メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

張先生の受験対策講座

張 百々代(はり ももよ)

受験勉強のガイド役となるのがこのコーナーです。受験対策のプロである張(はり)先生が、あなたの合格までの道のりをサポートします。

プロフィール張 百々代(はり ももよ)

精神保健福祉士・社会福祉士。児童養護施設、老人福祉施設での勤務を経て福祉系専門学校講師に。
現在は受験対策講座講師、各大学での受験対策に従事しており、第三者後見人として精神障害者・知的障害者の成年後見活動にも携わっている。

第27回 人体の構造と機能及び疾病

 皆さんこんにちは。今回から共通科目に入ります。今回は「人体の構造と機能及び疾病」を取り上げます。この科目では、人体の各構造とそれぞれの機能を理解し、それらの機能が障害されたとき、どのような疾病を引き起こすかを押さえておきましょう。また、疾病と障害の概要、老化と生活習慣病などもよく学習しておきましょう。今回は、DSM―5について取り上げていきたいと思います。
 では最初に、前回の課題の解説をしておきましょう。

第18回 精神保健福祉士国家試験 「精神障害者の生活支援システム」

問題76 Dさんは、精神科病院を退院し、単身生活を継続して10年になる。退院当初は一般就労を試み、必死になって、発病前の生活スタイルに戻そうとした。しかし、1年前に、デイケアで知り合ったEさんが、自分に合った暮らし方をしている姿を見て、「これだ」と思った。ただ一方で、迷う気持ちもあった。そこで、退院して以降、継続的に相談をしているF精神保健福祉士に対して、自身の思いを吐露した。すると、F精神保健福祉士は、「人は社会生活をする中で、多くの事柄に遭遇し、以前とは異なる暮らし方になることもあるでしょう。でも、大事なこととして、人は置かれている現状の中で、いかに自らが納得できる、自分なりの生き方を見いだせるかが重要だと思うんです」と話した。

 次のうち、F精神保健福祉士がDさんに話した生活支援の理念やモデルとして、適切なもの1つ選びなさい。

  • 1 IPS(Individual Placement and Support)モデル
  • 2 リカバリー
  • 3 クラブハウスモデル
  • 4 ジョブコーチモデル
  • 5 ソーシャルファーム

正答2

解答解説

  • 1 誤り。IPSモデルは、Individual Placement and Supportの頭文字をとった略で、「個別職業紹介とサポートによる援助付き雇用」という意味で、個別の就労支援と個別の職場定着支援を中心としたモデルです。この事例では、就労支援を中心にしているというよりは、自分が納得できる自分なりの生き方ということが取り上げられているので、該当しません。IPSモデルは、重い精神障害をもつ人であっても、本人の興味や強みにあわせて職場を選び、働きたいという気持ちを最優先し、重度障害であっても一般就労を目指すモデルです。
  • 2 正しい。リカバリーとは、精神疾患によって失われた希望を取り戻し、自分の人生の主導権を自分の手に取り戻すこと、精神障害であるということに自分自身を定義するのではなく、新たな価値ある自分自身を見いだしていくことです。「疾患のために以前とは異なる暮らし方になることもあるでしょう。でも置かれた現状の中で、いかに自らが納得できる自分なりの生き方を見いだせるかが重要」という言葉に見られるように、リカバリーの理念を示しています。
  • 3 誤り。クラブハウスモデルは、クラブハウスの運営を、メンバーとスタッフが対等の関係で行うことが特徴です。この事例は、それらには該当しません。クラブハウスモデルは、精神障害者自身が、自ら運営にかかわっていくことを通して、自分自身が仲間の役に立つという経験を積み重ね、自信を取り戻すことができます。また、過度的雇用を通じて一般雇用につなげていくことも可能です。
  • 4 誤り。ジョブコーチモデルは、援助つき雇用モデルとして制度化されてきたものです。この事例は、職場適応のための内容ではないので該当しません。ジョブコーチモデルは、雇用前の職場実習における支援をはじめ、雇用後での職場への適応のために、障害特性に応じて仕事の手順ややり方をアドバイスしたり、事業主や上司、同僚に、障害者への理解を深めることができるよう援助し、障害者雇用についての助言を行う等によって、障害者の雇用と定着を支援するモデルです。
  • 5 誤り。ソーシャルファームは、障害者と支援者がともに事業を開発しながら、障害特性に応じた作業システムや作業環境を構築しながら、障害者の雇用を拡大し、障害者の社会参加を促進するモデルです。この事例は該当しません。ソーシャルファームは、一般企業と同じビジネスの手法で経営されますから、経営を成り立たせるためには、障害者支援の福祉的視点の側面と、企業経営の観点からの企業的手法の側面の両面が求められます。

 いかがでしたか。「精神障害者の生活支援システム」は、精神障害者が地域で生活していくうえで、援助者として知っておかなければならない様々な就労支援機関やその役割、居住支援などについても、十分学習しておきましょう。

 では今回の、「人体の構造と機能及び疾病」に入っていきましょう。今回は、DSM-5の分類概念と、統合失調関連障害等の定義について取り上げていきたいと思います。