メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

露木先生の受験対策講座

露木 信介(つゆき しんすけ)

プロフィール露木 信介(つゆき しんすけ)

社会福祉士(認定社会福祉士・医療分野、認定医療社会福祉士)、社会福祉学修士。
 現在、東京学芸大学教育学部で教員をするとともに、埼玉県立大学をはじめ他大学や他専門学校での非常勤講師、現場におけるスーパービジョンや職員研修などを行っている。昨年までは、病院でチーフ・ソーシャルワーカーとして管理業務や相談業務を行っていた。
 受験関係では、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士等の養成講座の講師、受験テキストや模擬試験問題の作成、受験対策講座の講師などを行っている。

第29回 クローズアップ~福祉行財政と福祉計画

 今回は、「福祉行財政と福祉計画」で特に理解しておくべきポイントについて解説します。

「福祉行財政と福祉計画」のポイントの振り返り

 本科目の内容を大別しますと、「福祉行政・福祉行財政に関する理解」、「福祉計画に関する理解」の2つが求められていることがわかります。まず、前者の「福祉行政・福祉行財政に関する理解」には、出題基準の大項目の1.福祉行政の実施体制、2.福祉行財政の動向の2項目が含まれ、後者の「福祉計画に関する理解」には、3.福祉計画の意義と目的、4.福祉計画の主体と方法、5.福祉計画の実際の3項目が含まれています。

 本科目の傾向としては、上述の5項目よりかなり広範にわたって出題されており、内容としては、例年、都道府県や市町村の役割、国と地方との関係など、福祉行政の実施体制について問われています。この他、介護保険給付費の負担や保育所運営費、民間の助成など福祉の財源、福祉計画などの実施状況の評価・監視に関する問題も問われています。また、例年出題されている『地方財政白書』などの統計も問われ、「福祉行財政の動向」が出題されています。福祉計画では、「福祉計画等の策定」や各種福祉計画策定に際して、相互の連携に関する各福祉法の規定に関する問題が出題されています。

 このことから、本科目の攻略法は国や地方の役割や機能を整理しておくこと、特に地方における財源や役割・機能についてよく学習、整理しておくことが重要です。まず、勉強の取りかかりとして、皆さんが勤務する機関、または生活する都道府県、市区町村の地域福祉計画を一読してみてください。現在は、高齢者、障害者、児童、地域、保健医療、安全、災害対策などの包括的な計画として策定しているところが多く、地域福祉計画から、その地域がどのような生活や未来を目指しているのかがわかります。さらに、このなかから「圏域」をどのように捉えているのかも読みとってください。この圏域は、地域によって違っています。

国・都道府県の役割

国の役割

 国の役割としては、法定受託事務と自治事務についての整理が必要です。法定受託事務とは、本来、国が果たすべき事務を地方公共団体が受託する第一号法定受託事務と、本来、都道府県が果たすべき事務を市町村が受託する第二号法定受託事務とがあります。

 ここでは、第一号法定受託事務につい整理しておきますが、第一号法定受託事務とは適切な処理を特に確保する必要から国が処理基準を定めることができ、例えば、助言・勧告、資料提出要求、同意、許可・認可・承認、指示、代執行、協議など、その事務に対する国の特別な関与が認められています。

 さらに、地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律(地方分権一括法)施行後の地方公共団体の福祉行政における法定受託事務は、生活保護法による保護、社会福祉法人の認可、福祉関係手当の支給、福祉施設の認可があります。

 次に、自治事務についてですが、自治事務は地方公共団体の処理する事務のうち、法定受託事務を除いたものをいいます。また、自治事務には、法律に定めのない自治事務と法令に定めのある自治事務とがあり、国の技術的助言や勧告、資料提出要求など、国の特別な関与が認められています。さらに、地方分権一括法施行後の地方公共団体の福祉行政における自治事務は、社会福祉関係法による措置や福祉サービス利用者からの費用徴収、自治体の独自事業があります。

都道府県の役割

 都道府県の役割としては福祉行政の広域的調整、事業者の指導監督など、市町村の役割としてはサービスの実施主体、介護保険制度における保険者としてのそれぞれの役割や機能などがありますので、その詳細については整理しておいてください。

 ここで、少し整理しておきたい用語は、「地方分権」です。近頃、地方が元気になっており、地方自治や分権化について議論されるようになっていますので、理解している人も多いのではないでしょうか。地方分権とは、「日本国憲法で定める地方自治の理念に基づき、その地域住民のニーズに応答し、全般的な住民の福祉を達成するために、地方自治体の業務に関わる権限と責任を国から地方へ委譲すること」をいいます。用語については、再度確認しておきましょう。

 さらに、地方公共団体についても整理しておきますが、地方公共団体は法人であり、普通地方公共団体と特別地方公共団体に大別できます。

 このほか、都道府県の主な福祉行政の業務については、必ず整理しておきましょう。例えば、都道府県は、社会福祉法人や社会福祉施設の許可、指導および監督、更生相談所や児童相談所などの設置、補助金の配分などがあり、これらの業務は、専門性や広域性、効率性に配慮する必要があります。

 また、市町村の役割についても整理しておきましょう。簡単に整理しておきますと、市町村は、地方自治法の規定で、基礎的な地方公共団体であるとされており(図参照)、都道府県が処理することとされているものを除いて、一般的に、地域における事務を処理することとなっています。具体的には、市町村長の事務部局として条例で部局を置くことができ、市には福祉事務所の設置が義務づけられています。

図 地方公共団体の分類図

 さらに、以上の国、都道府県、市町村の特徴や役割、業務を理解したうえで、国と地方との関係についても整理しておいてください。