メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

露木先生の受験対策講座

露木 信介(つゆき しんすけ)

プロフィール露木 信介(つゆき しんすけ)

社会福祉士(認定社会福祉士・医療分野、認定医療社会福祉士)、社会福祉学修士。
 現在、東京学芸大学教育学部ソーシャルワークコースで教員をするとともに、他大学や他専門学校での非常勤講師、現場におけるスーパービジョンや職員研修などを行っている。大学教員になる前は、病院でチーフ・ソーシャルワーカーとして管理業務や相談業務を行っていた。
 受験関係では、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士等の養成講座の講師、受験テキストや模擬試験問題の作成、受験対策講座の講師などを行っている。

第5回 「心理学理論と心理的支援」のポイント

 さて、今回も、公益財団法人社会福祉振興・試験センターが示す出題基準に即した内容を中心に、「心理学理論と心理的支援」の具体的な内容、ポイントについて解説していきたいと思います。

 新年度の新しい環境に疲れている方も多いかもしれませんが、無理は禁物です。「空を見上げて、一呼吸」してみましょう。5月の空は気持ちがいいですよ。ゴールデンウィーク、みなさん、思い思いの空の下、思い思いの時間をお過ごしのことと思います。素敵な休日、ゴールデンウィークをお過ごしください。もちろん、社会福祉士の勉強に費やすという方もいらっしゃるかと思います。私は、その皆さんの頑張りをきちんと見守り、応援していきたいと思います。

本科目のねらい

 本科目の出題基準によると、大項目として、1.人の心理学的理解、2.人の成長・発達と心理、3.日常生活と心の健康、4.心理的支援の方法と実際の4つがあげられています。

第30回試験をみてみると…

 本科目に関しては、今回も広範囲な事項が満遍なく出題されました。ただし、本科目の問題は、テキストワークブック過去問解説集模擬問題集などをしっかりと学習することで得点できる科目です。内容を見てみると、問題8「内的帰属」、問題9「学習理論:オペラント条件づけ」、問題10「思考や知能」、問題11「集団」などの「人の心理学的理解」の項目については、例年、しっかりと読み込ませ、詳細の知識と正しい理解が問われる問題です。また、問題14「心理療法」については、出題頻度も高いため必ず学習しておく必要があります。

 このほか、「ストレス」については、必ず学習しておいてください。ちなみに、第30回試験では、関連項目として「バーンアウトシンドローム(燃え尽き症候群)」について問われています。現代社会で生活する人を心理学的に理解するという意味では、「ストレス」については、必須の知識となります。今後、出題される可能性があるかもしれません。特に、ストレスに関する研究やPTSDなど、基本的な内容は必ず押さえておきましょう。

 以上、今後も、出題基準から万遍なく出題され、難易度としても60%を問うような問題が出題される可能性が高いです。そのため、基礎や用語などを適切に整理、暗記しておくことが重要です。また、試験当日は緊張もあってか頭が混乱しているので、丁寧に読み進めないとイージーなミスをしてしまう可能性がある科目でもあります。基礎的な用語や知識について、適切に理解していることが重要です。

 では、出題基準で取り扱われる4つの項目をもとに整理していきます。

各項目の詳細について

1.人の心理学的理解

 本項目は、10項目に細分化されています。それは、1)心と脳、2)情動・情緒、3)欲求・動機づけと行動、4)感覚・知覚・認知、5)学習・記憶・思考、6)知能・創造性、7)人格・性格、8)集団、9)適応、10)人と環境です。

 この10項目は、人を心理学的に理解するうえでどれも重要な概念です。どの項目についてもしっかりと学習しておく必要があります。過去問でも、この項目から数問出題されています。本科目は、例年7問出題されますが、本項目については、半分の4問前後が本項目から出題されていることになります。そういった意味で、非常に重要な項目であることがわかります。

