メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

露木先生の受験対策講座

露木 信介(つゆき しんすけ)

プロフィール露木 信介(つゆき しんすけ)

社会福祉士(認定社会福祉士・医療分野、認定医療社会福祉士)、社会福祉学修士。
 現在、東京学芸大学教育学部ソーシャルワークコースで教員をするとともに、他大学や他専門学校での非常勤講師、現場におけるスーパービジョンや職員研修などを行っている。大学教員になる前は、病院でチーフ・ソーシャルワーカーとして管理業務や相談業務を行っていた。
 受験関係では、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士等の養成講座の講師、受験テキストや模擬試験問題の作成、受験対策講座の講師などを行っている。

第6回 「社会理論と社会システム」のポイント

 5月、新緑の季節。青い空、緑の大地を見ていると、身体の内面から力が湧いてくるようです。「五月病」なんて言葉がありますが、疲れたときは無理せず休んだり、愚痴ったりすることが大切です。そして、そんなときは、大きな空、海を眺めてみると、その深刻さが少しだけ軽減されます。「どうしようもない」ことは、「どうにもならない」ので、焦らず、ゆっくりと向き合っていけばいいと思います。少し時間を置くだけで、見えてくるものは違ってくるものです。

 さて、今回は、「社会理論と社会システム」の具体的な内容、ポイントについて解説していきたいと思います。今回も、公益財団法人社会福祉振興・試験センターが示す出題基準に即した内容で、整理していきます。

本科目のねらい

 本科目の出題基準によると、大項目として、1.現代社会の理解、2.生活の理解、3.人と社会の関係、4.社会問題の理解の4つがあげられています。

第30回試験をみてみると…

 本科目は、社会学系の科目ですので、「現代社会と福祉」「地域福祉の理論と方法」「社会保障」と並び、毎年、苦手意識をもっている受験生が多い科目の一つです。

 第30回試験を振り返ってみると、人名とその功績や提唱した理論などを問う問題というよりは、具体的な社会学理論について出題されました。具体的には、現代社会の諸問題を問う、用語や統計にまつわる問題です。例えば、問題15では「日本の裁判制度」、問題16では「日本の労働市場」、問題19では「役割(理論)」など、社会制度の内容を問う問題が問われています。また、問題18では「65歳以上の者のいる世帯の世帯構造」や、問題21では「児童虐待に関する検挙状況」といった統計に関する問題が出題されています。このほか、近年動向としては、所得格差を示す指標である「ジニ係数(ちなみに、ジニは人名です)」や「相対的貧困率」などの貧困や所得に関する内容や、「ライフサイクル」や「ライフイベント」などの生活の捉え方などが問われています。

 以上、挙げた内容は、基礎的な内容ですが、きちんと事前学習している必要があります。今は、まだ理論やその内容を見てもわからないことが多いと思いますが、最初から絶対に諦めず、過去問をベースに、これらの理論に関する専門用語を暗記していきましょう。基本的な内容が暗記できれば、応用も可能となってきます。ただし、繰り返しますが、今から暗記を諦めてしまっては、できるものもできませんし、社会福祉士の合格は絶望的です。

 このほか、本科目では、「都市化」「近代官僚制」「限界集落」「家族」などの出題頻度が高く、かつ基礎的な内容であり、重要な内容と言えます。

 まず、皆さんが克服するのは、「面倒」「苦手」といった自分自身の〈心〉です。「面倒」「苦手」という思考がある以上、どんなに学習しても頭には入ってきません。なぜならば、頭は無意識に情報をシャットアウトしてしまうからです。本科目の学習法は、まずは各専門用語をしっかりと理解することです。特に、今の時期は焦らずに用語辞典などを活用して、社会福祉特有の用語について整理するようにしましょう。

 では、出題基準で取り扱われる4つの項目をもとに整理していきます。