メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

張先生の受験対策講座

張 百々代(はり ももよ)

受験勉強のガイド役となるのがこのコーナーです。受験対策のプロである張(はり)先生が、あなたの合格までの道のりをサポートします。

プロフィール張 百々代(はり ももよ)

精神保健福祉士・社会福祉士。児童養護施設、老人福祉施設での勤務を経て福祉系専門学校講師に。
現在は受験対策講座講師、各大学での受験対策に従事しており、第三者後見人として精神障害者・知的障害者の成年後見活動にも携わっている。

第2回 本試験までの学習方法について

 皆さんこんにちは。新年度を迎え、新たに大学4年生になった方、新しい職場に配属された方、受験資格を得るために養成校に入学された方、現場で一層責任ある立場に立たれた方等、さまざまな形でお一人おひとりが新たなスタートを切られたことと思います。

 大学生の皆さんは卒論や就職活動で、現場で働いておられる方は責任ある仕事との両立で、養成校の方は毎月のレポート提出やスクーリング、現場実習との両立で、指導的立場の方は部下の指導や運営管理、残業等との両立で、主婦の方は子育てと仕事と勉強の両立で、これから時間との戦いになるでしょう。健康に留意して、限られた時間のなか、効率よく合格できる力をつけていきましょう。

 皆さんの一人ひとりの置かれている状況は異なりますが、精神保健福祉士の国家試験の合格という目標は一つです。この受験対策講座が、これからの9か月、初受験の方にとっても、再チャレンジの方にとっても、ともに合格に向かって研鑽していける場になるよう、さまざまな角度から学習を支援していきたいと思っています。
 では今回は、試験までの学習方法と学習計画の立て方について取り上げていきましょう。

精神保健福祉士国家試験の性格

 まず、近年の精神保健福祉士の国家試験の結果から、精神保健福祉士の国家試験の性格と特徴を把握しておきましょう。
 前回もみましたが、第20回の合格率は、全科目受験者の場合62.9%、合格ラインは93点、得点率は57.1%でした。共通科目免除受験者の場合は、専門科目80点のうちの合格ラインは42点、得点率は52.5%でした。

 全科目受験生の合格率についてみてみると、第17回から、61.3%、61.6%、62.0%、62.9%となっており、わずかですが微増の傾向にあります。ただ、出題形式の変化や問題の難易度に大きな変化がない限り、合格率の約6割という状況は、今後も踏襲されるのではないかと思われます。

 合格ラインは、最も気になるところですが、第16回が81点、第17回が91点、第18回が86点、第19回が91点、第20回が93点でした。微増減を繰り返している状況といえるでしょう。

 合格ラインは、問題の難易度と受験生の実力、及び得点率をどの位置に設定するかによって変化します。得点率だけをみると、第16回が50%、第17回が56%、第18回が53%、第19回が55.8%と、第20回が52.5%と、50%から60%の範囲を推移しています。

 以上のことからいえることは、精神保健福祉士の国家試験は、全問のうち約6割が解ければ、合格できるということ、また10人のうち、6人は合格できるように、問題が作成されているということです。

問題構成と学習のポイント

 以上のことから、精神保健福祉士の国家試験に合格するためには、163問すべて解けなければいけないということではない、ということがおわかりいただけたと思います。つまり、163問すべてを正解する力は求められていないので、完璧を目指す必要はないということをまず確認しておきましょう。

 次に試験問題の構成について、見ていきましょう。問題の構成は、精神保健福祉士として、当然知っていなければならない基礎的な内容の問題が約5割、それらの知識を応用して実践で活かせるかどうかという、応用力を問う問題が約2割、新制度や時代の動向を正確に把握しているかという問題が約1割で、そのほかの約2割は、落とすための問題だと考えていいでしょう。

 つまり全問のうち30問近くは、いわゆる難問といわれる、落とすための問題も入っているということです。これは科目ごとに見ていくと、10点科目の場合は2問ほど、7点科目の問題は1問から2問は、解けなくてよい問題が入っているということになります。

 このような構成になっていますから、受験対策としては、必ず得点させるために作られている基礎的な内容を、十分に学習することが大切になります。そして、それらの知識を応用することができる力をつけていくこと、最後に新制度や時代の動向について、データ関係を含めてチェックする、という学習を行っていくのがよいでしょう。
 過去問を解いていく時、落とすためのいわゆる難問、落とし問といわれる問題に、時間をとられないように注意しましょう。

