メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

張先生の受験対策講座

張 百々代(はり ももよ)

受験勉強のガイド役となるのがこのコーナーです。受験対策のプロである張(はり)先生が、あなたの合格までの道のりをサポートします。

プロフィール張 百々代(はり ももよ)

精神保健福祉士・社会福祉士。児童養護施設、老人福祉施設での勤務を経て福祉系専門学校講師に。
現在は受験対策講座講師、各大学での受験対策に従事しており、第三者後見人として精神障害者・知的障害者の成年後見活動にも携わっている。

第11回 心理学理論と心理的支援

 皆さんこんにちは。お元気ですか。梅雨入りし、天候が変化しやすく落ち着きませんが体調管理に留意しながら、合格を目指して頑張っていきましょう。今回は、共通科目の第2回目で「心理学理論と心理的支援」を取り上げていきます。ではまず、前回の課題の解説をしておきましょう。

第20回 精神保健福祉士国家試験 「人体の構造と機能及び疾病」

問題3 世界保健機関(WHO)の活動に関する次の記述のうち、正しいもの1つ選びなさい。

  • 1 アルマ・アタ宣言では、プライマリヘルスケアの重要性が示された。
  • 2 リハビリテーションという言葉を初めて用いた。
  • 3 憲章前文の中で、健康とは、身体的、精神的、社会的、政治的に良好な状態であると定義した。
  • 4 国際疾病分類であるICIDHを策定した。
  • 5 健康寿命とは、健康上の問題で制限されることなく仕事ができる期間と定義した。

正答1

解答解説

  • 1 正しい。アルマ・アタ宣言は、1978年に、ソビエト連邦のアルマ・アタにおいて、WHOとユニセフが開催した国際会議によって採択された、健康に関する宣言です。プライマリヘルスケアとは、「西暦2000年までにすべての人に健康を」という目標を達成するための世界戦略として打ち出された理念で、地域のニーズや健康のための基礎的な環境の整備を、行政と地域社会のすべての個人や家族の全面的な参加により実現しようとする考え方です。
  • 2 誤り。WHOは、1981年に、リハビリテーションの定義を示しましたが、リハビリテーションという用語は、すでにそれ以前から各国で使用されていました。WHOが示したリハビリテーションの定義は、「リハビリテーションとは、能力障害あるいは社会的不利を起こす諸条件の悪影響を減少させ、障害者の社会的統合を実現することを目指すあらゆる手段を含む」となっており、「リハビリテーションは障害者が環境に適合するための訓練を行うだけではなく、障害者の社会的統合を促すために全体としての環境や社会に手を加えることも目的とする」と、個人の能力障害を減少させる訓練だけではなく、社会的不利を起こす、環境や社会の変化をも含めた概念としてとらえていることが特徴です。
  • 3 誤り。WHO憲章の前文では、「健康とは、単に病気でないとか、弱っていないということではなく、身体的にも、精神的にも、社会的にも、すべてが満たされた完全に良好な状態にあることである」と健康を定義しています。私たちは健康というとき、身体的に病気ではないこと、と考えがちですが、このWHO憲章では、健康を、病気ではないというだけではなく、身体的、精神的、社会的にすべてが満たされた完全に良好な状態と定義しているのが特徴です。
  • 4 誤り。WHOが制定したICIDH は、「国際障害分類」です。「International Classification of Impairments,Disabilities,and Handicaps」すなわち「機能障害、能力障害(能力低下)、社会的不利の国際分類」のことです。1980年に障害に関する分類として開発されたもので、障害を、原因と結果という因果関係でとらえています。これに対して、環境の影響も分類の視点に入れるべきであるという批判がうまれ、2001年に、国際生活機能分類「International Classification of Functioning,Disability and Health:ICF」が開発されました。ICFは、生活機能に焦点を当て、全体的な健康状態を把握しようとする分類です。選択肢の「国際疾病分類」は、「疾病及び関連保健問題の国際統計分類:International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems:ICD」のことで、死因や疾病の国際的な統計基準として出されているもので、現在は最新版の第10版が、「ICD-10」として出されています。
  • 5 誤り。健康寿命とは、健康日本21(第二次)で、「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間をいう」と定義されています。健康日本21(第二次)では、この健康寿命を延伸することを目標の一つに掲げ、平成34年度の目標として、「平均寿命の増加分を上回る健康寿命の増加」を、目標として掲げています。

 いかがでしたか。「人体の構造と機能及び疾病」では、心身の構造と機能、疾病と障害等もよく学習しておきましょう。では、今回の「心理学理論と心理的支援」について、出題基準と過去問の分析によって出題傾向を把握し、対策を立てていきたいと思います。