メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

張先生の受験対策講座

張 百々代(はり ももよ)

受験勉強のガイド役となるのがこのコーナーです。受験対策のプロである張(はり)先生が、あなたの合格までの道のりをサポートします。

プロフィール張 百々代(はり ももよ)

精神保健福祉士・社会福祉士。児童養護施設、老人福祉施設での勤務を経て福祉系専門学校講師に。
現在は受験対策講座講師、各大学での受験対策に従事しており、第三者後見人として精神障害者・知的障害者の成年後見活動にも携わっている。

第30回 現代社会と福祉

 皆さん、こんにちは。いよいよ試験までの期間が迫ってきましたね。だんだん緊張が高まってくる頃かと思います。この試験で大切なことは、曖昧な知識をたくさん詰め込むことではなく、確実な知識を着実に積み重ねていくことです。全体の科目のなかで、自分の弱点を知り、苦手な科目や苦手な分野をしっかりと把握して、焦らず丁寧に学習を積み重ねていきましょう。

 今回は、「現代社会と福祉」を取り上げます。現代社会は福祉政策を中心に、理論的な内容が多く、深い理解が求められますので、じっくり取り組んでいくことをおすすめします。今回はニーズと資源を中心に取り上げていきます。

 では最初に、前回の課題の解説をしておきましょう。

第19回 精神保健福祉士国家試験 「社会理論と社会システム」

問題20 社会的役割に関する次の記述のうち、最も適切なもの1つ選びなさい。

  • 1 役割適応とは、個人が他者との相互作用を通じて自我を内面化する過程である。
  • 2 役割期待とは、個人の行動パターンに対する他者の期待を指し、規範的な意味を持つ。
  • 3 役割演技とは、個人が様々な場面にふさわしい役割を無意識のうちに遂行することを意味する。
  • 4 役割葛藤とは、役割の内容が自分の主観と一致しないことによって生じる困難のことである。
  • 5  役割距離とは、個人の内部で異なる社会的役割が対立し、両立しない状態を指す。

正答2

解答解説

  • 1 誤り。役割適応とは、社会が求める役割期待にふさわしく、役割を遂行できるよう適応することです。役割適応のためには、社会から求められている役割モデルを正しく理解し、その役割モデルを遂行する力や、社会において複数の役割が求められている場合に、それらの複数の役割を、自らを適切にコントロールすることによって遂行する能力が求められます。役割を認知する力、自分が置かれた状況を判断する力、自分に求められている役割を遂行する総合的な能力についての概念であるといえるでしょう。
  • 2 正しい。ある個人に対して担うことを期待されている役割を、役割期待といいます。個人と他者とのの相互行為において、ある状況における行動パターンに対する、他者からの期待のことです。社会的な役割期待としては、社会的地位や職業的役割に期待する役割のことをいい、上司は上司としての、部下は部下としての、教師は教師としての役割が期待されているような地位や役割に対する期待をいいます。
  • 3 誤り。役割演技とは、人々が社会生活の場面ごとに求められる役割期待に対して、無意識のうちに遂行するのではなく、適切に意識的にその役割を演じていくことをいいます。ゴッフマンは演劇の観点から、社会学にドラマ的方法という概念を導入し、人々の行動を役割演技として捉えました。個人の行動は、時間や場所、行動を見ている人々によって規定されるパフォーマンスになるとし、行為者は、その行為を見ている人に対して、行為者として求められている役割としての演技を行うとしました。行為者は、自分が相手にどのように見られているのか、あるいはどのように見られたいのかということを意識しながら、相手に与える印象を考えながら行動するとして、これを印象操作という概念で提示しました。
  • 4 誤り。役割葛藤とは、一人の人が、同時にいくつかの役割をもつ時、内的葛藤が生まれることをいいます。たとえば、一人の人が、家庭における父親であり、会社では部長であった場合、その人のなかでそれぞれの役割が葛藤をもたらすようなことです。役割の内容が自分の主張と一致しないことによって生じる困難なことではありません。
  • 5 誤り。役割距離とは、他者から期待される役割とは距離を置いて、少し期待からずらした形でその役割を遂行することをいいます。役割から距離を置くことによって、自己の主体性を表現することができます。社会の期待に対して、自分自身が取りたい役割という、役割に対する自律性を示すこともできます。期待された役割だけにとどまるのではなく、期待される役割を遂行しながら、ゆとりを示したり、緊張を緩和するという効果もあります。

 いかがでしたか。「社会理論と社会システム」は、社会の広範囲の分野が対象になりますので、各分野をていねいに学習しておきましょう。では「現代社会と福祉」に入りましょう。今回は、ニーズと資源を中心に取り上げていきたいと思います。