 また、特に共通科目は、暗記力ではなく、理解力が求められる傾向にあります。単純に言葉や人物・業績を暗記しても、それらの歴史的背景や意味、理論に対する理解がなければ、本試験に対応できる力にはなりません。是非、暗記する前にその内容を理解し、よく理解したらそのあと、知識を定着させるために暗記するという学習をしていってください。

学習の進め方

 学習の進め方にはいろいろあります。大きく分けて、テキストなどを最初から読み進めて、全体の概観を知ってから、問題を解いていく方法と、問題を解いてみて、問題の傾向を把握してから、テキストなどで理解を深めていくという2つの方法があげられるでしょう。

 それぞれの長所と短所があります。テキストを読み進めていく方法は、知識を満遍なく網羅して学習できるという長所はありますが、試験のために重要なポイントが何であるのかを把握することが難しいため、漫然とした学習になってしまうという恐れがあります。問題を解いてみて、傾向を把握してからテキストなどで理解を深めていくという方法は、ポイントを把握しやすい反面、問題に出ていない部分は見落としやすいという弱点があります。

 ではどのような学習が、より効率的で効果的なのでしょうか。これはどちらかだけというより、両方をうまく組み合わせて行うことが大切です。読んで理解することはインプットになります。理解したことについて、問題を解いて確かめることはアウトプットになります。このインプットとアウトプットを繰り返しながら、理解を深めていくことが、最も効率的で効果的でしょう。

 一つの方法として、まず一度、第20回の精神保健福祉士の国家試験を解いてみましょう。163問を一通り解いてみると、案外簡単だと思われる問題もありますし、聞いたことのない言葉や人物が出てきて戸惑うかもしれませんが、本試験のレベルを体験できます。試験問題は、社会福祉振興・試験センターに掲載されています。実際解いてみると、案外解きやすいと思った科目、全く歯が立たなかった科目に分かれるかもしれません。

 これから学習を進めていくに当たって、自分の得意と思われる科目と苦手に感じた科目を知っておくと、学習に対する時間配分を考えるうえで参考になります。苦手だと感じた科目は、他の科目より時間をかけていくとよいでしょう。

学習の展開の仕方

 では、これからの9か月間の学習の展開の仕方を考えていきましょう。試験までの9か月を、「4月~8月」「9月~11月」「12月~1月」と、大きく3つに区分しておくと、計画が立てやすいでしょう。

 4月から8月の期間は、17科目の基礎的な内容を満遍なく学習しておきましょう。17科目の全体を見通しておき、基礎的な知識をしっかりと身につけておく期間です。17科目で必要とされる知識量は膨大な量になります。基礎的な知識が合否をわける鍵になりますから、大変ですがこの期間に、しっかりとした基礎知識を習得しておくことをおすすめします。

 9月から11月にかけては、学習した基礎的知識を応用して、実際に解ける力にしていく必要があります。そのためには、この期間に模擬試験を受けたり、模擬問題集を解いてみることをおすすめします。この時期には、自分の弱点をしっかり把握し、弱点を徹底的に補強する期間にしましょう。

 12月から1月にかけては、最後の総仕上げの期間になります。もう一度、全体の科目を見直しましょう。得意科目と思っていても、うっかり抜けてしまったり、忘れてしまっているものがありますから、それらを丁寧に繰り返し見直し、覚えきれていない部分は、しっかり記憶に定着して、本試験で正確な解答を導き出せる力をつけていきましょう。

 この試験は、苦手科目だからといって1科目も捨てることはできません。0点科目を取らないことはもちろん、平均的に、すべての科目で6割以上は取れるようにしておくことが、合格のためには必要です。
 本試験は第20回と同様、2月の最初の土曜日と日曜日になると思われます。試験直前の週は、体調管理に専念できるように、学習計画からは外しておいたほうが良いでしょう。

具体的な学習計画

 この精神保健福祉士受験対策講座は、4月から8月下旬頃までは、専門科目、共通科目の順で、科目ごとに出題基準に沿って出題範囲と出題傾向を分析し、学習しておくべき基礎的な内容を確認していきます。9月頃から各科目の重点的な内容について、ポイントを絞って解説していきます。そして最後に、法改正や新制度を中心に、どうしても押さえておくべき内容を確認します。

