発されました。しかし、時代と共に、人々の抱える問題が複雑化、多様化する中で、インフォーマルなサポートだけでは支援が困難となり、現代では、インフォーマルサポートとフォーマルサポートを包括した支援を指します。

 ちなみに、第30回試験は、問題107の事例問題が本項目に該当しますので、一読して起きましょう。

11.集団を活用した相談援助

 本項目では、集団を活用した相談援助の意義、目的、方法、留意点についての理解が重要です。また、グループダイナミックス、自助グループなどについても押さえておく必要があります。

 グループワークは、アメリカにおけるセツルメント運動や青少年サービス団体の活動、レクリエーションなどを源流とし、その後、独自に理論化・体系化されてきました。しかし、ケースワークやコミュニティワークの統合とともに、三技法は一体化され、現代では、それぞれを独立した方法とするのではなく、統合し、ジェネラリスト・ソーシャルワークとして体系化しています。

 ここで、グループワークの原則について少し整理しておきます。グループワークの原則としては、コノプカの14原則がよく知られています。例えば、「個別化の原則(グループ内およびグループ)」「メンバーの受容」「参加の原則」「葛藤解決の原則」「経験の原則」「プログラム活用の原則」「グループワーカーの自己活用」などの原則があります。内容の詳細については、確認しておいてください。

 第30回試験では、問題113で「グループワークの展開過程で、用いられる援助技術」について問われています。設問文を借りて説明しておくと、準備期では「波長合わせ」、開始期では「契約と援助関係の形成」、作業期では「相互援助システムの形成や集団規範の形成」、終結期では、「評価」などの援助技術が用いられています。また、問題114は、事例問題で、グループメンバーに対するソーシャルワーカーの対応について問われています。第29回試験では、問題115でグループに関する基礎的な内容が問われ、問題116では「自助グループの特性」について問われました。前者は、各自で過去問をベースに整理しておいて欲しいのですが、後者の「自助グループ」について少し解説しておきましょう。「自助グループ」は、伝統的なソーシャルワーク(ソーシャルグループワーク)とは価値体系も方法も異なり、当事者のみの専門職を除くグループ活動であり、当事者のエンパワメントが目的となります。一方、ソーシャルグループワークとは、ソーシャルワーカーが意図的に「プログラム計画」「相互作用の促進(相互援助システムの形成)」を促し、メンバー個々人の課題解決が目的(目標)となります。第28回試験では、問題115の事例問題で、作業期のグループダイナミックス(相互作用の促進)に関するソーシャルワーカーの対応について問われました。このほか、問題98でも「集団を活用したソーシャルワーカーの相談援助」について問われています。こちらは、「準備期」「開始期」「作業期」「移行期(終結期)」の各期の基礎的な内容を整理する形でした。非常に基礎的な内容ですが、こちらの問題をベースに学習すると、理解が促進されます。また、第27回試験では、問題112で「近親者を亡くした人たちのグループワーク」について問われました。内容としては、グループを相互援助システムになるように支援するための社会福祉士の働きかけに関するものでした。グループワークとは、グループメンバー個々が抱える問題について、グループの力・力動(グループダイナミックス)を活用して解決していく過程であると言えます。そして、このグループダイナミックスとは、具体的には、メンバー間の相互作用であり、相互援助システムと言えます。このグループダイナミックスは、グループワーク過程の開始期を経て、作業期で醸造され、発揮されます。このほか、問題113で「自助グループ」について問われました。「自助グループ」とは、前述のソーシャル・グループワークとは違って、社会福祉士などの専門職が全く介在しないグループ活動です。よって、社会福祉士としては、自助グループとは、社会資源の1つとして捉えることができます。

図 グループワークの援助過程

 本項目は、1から2問程度出題される可能性があるので、過去の問題をベースに必ず整理しておいてください。

12.スーパービジョン

 本項目では、スーパービジョンの意義、目的、方法、留意点についての理解が重要です。スーパービジョンとは、福祉施設や機関などにおいて実践され、指導をする「スーパーバイザー」による、指導を受ける「スーパーバイジー」に対する、管理的・教育的・支持的機能を遂行する過程です。その目的は、クライエントへの援助の向上とワーカーの養成です。スーパービジョンは、スーパーバイザーとスーパーバイジーとの間に結ばれるスーパービジョン関係を通じて実施されますが、両者間の信頼関係がとても重要になります。

表 スーパービジョンの機能
機 能内 容(目 的)
管理的機能機関や組織の目的に即し、効果的なサービス提供が行えるようにする。また、ワーカーの持つ力を発揮できる組織づくりや組織内のワーカーの力量に応じた担当やケースの分配などもこの機能に含まれる。
教育的機能ケースに関する指導・教育を通して、ソーシャルワーク実践に必要な知識や技術、価値などを具体的に伝授する。この際、ケース記録が資料として用いられるため、日頃の記録整理が重要となる。
支持的機能信頼関係を基本とするスーパービジョン関係を通し、スーパーバイジーの実践をスーパーバイザーが心理的・精神的にサポート(支持)することである。新人ワーカーの早期辞職や燃えつき症候群(バーンアウトシンドローム)の防止に大きな役割を果たす。
*これに「評価的機能」を加えて分類する場合がある。

