メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

張先生の受験対策講座

張 百々代(はり ももよ)

受験勉強のガイド役となるのがこのコーナーです。受験対策のプロである張(はり)先生が、あなたの合格までの道のりをサポートします。

プロフィール張 百々代(はり ももよ)

精神保健福祉士・社会福祉士。児童養護施設、老人福祉施設での勤務を経て福祉系専門学校講師に。
現在は受験対策講座講師、各大学での受験対策に従事しており、第三者後見人として精神障害者・知的障害者の成年後見活動にも携わっている。

第28回 心理学理論と心理的支援

 皆さんこんにちは。受験の手続きも終わり、いよいよ本格的な体制で受験に取り組む方も多いことでしょう。学習時間の確保に悩んでいる方もいるでしょうが、効率よく必要な内容をもらさずに学習することができるよう、もう一度学習計画を見直して、確保できる学習時間とやるべきことを整理して、合格のための最も効果的な学習を進めていきましょう。

 今回は「心理学理論と心理的支援」を取り上げます。この科目は、範囲が広く慣れない用語が多いので、苦手とする受験生が多いようですが、自分の心理も含め身近な事柄として理解すると、大変興味深く学習することができます。今回は、適応機制について取り上げていきたいと思います。

 では最初に、前回の課題の解説をしておきましょう。

第19回 精神保健福祉士国家試験 「人体の構造と機能及び疾病」

問題4 感染症に関する次の記述のうち、正しいもの1つ選びなさい。

  • 1 疥癬の他者への感染を予防するために、患者の使用した食器の消毒を行う。
  • 2 結核は、空気中に浮遊する病原菌を吸入することで感染する。
  • 3 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)は、水や食べ物を通して感染する。
  • 4 デング熱は、マダニを介して感染する。
  • 5 C型肝炎ウイルスの感染予防には、ワクチンが実用化されている。

正答2

解答解説

  • 1 誤り。疥癬は接触感染なので、患者の使用した食器の消毒では予防できません。予防のためには、寝具、衣類などを消毒する必要があります。疥癬は、疥癬虫(ヒゼンダニ)が皮膚の角質層に寄生するために強いかゆみを呈する疾患で、このヒゼンダニが皮膚から離れて寝具や衣類に付着し感染源となるので、患者が使用した衣類や寝具を50℃以上のお湯に10分以上浸すか、大型の乾燥機で20~30分処理すれば死滅します。
  • 2 正しい。結核は、結核菌によって身体の各部位に炎症を発症する感染症です。結核菌は空中に浮遊し、この病原菌を吸入することで感染する空気感染です。胸部エックス線や喀痰検査で診断し、抗結核薬による治療を行います。感染予防のためには、排菌している患者は入院治療を行うことが大切です。
  • 3 誤り。ヒト免疫不全ウイルス(HIV)は、性的接触、出産や授乳による母子感染、注射器の使い回しなどによる血液感染等、血液や体液を介して感染します。このヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染による免疫不全を起こす状態をエイズ(AIDS)といいます。適切な治療を受けないと、全身性の免疫不全により、日和見感染症や悪性腫瘍を引き起こします。ヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染しても、エイズ(AIDS)はすぐに発症せず、感染初期、無症状期を経て発症しますが、現在は適切な服薬により、発症や症状を遅らせる等、抑制することができるようになっています。
  • 4 誤り。デング熱は、ネッタイシマカなどの蚊によって媒介されるデングウイルスの感染症です。発熱、頭痛、結膜充血、全身の筋肉痛、骨関節痛、全身倦怠感等を症状とし、発症後3~4日後に胸部、体幹からはじまる発疹が出現して、顔面や四肢にも広がります。予防接種や有効な治療薬は、現在の所まだ開発されていないので、長袖、長ズボン、蚊の忌避剤等の使用による予防が必要です。
  • 5 誤り。C型肝炎ウイルスの感染予防のためのワクチンは、まだ実用化されていません。C型肝炎は、感染している人の血液や体液を介してC型肝炎ウイルスに感染することにより起こる肝臓の病気です。C型肝炎ウイルスに感染すると、5~8割が慢性化し、肝硬変、肝がんに進行するケースが多く、約7割近くが慢性肝炎を発症します。その後肝硬変から肝臓がんに進行することもあります。わが国の肝臓がん患者の約7割はC型肝炎ウイルス感染者です

 いかがでしたか。「人体の機能と構造及び疾病」では、このほか、身体・精神の成長と発達、老化による身体の変化、疾病と障害の概要、健康づくりと生活習慣病対策などもよく学習しておきましょう

 では、「心理学理論と心理的支援」に入っていきましょう。この科目は、欲求・動機づけと行動、感覚・知覚・認知、学習・記憶・思考、人格・性格、集団、適応、発達、ストレス、心理検査、心理療法等の分野があります。

 今回は、適応機制について取り上げていきたいと思います。