メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

露木先生の受験対策講座

露木 信介(つゆき しんすけ)

プロフィール露木 信介(つゆき しんすけ)

社会福祉士(認定社会福祉士・医療分野、認定医療社会福祉士)、社会福祉学修士。
 現在、東京学芸大学教育学部で教員をするとともに、埼玉県立大学をはじめ他大学や他専門学校での非常勤講師、現場におけるスーパービジョンや職員研修などを行っている。昨年までは、病院でチーフ・ソーシャルワーカーとして管理業務や相談業務を行っていた。
 受験関係では、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士等の養成講座の講師、受験テキストや模擬試験問題の作成、受験対策講座の講師などを行っている。

第12回 「低所得者に対する支援と生活保護制度」のポイント

 さて、今回は、「低所得者に対する支援と生活保護制度」の具体的な内容、ポイントについて解説していきたいと思います。今回も、公益財団法人社会福祉振興・試験センターが示す出題基準に即した内容で整理していきます。

本科目のねらい

 本科目の出題基準によると、大項目として、1.低所得階層の生活実態とこれを取り巻く社会情勢、福祉需要と実際、2.生活保護制度、3.生活保護制度における組織及び団体の役割と実際、4.生活保護制度における専門職の役割と実際、5.生活保護制度における多職種連携、ネットワーキングと実際、6.福祉事務所の役割と実際、7.自立支援プログラムの意義と実際、8.低所得者対策、9.低所得者への住宅政策、10.ホームレス対策の10項目があげられています。

第28回試験をみてみると…

 本科目は、出来不出来がはっきりと分かれる科目です。不得意な方は、ここで無得点、1、2割という方もいらっしゃいます。また、得意な方は、8、9割や満点を取る方もいらっしゃいます。では、得意な人と不得意な人とに大きく分かれるのはなぜでしょうか? それは、苦手意識を持っていて、生活保護制度の仕組みや基本的な原理・原則、そして用語などをきちんと整理・理解できてない場合に、あまりいい得点が取れていないようです。つまり、基礎を怠って、無理に理解をしようとするため、応用問題などが出されたりすると、全く内容が分からない状態に陥ってしまいます。本科目は、不得意な方も半分の4から5点はとっておきたいところです。

 内容的には、7問中事例問題は2問でした。例年事例問題は、1~2問程度出題されますが第28回試験は、「保護の実施機関」に関する臨床の知識を問う問題でした。更に過去問を見ておくと、第27回試験では、「生活保護制度における多職種連携」に関する問題、第26回、第25回試験は、「自立支援プログラム」に関する事例問題が出題されています。このように、知識と実践・事例を掛け合わせた事例問題として、出題される傾向にあります。このほか、事例問題では、第25回試験に「生活保護における不服申し立て」に関する事例が出題されました。

 毎年問われている生活保護制度の基本的知識については、生活保護法の目的、原理原則、生活保護の種類とその内容、生活保護制度に関する国、都道府県及び市町村の役割とその運用、専門職について問われています。こちらについては、毎年問われる重要項目と言えます。過去問をベースに必ず整理しておきましょう。

 では、出題基準で取り扱われる10項目をもとに整理していきます。

各項目の詳細について

1.低所得階層の生活実態とこれを取り巻く生活情勢、福祉需要と実際

 本項目では、1)低所得者層の生活実態とこれを取り巻く社会情勢、福祉需要、2)生活保護費と保護率の動向が重要となります。そのため、生活保護関連の調査や統計、『厚生労働白書』(厚生労働省)などを通じて、低所得者層の生活実態とこれを取り巻く社会情勢、福祉需要の実態などについて整理しておく必要があります。また、生活扶助、医療扶助、その他の扶助等の動向など生活保護費と保護率の動向に関する知識も重要となります。

 第28回試験では、問われませんでしたが、第26回試験では、2001(平成13)年以降の生活保護の全体的な動向について、厚生労働省の「被保護者調査」から出題されています。第24回試験でも、貧困・低所得者の現状と生活保護の動向が問われ、生活保護の動向に関しては、過去にも出題されており、第22回試験では、「『生活保護の動向』(平成20年版)に見る近年(平成9年から18年)の生活保護の全国的な動向」に関する問題が出題されました。このような問題は、今後も出題される可能性が高いので、各扶助の扶助率なども確認しておいてください。具体的には、保護受給期間別被保護世帯数、年齢階級別被保護人員、市部・郡部別被保護世帯数、世帯人員別被保護世帯数、入院・入院外別医療扶助人員の統計に関する問題が出題されました。

 また、第27回試験では、貧困と格差に関する基礎知識を問う問題が出題されました。また、第23回試験では、現在の動向だけでなく、「我が国の公的扶助制度の沿革」に関する問題、つまり今までの公的扶助制度の変貌や推移を重ねた歴史について問う問題が出題されました。具体的には、恤救規則(1874(明治7)年)、救護法(1929(昭和4)年)、旧生活保護法(1946(昭和21)年)の内容が問われました。ちなみに、現行の生活保護法は、1950(昭和25)年に誕生します。整理していないと解けない問題でした。必ず歴史も確認しておいてください。

 以上のことから、公的扶助制度の沿革をはじめ、生活保護の動向については、一度必ず確認しておいてください。