メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

露木先生の受験対策講座

露木 信介(つゆき しんすけ)

プロフィール露木 信介(つゆき しんすけ)

社会福祉士(認定社会福祉士・医療分野、認定医療社会福祉士)、社会福祉学修士。
 現在、東京学芸大学教育学部ソーシャルワークコースで教員をするとともに、他大学や他専門学校での非常勤講師、現場におけるスーパービジョンや職員研修などを行っている。大学教員になる前は、病院でチーフ・ソーシャルワーカーとして管理業務や相談業務を行っていた。
 受験関係では、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士等の養成講座の講師、受験テキストや模擬試験問題の作成、受験対策講座の講師などを行っている。

第27回 クローズアップ~現代社会と福祉

 今回は、「現代社会と福祉」で特に理解しておくべきポイントについて解説します。

「現代社会と福祉」のポイントの振り返り

 本科目も社会学系の科目です。苦手意識をもっている人は多いのではないでしょうか? 本科目は、イギリスをはじめ諸外国および日本の福祉制度の発達過程や福祉の思想や原理、福祉政策の構成要素などを中心に、満遍なく出題されています。本科目についても、少し柔らかな言葉で表現してみると、〈「現代の社会をよく理解していること」、また「「現代」だけでなく、過去・未来の社会をよく理解していること」、さらに「その社会には、どのような福祉課題や福祉問題が潜んでいるのか」について問う科目〉と言えます。内容としては、基礎的なことをしっかりと学習していることが前提となり、なかには難問もありますが、やった分だけ得点ができる科目です。

 本科目は出題数も10問と多いため、攻略法としては、まずは基礎的な用語や概念を整理したうえで、現代の社会問題に対して常に敏感であることが重要です。例えば、福祉制度と教育や労働、住宅などの各政策と関連づけて学習する必要もありますし、近年の現代社会の動向を考えてみると、このほかに、所得保障や雇用政策、保健医療政策、人権擁護といった内容も整理しておく必要があります。そして、1点でも多く得点し、半分の5点は取っておきたいところです。

 過去の問題を見ておくと、「イギリスにおける福祉政策や貧困対策の歴史」「日本の福祉制度や社会福祉法人制度」「貧困・所得格差」「厚生労働白書における我が国の健康や寿命」「日本における世帯や婚姻の動向」「生活困窮者自立支援制度」「自殺対策基本法」などが問われました。このように列挙してみると、前述しました通り、現代の社会、過去や未来の社会(福祉)、そして福祉課題や問題について問われていますね。

 このように、現在、政治に関するニュースでも、景気・雇用対策や税と社会保障制度、社会福祉に関する議論が盛んに行われており、このあたりは、現代の社会福祉士にとって必須の知識と言えそうです。そして、「社会理論と社会システム」でも取り上げましたが、「仕事と労働をめぐる政策」、つまり「仕事(ワーク)と生活(ライフ)」のバランスに関連する政策等については併せて整理しておきましょう。