メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

今週の穴埋め問題

今週の穴埋め問題(06月30日)

社会調査の基礎

 確率理論により、母集団から標本を無作為に抽出する方法を無作為抽出法といい、すべての対象が標本に選ばれる確率が等しい。その種類として、単純無作為抽出法、 系統抽出 法、層化抽出法、 多段抽出 法などがある。

相談援助の基盤と専門職

 イギリスでは、1601年に エリザベス救貧法 が完成した。貧民を労働能力の有無を基準に、(1) 有能 貧民、(2) 無能力 貧民、(3) 児童 の3種類に分け、就労を強制したり、教区徒弟として送り出した。

相談援助の理論と方法

 ハートマンは、生態学的視点から、社会資源や ソーシャルサポートネットワーク 、利用者などについて記載するものとして エコマップ を考案した。

もっと問題を解きたい人は合格アプリ!

社会福祉士合格アプリ2018 過去問題+一問一答+模擬問題+穴埋め

社会福祉士合格アプリ2018
過去問題+一問一答+模擬問題+穴埋め

毎年大好評の社会福祉士受験対策アプリの最新版!
多彩な問題で試験対策は万全!
  • ダウンロードはこちらから
    App Store
    Google Play