 少し整理してみると、第30回試験では、問題8で「帰属過程・原因帰属」について問われています。簡単に説明すると、出来事や時との行動の原因を推論することで、「内的帰属」と「外的帰属」に分類されます。文字通り、「内的帰属」は、原因を行為者側に求めるもので、行為者の能力や性格などが原因であると帰属されるのに対し、「外的帰属」は、原因を行為者の置かれている状況に求めるもので、行為者を取り巻く環境や時間的問題が原因であると帰属されるものです。第30回試験の問題8では、「内的帰属」の実例が問われました。正答としては「1.(自分の)勉強不足に原因がある」となります。それ以外は、「2.問題が難しかった」「3.電車が遅れて遅刻した」「4.運が悪かった」「5.教師の指導力不足」といった選択肢が並び、これらは前述の「外的帰属」の例となります。このように、用語をしっかりと整理しておけば、解答可能な問題が並びます。本科目で重要なことは、わからない用語をそのままにするのではなく、過去問解説集などをベースにきちんと整理しておくことです。このほか、問題9は「オペラント条件づけ」について問われ、これは学習理論におけるスキナーの研究で、「スキナー箱:ネズミがバーを押せば餌が出る箱」に代表される「ネズミが餌を得るためのバー押し反応を頻回に行う。このような自発的な行動について、餌という「報酬(強化子)」が行動を促進し、罰が行動の抑制をもたらす条件」、これを「オペラント条件づけ」と呼びました。このほか、レスポンデント条件づけ(古典的条件づけ):パブロフや、試行錯誤学習:ソーンダイク、モデリング(観察学習):バンデューラなどの研究が有名です。こちらについては、必ず整理しておきましょう。
 さらに過去の問題を見ておくと、第29回試験では、「記憶」について問われ、なかでも「エピソード記憶」について出題されています。「エピソード記憶」とは、個人的に体験した出来事についての記憶で、設問文を借りれば「昨晩、近くのファーストフード店でハンバーグカレーを食べた」といった記憶をいいます。
 以上、本項目は、用語と実例を問う応用的な問題が出題されます。こちらは、出題頻度も高く、過去の問題をはじめ、参考書などでも整理されているので、そちらを参考に「暗記」しておきましょう。また、第27回試験では、人格・性格について問われ、「パーソナリティ」について出題されています。やや踏み込んだ内容ですが、これを機に整理しておきましょう。パーソナリティ理論については、問われた特性論のほかに、類型論というものあります。合わせて整理しておきましょう。さらに、第26回試験では、「欲求・動機づけと行動」で、「マズローの人間の動機または欲求理論」に関する問題が問われました。マズローについては、近年の出題頻度はそれほど高くありませんが、基本的な内容であり、重要な内容でもあるので、必ず整理しておいてください。この他、「集団」についても出題され、「集団の機能」に関する内容が問われています。具体的には、PM理論や集団思考などが問われていました。この集団については、「社会理論と社会システム」や、専門科目の「福祉サービスの組織と経営」といった科目でも出題される知識のため、関連させて学習すると効果が得られやすいでしょう。

 このように、本項目は、過去の問題からもわかるように、全7問中2~3問程度出題される重要項目と言えます。前述しましたが、用語と概念がきちんと整理されていることが重要です。テキストワークブックの知識は確実に頭に入れておきましょう。

2.人の成長・発達と心理

 本項目は、「発達の概念」について理解することが目的となります。特に、発達の定義、発達段階、発達課題、生涯発達心理、アタッチメント、アイデンティティなどに関する学習が必要です。また、喪失体験に関する知識の習得も重要となります。具体的には、ピアジェやエリクソンの発達段階説の整理が大切といえます。この項目からも例年必ず出題されています。今後も必ず問われる項目だと思いますので、よく理解しておいてください。

