メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

露木先生の受験対策講座

露木 信介(つゆき しんすけ)

プロフィール露木 信介(つゆき しんすけ)

社会福祉士(認定社会福祉士・医療分野、認定医療社会福祉士)、社会福祉学修士。
 現在、東京学芸大学教育学部で教員をするとともに、埼玉県立大学をはじめ他大学や他専門学校での非常勤講師、現場におけるスーパービジョンや職員研修などを行っている。昨年までは、病院でチーフ・ソーシャルワーカーとして管理業務や相談業務を行っていた。
 受験関係では、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士等の養成講座の講師、受験テキストや模擬試験問題の作成、受験対策講座の講師などを行っている。

第26回 クローズアップ~社会理論と社会システム

 今回は、「社会理論と社会システム」で特に理解しておくべきポイントについて解説します。

「社会理論と社会システム」のポイントの振り返り

 本科目をはじめ社会学系の科目は、苦手意識から避けてしまう人が多いようです。過去問を分析してみると、社会システム(社会階層や社会移動、文化など)や社会集団及び組織、生活の捉え方(ライフサイクル、ライフスタイルなど)に関する問題が出題されています。そのほか、本科目では、社会変動や社会化、産業化・都市化、地位と役割などに関する社会を理解するための基礎的な知識が必要となります。難しい言葉が並んでしまったので,本科目をもう少し柔らかい言葉で表現してみると、「現代の社会を科学的に理解するための科目」「我々の生活する「社会」を科学的に理解するための科目」と言えるのではないでしょうか? まずは、基礎的な用語と概念、理論や概念の提唱者や著書などを整理することが重要です。このような暗記は、覚えるまでは大変ですが、覚えてしまえば必ず得点できるものといえます。

 出てくる用語には、日頃聞きなれない用語もあり、難しく感じるかもしれませんが、本科目の内容は、私たちの生活に密着した知識であり、生活やニュースなどを通して、関連づけながら学習することもできます。よって、「最初から苦手科目と決めつけず、過去問解説集などを利用して満遍なく学習すること」が重要です。

 第28回試験では、日本の人口動向に関する統計問題や、国勢調査に示された「日本の就労構造」に関する統計問題、社会的ジレンマや社会集団に関する基礎知識などが問われています。このように、前述しましたが「現代の社会をよく理解すること」「その社会を科学的に説明するための基礎知識を備えること」が本科目で求められていることです。

 また、限界集落や家族と世帯、人の生涯の軌跡について問われています。このほか、出題頻度の高い項目としては、「家族や世帯」「人の生涯の軌跡」などが問われています。さらに、「(社会的)役割」についても、例えば役割葛藤などについて問われています。本科目は、聞きなれない用語や理論に最初は苦戦するかもしれませんが、まずは基本用語と基礎となる理論を整理することから始めましょう。

用語の正しい理解を…

 本科目では、伝統的な社会学の知識とともに、現代社会における家族や地域社会、現代社会における社会問題などについても把握しておく必要があります。例えば、核家族化や家族機能と家族形態、家計調査などの家族に関するもの、町内会・自治会などの地域社会などに関するものがあげられます。そのほかにも、差別や貧困、失業、ホームレスやドメスティック・バイオレンス(DV)、児童虐待、いじめ、環境破壊、自殺の動向や格差問題などに関するものもあげられます。

 このため、例えば『厚生労働白書』(厚生労働省)をはじめ、『労働経済白書』(厚生労働省)や人口問題に関する刊行物などに目を通しておく必要があります。また、日頃から新聞やニュースを通して、社会問題に敏感になっておきましょう。

 今回は、用語に関する整理を中心に行いたいと思います。言葉を正しく知ることで、その事象がより深く理解できるはずです。本科目の学習で重要なことは、まず、正しく用語を理解することです。そのため、理解が曖昧になっている用語やうろ覚えの用語については、社会福祉用語辞典ワークブックなどを利用して、確実に整理・確認をしておきましょう。

 それでは、非常に基本的な用語を整理していきます。ただし、このような用語の理解こそが、得点への近道です。

社会的役割と社会的葛藤

 まず、社会的役割について整理します。社会的役割とは、社会的行為の形成や行為の連関を記述し分析する概念として、社会学では、「役割」に注目して研究を積み重ねてきました。「役割」とは、その人が占める社会的地位に付随して期待される行動様式であり、社会的役割とは、行為の社会性を強調する用語といえます。人は、その地位等に付随して役割を期待されますが(役割期待)、その役割期待を実際に演ずるようになる行為を役割行動と呼びます。しかし、役割は調和的に遂行される場合もありますが、異なる行動様式を同時に要求される場合もあり、その時は役割葛藤が生じます。また、役割喪失は、孤独感や孤立感を生じる要因となる場合もあります。

 次に、社会的葛藤について整理します。社会的葛藤とは、個人のレベルでの合理性と、集団・社会レベルでの合理性とが必ずしも一致しないという現象をいいます。具体的には、社会において、個人が利己的判断で行動し始めると、一人ひとりが他者や集団に及ぼす影響は些細なものですが、それが社会全体からみると、その集積の結果が社会にとって望ましくないものであったりします。また、行為主体である個人にも、それが望ましくないものとしてかかわってくることがあります。

 また、この社会的葛藤の解決策として、フリーライダー(非協力を選択して利益のみを享受する人)をいかになくすかという問題をフリーライダー問題といいます。オルソンは、非協力的行動に対して罰を与える、あるいは協力的行動に対して報酬を与えることにより、外的な要因から協力的行動を選択する方法を選択的誘因と説明しました。

表 役割に関する用語の整理
種 類内 容
役割その人が占める社会的地位に付随して期待される行動様式のこと。
役割葛藤役割は調和的に遂行されることもあるが、異なる行動様式を同時に要求される場合には役割葛藤が生まれる。
役割期待他者もしくは社会システムから個人に期待される役割のこと。
役割取得社会的相互行為の場面で、他者からの期待を認識し、それを取り入れることで自分の役割行為を形成すること。
役割分化社会システムにおける複数の役割が相互に区分され、多様化し異質化していく過程。
役割距離ゴッフマン(Goffman,E.)の独創的な概念。1つの役割に没頭するのではなく、その役割には収まりきらないもう1つの自分を、しかも当の役割を遂行しながら表現してみせること。役割距離により、他社の期待から相対的自由と自己の自立性が確保されるとされている。
役割距離夫と妻など相互に相手の役割を演じ合うことによって、相手の立場や考え方を理解し合うこと。