メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

張先生の受験対策講座

張 百々代(はり ももよ)

受験勉強のガイド役となるのがこのコーナーです。受験対策のプロである張(はり)先生が、あなたの合格までの道のりをサポートします。

プロフィール張 百々代(はり ももよ)

精神保健福祉士・社会福祉士。児童養護施設、老人福祉施設での勤務を経て福祉系専門学校講師に。
現在は受験対策講座講師、各大学での受験対策に従事しており、第三者後見人として精神障害者・知的障害者の成年後見活動にも携わっている。

第32回 福祉行財政と福祉計画

 皆さん、こんにちは。今回は、「福祉行財政と福祉計画」を取り上げます。この科目は大きく分けて、行政の体系、地方自治法における行政組織、対象分野における機関と役割、行政における専門職、国と地方の福祉財政の実態、各法律を根拠とした福祉の行政計画という分野に分類されます。今回はこのうちの、福祉計画の分野を取り上げていきたいと思います。
 では、前回の「地域福祉の理論と方法」の課題の解説をしておきましょう。

第18回 精神保健福祉士国家試験 「地域福祉の理論と方法」

問題35 2014年(平成26年)の介護保険法の改正に伴って設けられた、地域に関係する主体の記述として、正しいもの1つ選びなさい。

  • 1 「生活支援コーディネーター」(地域支え合い推進員)は、サービス提供主体の間の連携を推進するとともに、新たなサービスを創出する役割を期待されている。
  • 2 介護支援専門員は、生活支援・介護予防に関する多様な関係主体間の定期的な情報収集及び連携・協働による取組を推進することが求められている。
  • 3 介護予防・日常生活支援総合事業では、住民、NPOなどの多様な主体による自主的な活動は想定されていない。
  • 4 「認知症初期集中支援チーム」は、認知症サポーターから構成されている。
  • 5 地域ケア会議では、地域包括支援センターと連携して都道府県レベルで、多職種協働による地域のネットワークを構築することが求められている。

正答1

解答解説

  • 1 正しい。生活支援コーディネーターの役割は、生活支援の担い手の養成、サービスの開発、関係者のネットワーク化、ニーズとサービスのマッチング等です。市町村が定める活動区域ごとに、関係者のネットワークや既存の取組・組織等も活用しながら、コーディネート業務を実施することによって、地域における生活支援等サービスの提供体制の整備に向けた取組を推進します。
  • 2 誤り。介護支援専門員は、介護保険制度において介護支援を行い、要支援・要介護認定を受けた人からの相談に応じる者で記述には該当しません。記述は、協議体に関する説明です。協議体は、生活支援等サービスの体制整備に向けて多様な主体の参画が行われるように、多様な主体間の情報共有及び連携・協働による資源開発等を推進することが求められています。
  • 3 誤り。介護予防・日常生活支援総合事業では、NPO、ボランティア、地縁組織、協同組合、民間企業、社会福祉法人、シルバー人材センター等による自主的な活動のネットワーク化を推進しています。地域の実情に応じて、住民等の多様な主体が参画し、多様なサービスを充実することによって、地域の支え合いの体制づくりを推進し、要支援者等に対する効果的かつ効率的な支援等を可能とすることを目指しています。
  • 4 誤り。認知症初期集中支援チームは、一定の要件を満たした医療福祉関連の専門職2名以上と一定の要件を満たした医師1名以上の計3名以上で構成されます。医師の指導の下、複数の専門職が家族の訴え等により認知症が疑われる人や認知症の人とその家族を訪問し、観察や評価することにより、家族支援等の初期の支援を包括的、集中的に行って、自立生活のサポートを行います。
  • 5 誤り。地域ケア会議は、市町村レベルで、地域包括支援センター等と協力して、多職種協働による個別事例の検討等を行い、地域のネットワーク構築、ケアマネジメント支援、地域課題の把握等をすることが求められています。個別ケースについて、多職種、住民等の地域の関係者間で検討を重ね、地域の共通課題を関係者で共有し、課題解決に向け、関係者間の調整、ネットワーク化、新たな資源開発、施策化を、ボトムアップで図っていく仕組みです。

 いかがでしたか。「地域福祉の理論と方法」では、社会福祉協議会やコミュニティ論、特定非営利活動法人、民生委員、共同募金、地域の各分野における住民参加、住民主体の実際、地域福祉における専門職等についてもよく学習しておきましょう。
 では、今回の「福祉行財政と福祉計画」に入っていきましょう。

 今回は、福祉計画について取り上げていきたいと思います。福祉計画については、その意義と目的、住民参加の意義、福祉行財政との関係、福祉計画の主体、福祉計画の種類とその内容、福祉計画の策定過程、策定方法、福祉計画の評価等を学習しておきましょう。
 今回は、福祉計画に盛り込むべき内容に焦点をあててみていきたいと思います。

では最初に、老人福祉計画を見ていきましょう。