メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

私はこうして合格しました!

国家試験を突破して晴れて社会福祉士の資格を取得した皆さんに、効果的な勉強法や仕事をしながら勉強を続けるコツ、資格を仕事に活かす展望などについてうかがいました。

中央法規の『社会福祉士受験対策セミナー(実力アップ講座/最終チェック講座)』
 社会福祉士国家試験は出題範囲が広くて手に負えないと感じていませんか? 
国家試験を長年分析してきた講師陣が合格につながるポイントを解説します!
  • 実力アップ講座
    東京会場:11/18 (土)[専門]、19 (日)[共通]
         11/25 (土)[専門]、26 (日)[共通]
    仙台会場:12/ 9 (土)[専門]、10 (日)[共通]
    福岡会場:12/16 (土)[専門]、17 (日)[共通]
    大阪会場:12/23 (土・祝)[専門]、24 (日)[共通]
  • 最終チェック講座
    東京会場:12/23 (土・祝)[専門]、24 (日)[共通]
    大阪会場:2018 /1/6 (土)[専門]、7 (日)[共通]
詳細・お申し込みはこちらから

第81回 K・Aさん

第81回 K・Aさん
医療ソーシャルワーカー

見出しリンク

K・Aさんが使った参考書

社会福祉士国家試験受験ワークブック(専門科目編)
社会福祉士国家試験受験ワークブック編集委員会=編集
中央法規出版
社会福祉士・精神保健福祉士国家試験受験ワークブック(共通科目編)
社会福祉士・精神保健福祉士国家試験受験ワークブック編集委員会=編集
中央法規出版
社会福祉士国家試験模擬問題集
一般社団法人日本ソーシャルワーク教育学校連盟=編集
中央法規出版

K・Aさんの合格までの道のり

日程勉強内容等
4月~大学の対策講座(週2回)
大学の対策講座で配布された問題(過去問・模擬問題)を中心に勉強
9月模試(日本社会福祉士会)
10月卒業論文完成
本格的に勉強開始
11月過去問を4年分解く
12月模試(社養協(現・ソ教連))
科目別に過去問を5回解く
ワークブックの一問一答を繰り返し解く
1月試験本番
2月就職活動開始
3月合格発表♪
4月就職内定

K・Aさんが考える必勝3か条
  • 覚悟を決める
  • 絶対できると信じる
  • 最後まで諦めない

受験をしようと決めたきっかけ

 母が資格取得をすすめてくれていたのですが、正直な話、私は大学に入学しても福祉に興味がもてずにいました。大学も毎日辞めたいと1・2年生の頃は泣いてばかりいました。

 そして、そんなふうに過ごすなかで、とても大切な人が自殺で亡くなりました。その人を救いたかったし、その人の家族も救いたかったのに、私は何もできませんでした。

 何ができるかはこれから考えるとして、「自殺を防ぎたい」「こういう悲しい思いをする人(家族や友達)を支えたい。たとえ、そうなっても残された人が生きていけるようにしたい」と考えるようになりました。そのためには、「人を支える福祉の専門職に就かねば」「資格は何が何でも取らねば」と一発奮起しました。

 現在、日々の業務に追われるなか、ソーシャルワーカーとして何ができるのか模索しています。

具体的な勉強方法

 大学でも試験対策はありましたが、本格的に試験勉強をはじめたのは10月からでした。

  • (1)まずは過去問を4年分解くことからはじめました。
    間違えたり、わからないことはワークブックに戻り、マーカーで確認したり、補足は付箋に書いて貼ったりという作業を行いました。
  • (2)今度は科目別に過去問を解きました。合計で5回は解いたと思います。
    間違えた箇所は、大きく紙に書いて家の至る所に張り、いつでも目にふれる環境にしました。家にいるときは、声に出して勉強していました。
  • (3)移動中は手軽に持ち運べる暗記ブックを繰り返し、繰り返し見ていました。
  • (4)追い込み時期は、新しいことには手を出さず、ワークブックの一問一答を繰り返し解きました。

 たくさんの参考書に手を出すより、たとえ薄くても1冊を完璧にすることがよかったと思います。

 また、年表で歌をつくったり、覚えやすいゴロを考えたら友達と教えあったりしていました。

息抜きも大切!

 私の場合は、週に1回友だちや先輩と飲みに行って、必ず息抜きをしていました。先輩からは職場での話も聞けて、ベタですが勉強に向けてやる気が出ました。

 遊ぶときは、思いっきり遊んでいいと思います。

試験当日や前日に気を付けたこと(気を付けるべきこと)

  • ○ 手洗い・うがいなどの健康管理
  • ○ 試験前日に会場の下見、忘れものチェック
  • ○ 当日の試験では、わからない問題はしょうがないけれども、少しでもわかる問題は確実にものにしようと決めて臨みました。

現在の仕事について

 ケアミックスの病院で、ソーシャルワーカーをしています。主に回復期を担当しており、入院中の不安や心配事、退院後の生活について相談に対応しています。

これから受験する方へ一言

 皆さんが言われているように、やはり早めに勉強をはじめることが一番いいのかなと思います。自分に合った勉強方法をみつけて、模試は必ず受けるようにしてください。

 試験勉強はたいへんですが、支えてくれる家族・友人・恩師が周りにいると思います。最後まで諦めずに、がんばってくださいね。応援しています。

【前の記事】

第80回 U.Rさん

【次の記事】

第82回 Uさん