メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

露木先生の受験対策講座

露木 信介(つゆき しんすけ)

プロフィール露木 信介(つゆき しんすけ)

社会福祉士(認定社会福祉士・医療分野、認定医療社会福祉士)、社会福祉学修士。
 現在、東京学芸大学教育学部で教員をするとともに、埼玉県立大学をはじめ他大学や他専門学校での非常勤講師、現場におけるスーパービジョンや職員研修などを行っている。昨年までは、病院でチーフ・ソーシャルワーカーとして管理業務や相談業務を行っていた。
 受験関係では、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士等の養成講座の講師、受験テキストや模擬試験問題の作成、受験対策講座の講師などを行っている。

中央法規の『社会福祉士受験対策セミナー(実力アップ講座/最終チェック講座)』
 社会福祉士国家試験は出題範囲が広くて手に負えないと感じていませんか? 
国家試験を長年分析してきた講師陣が合格につながるポイントを解説します!
  • 実力アップ講座
    東京会場:11/18 (土)[専門]、19 (日)[共通]
         11/25 (土)[専門]、26 (日)[共通]
    仙台会場:12/ 9 (土)[専門]、10 (日)[共通]
    福岡会場:12/16 (土)[専門]、17 (日)[共通]
    大阪会場:12/23 (土・祝)[専門]、24 (日)[共通]
  • 最終チェック講座
    東京会場:12/23 (土・祝)[専門]、24 (日)[共通]
    大阪会場:2018 /1/6 (土)[専門]、7 (日)[共通]
詳細・お申し込みはこちらから

第35回 クローズアップ~社会調査の基礎

 さて、今回から「専門科目」に突入です。ラストスパート、一緒に最後まで頑張りましょう。今回は、「社会調査の基礎」で特に理解しておくべきポイントについて解説します。

「社会調査の基礎」のポイントの振り返り

 本科目は、(1)社会調査の基礎や概論、(2)量的調査、(3)質的調査の3項目に大別されます。割合としては、全7問中(1)社会調査の基礎や概論から1~2問、残りの5~6問を分割するかたちで、(2)量的調査から3問程度、(3)質的調査から2問程度出題されています。

 具体的には、(1)社会調査の基礎や概論については、2009(平成21)年4月に施行された「新・統計法」や「調査倫理」に関する問題、「個人情報の取扱い」などが出題されています。また、(2)量的調査については、「量的調査の基礎」「標本調査の抽出方法」「質問文作成の注意点」「分布の代表値」「測定の信頼性」などが出題されています。さらに、(3)質的調査については、「アクション・リサーチと参与観察」「質的データの分析」「面接法(グループインタビュー法含む)」「観察法」に関する問題が出題されています。

 本科目は苦手な人も多いですが、量的・質的調査ともに、学習のコツは、(1)データをどのように集めるか、(2)集めたデータをどのように解析・評価するかに着目して整理することです。つまり、(1)収集法と、(2)分析法を意識して整理すると、理解が促進されます。

 今後も、(1)社会調査の基礎や概論、(2)量的調査、(3)質的調査の3項目からバランスをとって出題されるでしょう。したがって、質的調査の知識だけでなく、量的調査に関する知識の習得も重要となります。特に、用語と概念については、一度きちんと整理しておけば必ず得点できます。

社会調査の分類とその特徴

 社会調査とは、国や地方自治体、企業、学校・保健医療福祉などの機関、その集まりなどが調査の主体となって、諸課題の理解や対応策の立案などを目的として行う調査対象の実態把握についての試みをさします。なかでも社会福祉調査は、援助活動の実践の効果測定や、現在提供されている福祉サービスに対する要望や潜在的ニーズの発見などを目的に行われる調査技術とされています。

 社会調査は、大きくは「量的調査(統計的調査)」と「質的調査(事例的調査)」の2つに分けられます。まず、量的調査は統計的調査ともいわれ、対象に対する多数の数値データを観測して、状態や特性を分析し、量的に把握する調査方法です。一方、質的調査は事例的調査ともいわれ、調査対象を少数の事例に限定して、問題の特徴を示す多数の要因、その要因の相互関連性について洞察的な分析を行う調査方法のことです。

社会調査の方法とその内容

「データをどのように集めるか」

 社会調査の方法についても、前述のように量的調査と質的調査に大別できます。ここでは、それぞれの調査の方法と内容について整理したいと思います。

 まず、量的調査には、「全数(悉皆)調査」」と「標本(一部)調査」があります。全数(悉皆)調査とは、調査対象者を全員くまなく調査するため、調査対象者についての正確で信頼性の高いデータが得られるというメリットがあります。しかしその反面、時間や労力、費用がかかるというデメリットもあります。

 一方、標本(一部)調査は、調査対象者の一部を調査し、その結果から全体を推定するため、時間、労力、費用が節減できるというメリットがあります。しかしその反面、標本の抽出に高度の知識と技術を要したり、調査の回収率が低い場合には母集団を反映できないといったデメリットがあります(このような母集団との差を、「標本誤差」といいます)。この標本(一部)調査を行う際の抽出法は、無作為抽出法と有意抽出法とがあります。さらに、無作為抽出法には、(1)単純無作為抽出法、(2)系統抽出法、(3)層化抽出法、(4)多段抽出法があります。また、有意抽出法にも、(1)応募法、(2)機縁法、(3)スノーボール法、(4)割当法があります。これらの詳細については、必ず整理しておいてください。次に、調査方法をみてみますと、調査を受ける人自らが記入する「自計式調査」と、調査員が記入する「他計式調査」があります。自計式調査には、配票調査(留め置き調査)、集合調査、郵送調査があります。また、他計式調査には、個別面接調査と電話調査があります。このようにして集められたデータは、分析の際、コンピューターで解析するため「数値化」されます(詳細は、後ほど解説します)。

 次に、質的調査をみてみます。質的調査には「面接法」や「観察法」などがあります。ここではすべての内容を紹介できませんが、各調査方法の内容と特徴、メリットとデメリットについては、ワークブックなどを活用して、各自で整理しておいてください。

 まず、面接法は、調査者と被調査者との対面的な関係において、質問と回答を通じて行われるデータの収集法と言えます。また、このようにして得られたデータは、被調査者の言葉をそのまま分析概念に用いるため、データは「文章化」されます。面接(インタビュー)法は、大別すると、(1)個人面接法と、(2)集団面接法(グループインタビュー法)に分けることができます。(1)の個別面接法は、あらかじめ質問項目や順序を決めておいて、どの対象者に対しても同じように尋ねる「構造化面接」と、大まかな質問項目を決め(インタビューガイド)、ある程度インタビュー内において自由度をもって進める「半構造化面接」、質問項目などを何も決めずに行う「非構造化面接」があります。そのため、面接法(特に「非構造化面接」)は、調査者の聞き取りの能力や面接の能力などに影響される特徴があります。(2)のグループインタビュー法は、「フォーカス・グループインタビュー法」とも言われ、グループダイナミックスを応用してデータを収集する特徴があります。また、グループメンバー(被調査者)の選定は、有意標本抽出によって行われることが多いです(詳細は前述)。また、本調査法の目的は、異なる意見を広く収集することを意図しており、グループとしての一致した意見を取りまとめることではないということに留意する必要があります。

 次に、観察法は、調査票(質問紙)や面接を用いず、視覚的なものによって情報を収集する方法です。観察者(調査員)が外部から観察する「非参与観察法」と、観察者(調査者)が対象となる集団・団体・地域に入り込んで内部から観察する「参与観察法」があります。