メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

張先生の受験対策講座

張 百々代(はり ももよ)

受験勉強のガイド役となるのがこのコーナーです。受験対策のプロである張(はり)先生が、あなたの合格までの道のりをサポートします。

プロフィール張 百々代(はり ももよ)

精神保健福祉士・社会福祉士。児童養護施設、老人福祉施設での勤務を経て福祉系専門学校講師に。
現在は受験対策講座講師、各大学での受験対策に従事しており、第三者後見人として精神障害者・知的障害者の成年後見活動にも携わっている。

中央法規の
『精神保健福祉士受験対策セミナー(実力アップ講座/最終チェック講座)』
 精神保健福祉士国家試験は難解な問題ばかりと感じていませんか? 
合格ラインを超える効率的な学習方法をお伝えします!
  • 実力アップ講座
    東京会場:11/18 (土)[専門]、19 (日)[共通]、26 (日)[共通]
    大阪会場:12/ 9 (土)[専門]、24 (日)[共通]
  • 最終チェック講座
    東京会場:12/23 (土・祝)[専門]、24 (日)[共通]
    大阪会場:2018 /1/7 (日)[共通]、8 (月・祝)[専門]
詳細・お申し込みはこちらから

第19回 保健医療サービス

 皆さんこんにちは。試験まであと約6か月になりましたね。受験の手続きを進めていきましょう。学習は進んでいますか。忙しいなかでなかなか時間をとることが困難な方が多いと思いますが、短い時間でも、集中的にポイントを絞った効率的な学習で、力をつけていきましょう。

 今回は「保健医療サービス」を取り上げます。医療介護総合確保推進法の制定等、地域における医療と福祉の連携、地域医療推進のための制度改正等が進められています。地域医療のための諸制度には、注意して学習しておきましょう。

 ではまず、前回の課題の解説をしていきたいと思います。

第19回 精神保健福祉士国家試験 「低所得者に対する支援と生活保護制度」

問題66 現行の生活保護基準に関する次の記述のうち、正しいもの1つ選びなさい。

  • 1 生活扶助基準第一類は、所在地域によらず設定されている。
  • 2 生活扶助基準第一類は、男女の性別ごとに設定されている。
  • 3 生活扶助基準第一類は、年齢によらず設定されている。
  • 4 生活扶助基準第二類は、世帯人員別に設定されている。
  • 5 生活扶助基準第二類は、生活保護の受給期間に応じて設定されている。

正答 4

解答解説

  • 1 誤り。第1類基準生活費の基準額は、所在地域別に定められています。所在地域別は、3級地6区分制をとっています。全国を1級地、2級地、3級地に分け、それぞれをさらに2区分し6区分になっています。これは、所在地域別に物価などに違いがあることなどによるものです。
  • 2 誤り。第1類基準生活費においては、性別による設定はありません。1985(昭和60)年までは、性別による設定がされていましたが、性別による必要栄養摂取量の差は縮まっているという考え方により、それ以降は性別による設定は、廃止されています。
  • 3 誤り。第1類基準生活費の基準額は、年齢は0~2歳、3~5歳、6~11歳、12~19歳、20~40歳、41~59歳、60~69歳の8区分に分かれています。これは、年齢による必要栄養摂取量が異なるという考え方によります。また、第1類基準額は、世帯人員別に、逓減率が設けられています。逓減率とは、世帯人員が増える程、世帯単位で算定する食費等が、逓減するという考え方によるものです。
  • 4 正しい。第2類基準生活費は、世帯単位で算定される費用で、光熱水費や家具什器費の必要に対して、需要を満たすための費用です。これらは、世帯人員別、所在地域別に定められています。またこれに、地区別冬季加算が寒冷地の3級地6区分の各区分ごとに定められている額が、加算されます。
  • 5 誤り。生活扶助の第2類基準生活費の設定は、生活保護の受給資格期間とは全く関係ありません。生活扶助の第2類基準生活費の設定も同様です。

 いかがでしたか。「低所得者に対する支援と生活保護制度」は、生活保護制度とともに、生活保護の動向、自立支援プログラム、生活福祉資金貸付制度、ホームレス対策等の基礎的内容等についても整理しておきましょう。

 では、今回の「保健医療サービス」を取り上げていきたいと思います。出題基準と近年の出題試験の傾向を分析しながら、対策を考えていきましょう。