 第29回、第28回、第27回試験では出題されませんでしたが、第30回試験では、久しぶりですが、ピアジェの認知発達理論が問われました(問題12)。こちらは過去問ベースで整理しておきましょう。また、過去第26回試験では、問題11で「発達」に関する内容が問われ、ここでは、身体的発達や言語的発達などが問われています。この他、新生児の発達や、時間的経過による発達的変化などについても問われました。非常に横断的な問題です。それに対し、第25回試験では、思春期・青年期の発達に限定して出題されました。内容としては、エリクソンは、思春期・青年期の12歳から20歳頃までの発達課題は、「同一性の獲得」であると整理しています。つまり、性的成熟に伴い生じる身体的変化を機に、身体的・精神的に自己を統合し、アイデンティティを確立する段階であるとしています。また、第24回試験では、問題10で「子供の発達の一般的な時期(発達段階)」に関する内容が問われました。このほか、問題11で「アイデンティティ・ステイタス」に関する問題が出題されました。さらに、第23回試験では、「乳幼児期における発達的変化」に関する問題、第22回試験では、「ヴィゴツキー、ピアジェ、ゲゼル、ボウルヴィ、エリクソンの発達理論の考え方」が出題されていました。過去問ベースで、まず各段階の発達に関する理論や概念について整理しておきましょう。

 このように、例年、最低1問は出題されています。そして、主題内容も多義にわたっています。まずは過去の問題から整理を始めていくとよいでしょう。

3.日常生活と心の健康

 本項目では、「ストレスとストレッサー」について理解することが目的となります。特に、ストレッサーやコーピングの用語や概念の理解、うつ症状やアルコール依存、燃え尽き症候群(バーンアウト)などを含むストレス症状の理解、ストレスマネジメントの理解が重要となります。この項目からも例年、1問は必ず出題されています。

 第30回試験では、前述していますが、「バーンアウトシンドローム(燃え尽き症候群)」について問われています。燃え尽き症候群(バーンアウト)とは、アメリカのフロイデンバーガーが1970年代に提唱した概念で、長い間の目標への貢献が報いられなかった時に生じる精神的・心理的・身体的疲弊状態で、孤立・孤独感や、抑うつ、不安、理想ややる気の喪失などの症状で、医師や看護師、ソーシャルワーカーなどの対人援助職に多く見られる現象と言われています。皆さんもこのような状態になったことはないですか? この時、重篤な場合は薬などの薬物療法やカウンセリング、心理療法などが必要となりますが、相談できる体制や人がいることが重要だと言われています。そういった意味で、ソーシャルサポートについても整理して理解しておいてください。また、マスラックは、(1)情緒的消耗(心身ともに疲れ果てたという感覚)、(2)個人的達成感の低下(仕事へのやりがい低下)、(3)脱人格化(人間性を軽視し、大切に扱わなくなる)といった3つの因子でバーンアウトを説明しました(バーンアウト尺度)。第28回試験では、問題10で「タイプ行動パターン」について、タイプA行動が問われ、27回試験では、問題11で「ストレスとストレス対処方法(コーピング)」について問われました。こちらのコーピングは重要項目ですので、初めて聞いた方は必ず整理しておきましょう。ちなみに、コーピングには、「問題焦点型コーピング」と「情動焦点型コーピング」の二つに類型することができます。
 さらに過去の問題を見てみると、第26回試験では、「行動の特徴と防衛機制」に関する問題、第25回試験では、問題13で「心的外傷後ストレス障害(PTSD)に関する問題が出題され、非常に基礎的な内容が問われています。やはり、本科目では、用語と、基礎的な知識、概念等をしっかり整理しておくことが重要です。

 今後も、この項目からは引き続き出題される可能性が高いと思いますので、例えば、うつ症状やアルコール依存、燃え尽き症候群(バーンアウト)などを含むストレス症状について、よく理解しておいてください。

4.心理的支援の方法と実際

 本項目は、大きく4つに分けることができます。それは、1)心理検査の概要、2)カウンセリングの概念と範囲、3)カウンセリングとソーシャルワークとの関係、4)心理療法の概要と実際(心理専門職を含む。)です。