 過去の問題をみてみると、毎年1問は出題されています。この傾向が続くかわかりませんが、社会福祉士にとって、非常に重要な項目といえます。

 第30回試験では、問題115で「スーパービジョンの意義と機能」について問われました。また、第29回試験では、「スーパービジョンの形態」について問われ、第28回試験では、問題116でスーパービジョンの機能や方法、留意点などについて問われています。さらに、第27回試験では、問題114で、スーパーバイザー(指導する側のワーカー)が対処するにあたって、優先すべき機能に関する事例問題が出題されました。第26回試験では、スーパービジョンに関する基礎問題と、それを応用する事例問題が出題されました。さらに、第25回試験では、問題117で部下の社会福祉士に対するスーパービジョンについて問われ、第24回試験では、スーパービジョンの形態、具体的には、個人スーパービジョン、グループスーパービジョン、セルフスーパービジョン、ピアスーパービジョン、ライブスーパービジョンについて問われました。非常に基本的な内容ですが、重要なので必ず各スーパービジョン形態の特徴については整理しておきましょう。

 このように、本項目は毎年出題される重要項目であることがわかります。上記の表などの基礎的な内容をはじめ、スーパーバイザーとスーパーバイジーの役割や機能、関係などについてもしっかりと整理しておきましょう。また、スーパービジョンとは異なるものですが、コンサルテーションという機能もあります。コンサルテーションとは、専門的な助言を必要とするものに対し、専門性を保有する専門家や専門機関から相談・指導を提供することをいいます。このほか、「事例検討会のあり方をめぐる社会福祉士の対応」を問う問題が過去に出題されており、教育や研修、後継者育成は、今後、社会福祉士にとって非常に重要なミッションとなります。

13.記録

 本項目では、記録の意義、目的、方法、留意点についての理解が重要です。前項目でも少しお話ししましたが、スーパービジョンのためにもこの記録を活用します。

 ケーグルは、記録の目的を以下の10項目としました。それによると、(1)クライエントのニーズの明確化、(2)サービスを文書化すること、(3)ケースの継続を維持すること、(4)専門職間のコミュニケーションを促進すること、(5)クライエントと情報を共有すること、(6)スーパービジョン、コンサルテーション、同僚間の再検討を促進すること、(7)サービスの過程とその影響をモニターすること(モニタリング)、(8)学生とほかの専門職を教育すること、(9)管理上の課題に対してデータを提供すること、(10)調査・研究のためにデータを提供することの10項目としています。これについては、『新・社会福祉士養成講座 第7巻 相談援助の理論と方法I<第3版>』の第13章で細かく整理されていますので、確認しておいてください。もし私が出題者でしたら、この記録の問題は絶対に出題します。それぐらい大切だと思ってください。

 第30回試験では、問題106で「ソーシャルワークの記録」について問われ、記録の意義や、記録の活用目的、倫理的配慮、記録形式といった概論的な内容が問われています。また第29回試験では、問題118で「相談援助の記録方法」について問われています。設問文の用語を列挙しておくと、「逐語体」「叙述体」「要約体」「ジェノグラム」「エコマップ」について問われています。これらの用語は各自必ず整理しておきましょう。第28回試験では、問題117で「記録の形式と文体」に関する内容が問われています。問題118では、記録に関する事例問題が問われ、ツールについて問われています。また、第27回試験では、問題115で「相談援助の記録」に関する基礎的な問題が問われ、問題103では、アセスメントツールとしてエコマップが問われました。また、第26回試験では、事例問題で問われました。内容としては、退院計画のために書く記録文体として適切なものを選ぶものでした。第25回試験では、相談援助における記録について問われ、記録で用いられる文体やあり方に関する内容が問われています。この記録も、ほぼ毎年出題されているので、過去問ベースで必ず整理しておきましょう。

 記録については、「14.相談援助と個人情報の保護の意義と留意点」や「15.相談援助における情報通信技術(IT)の活用」とも関連づけて学習するとよいでしょう。また、「12.スーパービジョン」にも関連するものですので、関連づけ、整理して学習することをおすすめします。

14.相談援助と個人情報の保護の意義と留意点

 個人情報の基本的な枠組みとしては、個人情報の保護に関する法律が2003(平成15)年に制定され、この法律を基礎として、「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン」「福祉関係事業者における個人情報の適正な取扱いのためのガイドライン」が厚生労働省によって策定されています。

 また、社団法人日本社会福祉士会の「社会福祉士の倫理綱領」においても、個人情報の保護について言及されており、「倫理基準」の「I.利用者に対する倫理責任」の一環として、「プライバシーの尊重」と「秘密の保持」に関する規定がされています。「プライバシーの尊重」では、「社会福祉士は、利用者のプライバシーを最大限に尊重し、関係者から情報を得る場合、その利用者から同意を得る。」とし、「秘密の保持」では、「社会福祉士は、利用者や関係者から情報を得る場合、業務上必要な範囲にとどめ、その秘密を保持する。秘密の保持は、業務を退いた後も同様とする。」としています。

 これらのことを正しく理解することで、利用者の情報を有効に共有することができ、直接的にも間接的にも利用者の生活の質の向上につながるため、ソーシャルワーカーは、個人情報の保護や取扱いについて正しい理解をしておく必要があります。

 第29回、第28回試験では問われていませんが、第30回試験では、「個人情報の保護に関する法律」から出題されています。こちらは、過去問をベースにチェックして起きましょう。また第27回試験では、問題116で「民間福祉・介護サービス事業者による個人情報の扱い」について問われています。こちらは、事例問題ではありませんが、実例の理解が必要な問題です。このほか、第26回試験では、個人情報保護に関する問題が出題され、「個人情報の保護に関する法律」「福祉分野における個人情報保護に関するガイドライン」などから出題されています。ぜひ、一読しておいてください。また、第24回試験でも、個人情報の保護に関する法律」「福祉関係事業者における個人情報の適正な取扱いのためのガイドライン(厚生労働省)」から出題されました。そのため、前述の「プライバシーの尊重」や「秘密の保持」などについては、もう一度、『改訂 社会福祉士の倫理――倫理綱領実践ガイドブック』などで確認しておいてください。