メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

教えて!受験勉強Q&A

合格者の体験談や編集部からのアドバイスを中心に、みなさんから寄せられた資格受験に関する質問にお答えするコーナーです。さあ、一緒に“合格”を目指しましょう! 質問も募集しています。

【投稿募集】みなさんからの質問をお待ちしています!

相談したいことがある方はメールをお寄せください。サイト上で回答させていただきます。なお、内容を編集させていただく場合がありますことと、メール多数の場合はすべてのご質問にお答えできかねますことを、あらかじめご了承ください。

【質問方法】

本文に相談内容(できるだけ具体的に)、ハンドルネーム(掲載時に使用)をご記入のうえ、下記のメールアドレスまでお送りください。

【メールアドレス】

kaigofukushi@caresapo.jp

※投稿いただいた内容は当サイト以外の目的には使用いたしません。

模擬試験は早めに受けても効果があるのでしょうか?(2018年8月31日)

 模擬試験を受けようと考えていますが、まだ本格的に勉強を始めたとは言いにくい状況なので、ためらっています。やはり、受験間近になって自信がついてから受けに行ったほうがよいのでしょうか?

(たいしさん)

模擬試験をその後の勉強に生かすという手もあります

 「模擬試験でボロボロならへこむだけだし、先に受けてもしょうがないんじゃないか」と、ためらってしまう人もいますよね。そこで、早い時期に模擬試験を受けた方のお話をお伝えします。

 模擬試験を1回受けたというKさんは、「ほとんど試験勉強をしていない時期に受けてひどい点数を取りました。でも、受けた結果、自分の取り組むべきことが明らかになって、かえってやる気が出ました」といいます。

 何度か模擬試験を受けられたNさんは、「わたしは、受けた模擬試験のほとんどがE判定で、最高でもD判定でした。でも、受けた模擬試験や過去問を利用して知識を整理して作ったオリジナルの参考書が勉強に役立ちました」といいます。

 たとえ模擬試験の点数が低くても、本番の試験で合格点に達していればいいわけです。お話をしてくださったお二人も決して自信満々で模擬試験を受けたわけではないようですが、本番の試験ではしっかり合格点以上の点数をとっています。

 本番直前に自信を深めるために模擬試験を受けるのもいいですが、お二人のように模擬試験をその後の勉強にうまく活かすのもよいですね。

 模擬試験には、早い時期に実施されるものと直前期に実施されるものがあります。また1回だけではなく、3回、4回と模擬試験を受ける方が多いようです。複数回の模擬試験を受けて復習教材として活用するのも、受験戦略の1つなのですね。