 まず、1)の心理検査の概要については、人格検査、発達検査、知能検査、適性検査などの心理検査について理解することが重要です(投影法、質問紙法、作業検査法なども含みます)。この心理検査の概要については、例年出題されていたものなので、よく理解しておく必要があります。

 また、認知症の検査である長谷川式認知症スケール(HDS-R)もこの項目に当てはまります。HDS-Rについては、内容や検査法を整理しておいてください。そのほか、文章完成法検査(SCT)やロールシャッハ・テスト、内田・クレペリン検査などがあります。各心理検査の適応場面や特徴などを理解しておいてください。第22回試験では、「矢田部ギルフォード(YG)性格検査」に関する問題が出題され、5つの性格類型について問われました。ここ数年、出題がありませんでしたが、第27回試験で「人格検査」が出題されました。内容としては、P-Fスタディ、TAT(主題統覚検査、絵画統覚検査)、ロールシャッハ・テスト、東大式エゴグラム、内田・クレペリン精神検査が問われました。こちらについては、ワークブックなどの参考書を参考に、検査の基本的内容をチェックしておいてください。

 2)カウンセリングの概念と範囲については、カウンセリングの目的、対象、方法やピアカウンセリングの目的、方法などに関する理解が必要となります。

 また、3)カウンセリングとソーシャルワークとの関係についても、併せて理解しておく必要があります。この項目は、2.カウンセリングの概念と範囲と大きく関連してきます。第26回試験では、問題12で「カウンセリング」について問われました。内容としては、心理教育的カウンセリング、パーソンセンタード・カウンセリング、認知行動カウンセリング、家族カウンセリング、ピアカウンセリングなどについてです。これらの各カウンセリングの内容については、ぜひ現時点で整理しておいてください。

 4)心理療法の概要と実際(心理専門職を含む。)については、具体的には、精神分析、遊戯療法、行動療法、家族療法、ブリーフ・サイコセラピー、心理劇、動作療法、SST(社会生活技能訓練)、臨床心理士などが例示としてあげられます。この項目からも例年出題されていますので、それぞれについてよく理解しておく必要があります。

 第30回試験では、「カウンセリングや心理療法」について、広く問われました。具体的には、認知行動療法や、社会生活技能訓練(SST)、ブリーフセラピー、来談者中心療法/カウンセリング、動機づけ面接などが問われています。こちらは、まず用語の整理からはじめましょう。さらに過去問を見ておくと、第29回試験では、問題13で「系統的脱感作法」、問題14で「来談者中心療法」について問われました。前述の「系統的脱感作法」とは、行動療法の一つで、不安階層表を元に、低い場所から順にイメージトレーニングをするもので、リラックスした状態の下で、不安の誘発度の最も低い刺激から徐々に刺激が増やされていき、段階的に不安を克服していく心理療法です。後者の「来談者中心療法」とは、ロジャーズによって提唱されたもので、「問題(不適応や病理)は、クライエント(来談者)自身の評価やイメージの自己概念のなかに、経験的自己(自己経験)をうまく取り込めず、否認や抑圧、歪曲といった自己不一致状態に置かれているために生じる」と考えるため、本療法の目的は、症状を消去させることではなく、自己概念(理想:そうあるべき自分)と自己経験(経験的自己)(現実:あるがままの自分)の「自己一致」にあります。よって、来談者中心療法の3つの条件として、「無条件の肯定的配慮(受容)」「共感的理解」「自己一致」が挙げられます。第29回試験では、「受容(無条件の肯定的配慮)」の応答例について出題されています。正答は「2」の「あなたご自身が経験され苦悩を感じたいくつかの話をお聴きし、私は今あなたが辛い思いをされているのが分かります」となります。