 では、科目ごとの学習方法について考えてみましょう。試験問題は、必ず「○○に関する次の記述のうち」のように、一つのテーマをもって作成されています。科目ごとに過去問に取り組む場合、このテーマを常に意識しながら学習していくようにすると、分野ごとに、どのような出題がされているかを把握することができるようになります。過去3年分の過去問を、類似したテーマごとにまとめて3年分解いてみると、それぞれのテーマや分野について、どのポイントを学習しなければならないのかがわかってきます。

 最初は難しくてさっぱりわからず、霧の中を歩いているような感覚に襲われるかもしれませんが、わからない箇所は、解説を読んだり、手持ちのテキストで確認していくことを繰り返していくと、だんだん、視界が開けてくるという体験をすることができます。このときに、わからないことをわからないままにしないで、しっかり理解していくことを習慣化していくことがとても重要です。これを続けていくと応用力がつき、本試験の時のアウトプット力が格段に高くなります。

過去問の解き方

 過去問を解くときは、単に正答を選ぶことだけで満足することのないようにしましょう。テーマに沿って提示されている5つの選択肢の一つひとつをていねいに読み込み、正答である理由、誤りである理由をしっかり確認して理解し、誤りの選択肢については、正しい文章に直していく習慣を身につけましょう。そうすることによって、選択肢の一つひとつの内容を、正確に理解することができます。この理解力が応用力につながります。

 中央法規出版から、第18回から第20回までの3回分の精神保健福祉士国家試験問題の解答解説集や、受験ワークブックが発売されます。これらには出題基準が掲載されており、解答解説、説明等も非常に充実していますから、これらを活用して、過去問を解きながら内容を確認していくという学習方法は、とても力が付きます。

 また、中央法規出版から精神保健福祉士の模擬問題集が出されます。問題数も多く、内容も出題基準に沿って充実しており、解説も詳しく、新制度も反映していますから、本試験レベルの実力をつけるためには、最適です。一通り過去問を解いたら是非取り組んでみてください。

出題範囲

 最後に、精神保健福祉士試験の出題範囲についてみておきましょう。社会福祉振興・試験センターに、出題範囲と出題基準が公表されています。その出題基準にのっとって試験が作成されます。そのため、その内容をよく把握しておくことが大切です。受験対策の際、過去問はとても重要な資料ですが、出題基準をすべて網羅しているわけではありません。ですから、出題基準で学習しておかなければならない範囲をしっかり把握して学習して、出題範囲を網羅して押さえておくことが必要です。

 出題基準は大項目、中項目、小項目に分かれており、大項目は、中項目を束ねる見出しであり、科目全体の範囲を示します。中項目は、試験の出題内容となる事項で、試験問題はこの範囲から出題されます。小項目は、中項目に関する事項をわかりやすくするために例示したものですから、最低押さえておくべき内容で、これだけではないということも理解しておきましょう。
 また、出題基準以外からも、出題してよいことになっていますので、出題基準には載っていなくても、過去問で出題実績の高いものには注意をしておきましょう。

全国の受験生の皆さんと

 以上、学習計画の立て方と学習方法についてみてきましたが、お一人おひとり置かれた環境はそれぞれ異なり、学習の進度も異なると思います。最初は試行錯誤になると思いますが、ご自分に最も合った学習方法を、なるべく早く確立していきましょう。限られた時間でも、学習内容を絞って効率よく集中して学習することによって、十分合格する力を身につけることができます。

 この試験は科目数が多く出題範囲が広いため、一人で学習していると、時には壁にぶつかったり、自分との戦いに疲れてしまうことがあるかもしれません。この講座は、そのような全国の受験生の皆様と一緒に、合格まで一緒に励まし合いながら合格を勝ち取っていくことを目的としています。

 今回は、学習方法、学習計画、学習の範囲について一緒に考えてきました。次回からは専門科目について、科目ごとに出題範囲と学習のポイントを取り上げていきたいと思います。次回は、「精神疾患とその治療」を取り上げる予定です。
 では早速、学習計画を立ててみてください。