メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

露木先生の受験対策講座

露木 信介(つゆき しんすけ)

プロフィール露木 信介(つゆき しんすけ)

社会福祉士(認定社会福祉士・医療分野、認定医療社会福祉士)、社会福祉学修士。
 現在、東京学芸大学教育学部で教員をするとともに、埼玉県立大学をはじめ他大学や他専門学校での非常勤講師、現場におけるスーパービジョンや職員研修などを行っている。昨年までは、病院でチーフ・ソーシャルワーカーとして管理業務や相談業務を行っていた。
 受験関係では、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士等の養成講座の講師、受験テキストや模擬試験問題の作成、受験対策講座の講師などを行っている。

第28回 クローズアップ~地域福祉の理論と方法

 今回は、「地域福祉の理論と方法」で特に理解しておくべきポイントについて解説します。

「地域福祉の理論と方法」のポイントの振り返り

 本科目は、1)地域福祉の基本的考え方、2)地域福祉の主体と対象、3)地域福祉に係る組織、団体、及び専門職や地域住民、4)地域福祉の推進方法の4項目から幅広い分野の問題が出題されています。内容としましては、3)地域福祉に係る組織、団体、及び専門職や地域住民から最も多く出題されていますが、この項目は独立しているわけでなく、1)地域福祉の基本的考え方、2)地域福祉の主体と対象の基本的な考え方や基礎の知識と関連しています。また、4)の地域福祉の推進方法では、事例問題が出題されることも多く、この事例問題は1)2)3)の応用的問題となっています。このことから、各項目を独立させて学習するより、全項目を関連づけて整理、学習することが、本科目の学習のコツとなります。

 また、社会福祉法人や特定非営利活動法人をはじめ、社会福祉協議会とボランティア活動や組織などについて整理しておいてください。特に、今年度は、社会福祉法の改正に伴い、社会福祉法人の抜本改革がはじまりました。ここでは、社会福祉法人のあり方や組織や役員等の役割も大きく変わりました。必ずチェックしておいてください。本科目との関連では、社会福祉法人の「地域における公益的な活動」です。社会福祉法人は社会福祉事業を主たる事業とする非営利法人であり、制度や市場原理では満たされないニーズについても率先していく取り組みとして掲げられた新たな事業と言えます。

 さらに、地域のネットワーキングを中心に、社会資源の活用・調整・開発、地域ケアシステムの構築方法の整理が必要です。また、福祉サービスの評価方法についても、「社会福祉法」に規定されているので確認しておいてください。

 最後に、「コミュニティケア」についても確認しておきましょう。これは、自分の生活する地域を自分たちの手でつくり、育て、保つことを前提とし、子育ても、高齢者の介護も、障害者の地域生活も、地域の治安や安全も、すべて地域の問題として捉え、地域住民みんなが取組む課題として認識していくという考え方です。

わが国における地域福祉の最近の動向

 「地域福祉」という言葉は、言葉が適切かどうかわかりませんが、社会福祉分野におけるいわゆる“トレンド(流行・傾向)”です。高齢者、障害者、児童などすべての福祉が、地域による支え合いを前提として、法整備をしています。特に、現代の社会福祉においては、「コミュニティ」という概念が重視されており、また「コミュニティケア」という、地域住民の自治意識が重視されます。「コミュニティケア」とは、前述もしましたが自分の生活する地域を自分たちの手でつくり、育て、保つことを前提とし、子育ても、高齢者の介護も、障害者の地域生活も、地域の治安や安全も、すべて地域が抱える問題として捉え、地域住民みんなが取組む課題として認識していくという考え方です。今回は、1950年代まで日本の多くの地域社会の形態であった「伝統的地域社会」と、1950年代から1970年代までの「現代都市社会」、1970年代以降の「コミュニティ(ケア)」について整理したいと思います。

 「伝統的地域社会」とは、いわゆる村落共同体で、相互扶助に重きが置かれ、密接なつながりがある反面、閉鎖的で、自由や自立を拘束するという側面をもつ特徴があります。

 次に「現代都市社会」ですが、これは伝統的地域社会の崩壊を意味し、地域のしがらみから個人を解放したところに特徴があります。しかしその反面、地域の人々の結びつきは希薄になり、孤独な社会となって、問題が潜在化する傾向にあります。例えば、孤独死や家庭内暴力(DV)、児童虐待、貧困などの問題が、社会へと顕在化されることなく家族内の問題とされる傾向があります。

 最後に「コミュニティ(ケア)」ですが、これは、現代都市社会のマイナス面を受け、伝統的地域社会への回帰でなく、個人の自由を前提とし、新たな地域で人間関係や相互扶助を模索する理念として捉えられています。そして、この1970年以降の「コミュニティ」や「コミュニティケア」については、イギリスの理論や実践が日本で取り入れられます。そして、その主導は、社会福祉協議会がリーダシップをとり、近年、コミュニティ(ケア)の主体は「住民」であることが強調されています。このことから、本科目では、イギリスの福祉の発展過程、社会福祉協議会の発展過程、内容や役割、住民主体の福祉が出題されています。

 地域社会が以上のように変化してきたことをよく理解しておく必要があります。地域の関係性の希薄化が、昨今報道されている高齢者の孤独死や児童虐待などの問題と関連しているのです。また、忘れてはいけない2011年3月11日に起きた大震災や大津波後の震災復興に関する内容、本年の熊本地震に関するボランティア活動についても、整理しておくとよいと思います。さらに、ボランティア活動やNPOについても整理しておいてください。これらの問題は、対象者個人だけの問題ではなく、その個人と、その個人を取り巻く環境との調整がうまくいっていないことで生じています。ソーシャルワーカーは、その相互作用面・接触面の調整の役割を担っています。そのため、個人の理解とともに、地域社会や社会情勢の理解も必要になってきます。