 もう少し、過去の問題を見ておくと、第28回試験では、「マイクロカウンセリング」「心理療法」の2問が出題されました。「心理療法」では、自律訓練法、認知行動療法、家族療法(システムズ・アプローチ)、来談者中心療法、精神分析療法について問われました。詳細については、過去問をベースに整理しておきましょう。また、第27回試験では、来談者中心療法の「感情の明確化」の実践例に関する問題が出題されています。

 このほか、例年出題される心理療法の内容を問う問題が出題されました。ちなみに、第27回試験で問われた療法は、自律訓練法、森田療法、認知行動療法、箱庭療法、来談者中心療法でした。第26回試験では、動作療法(臨床動作法)、内観療法、行動療法、精神分析療法、心理劇(サイコドラマ)が問われました。また、第25回試験では、森田療法、精神分析療法、来談者(クライエント)中心療法、構造的家族療法、遊戯療法が問われています。
 以上、現時点では、わからない療法、不明確・不明瞭な心理療法もあるかもしれませんが、試験までには、各心理療法の詳細を整理しておきましょう。出題頻度も非常に高いです。

 このように、毎年出題されているので、心理療法についてはチェックしておいてください。

 以上、出題基準をもとに本科目の概要を整理してきました。次回は、「社会理論と社会システム」の具体的な内容、ポイントについて解説していきます。

変化の多い時期です

 急に気温の高い日が多くなり、体調を崩している方が増えているようです。気候の変化に加え、新しい職場や慣れない環境、組織の編成などで、心も疲れやすいときです。

 自分の身体は自分で守らないといけません。適切な言葉かわかりませんが、対人援助(ヒューマンサービス)において、【援助の道具】とは、「援助者自身」と言えます。そう、「私自身」です。つまり、私たち援助者は、援助の際、「自ら」を活用して問題解決に取り組み、サービス提供をしていきます。そういった意味では、健康を管理し、援助の場に存在することが重要です(休んで、その場に不在では援助もできませんね)。また、援助の際は、【援助の道具】である「自身(例えば、感情や価値観や倫理観、行動)を常に統制(コントロール)します。そのためには、「自身」を常に磨いておく必要もあるでしょう。「心や身体」を常に磨き、専門的な知識や技術、価値倫理を常に研鑽しておく必要があります。これを「自己研鑽」といいます。対人援助をする社会福祉士にとって、非常に重要なことです。

 また、「自己研鑽」をする前段階として、「自己」をよく理解し、知っておかなければなりません。これを「自己覚知」といいます。「自己覚知」とは、「自らの思考や感情、行動様式、価値観や倫理観などをよく理解し、援助の際、それをコントロールする力」です。もちろん、このコントロールは、セルフスーパービジョンのように自身で行う場合もあれば、スーパーバイザーからの教育、管理、支持的な要素の訓練を通して行われる場合もあります。どちらにしても、自己をよく知ったうえで、自身で統制可能な状態なのか、そうでないのかを見極める力が必要になってくるということです。ちなみに、「自己覚知」は、「自身の〈あらさがし〉をして、援助者に向いているか、向いていないかを見極めるもの」ではありません。

 センス(感性・才能)といった意味であれば、それを選択した時点で、ほかのものより「センスがある」ということです。皆さんも、この講座を読み、国家試験勉強をし、社会福祉士を目指している時点で、「社会福祉士としてのセンスがある」ということです。自信をもって、皆さんそれぞれの目標や夢に向かっていきましょう。最後の最後まで、一緒に国家試験勉強頑張りましょうね。

■お知らせ■
 本講座とは直接関係性はありませんが、私のメールマガジン【社会福祉士をめざす「露木先生の合格受験対策講座」】が始まりました。こちらの講座では、勉強方法やマル秘話、独学や勉強時間がない方を対象に開講しています。こちらもチェックしてみてください。
  • ※メルマガ【社会福祉士をめざす「露木先生の合格受験対策講座」】は、中央法規出版及び本講座「けあサポ」との関係はありません。そのため、本メルマガの問い合わせに関しては、中央法規出版では対応しておりません。