メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

張先生の受験対策講座

張 百々代(はり ももよ)

受験勉強のガイド役となるのがこのコーナーです。受験対策のプロである張(はり)先生が、あなたの合格までの道のりをサポートします。

プロフィール張 百々代(はり ももよ)

精神保健福祉士・社会福祉士。児童養護施設、老人福祉施設での勤務を経て福祉系専門学校講師に。
現在は受験対策講座講師、各大学での受験対策に従事しており、第三者後見人として精神障害者・知的障害者の成年後見活動にも携わっている。

第22回 精神保健の課題と支援

 皆さんこんにちは。いよいよ9月になりました。まだまだ暑さが残りますが、学習時間等の制約がある中で、健康に留意しながら、学習の手ごたえを感じ取っていってください。

 今回は「精神保健の課題と支援」を取り上げます。この科目は、精神保健の様々な分野における法律や制度、また各分野の統計が出題されますので、専門科目の中でも苦手な受験生が多いのではないでしょうか。ただ、出題される分野はある程度決まっていますので、頻出分野に気をつけて学習しておくことで、十分対応できます。

 精神科病院の入院患者の実態等については、精神保健福祉資料や患者調査等で、必要な内容を押さえておきましょう。データについては、細かい数字を暗記するよりも、その数字の意味するところと、データの推移状況を理解しておくという学習方法がよいでしょう。

 ではまず、前回の課題の解説をしていきたいと思います。

第18回 精神保健福祉士国家試験 「精神疾患とその治療」

問題7 向精神薬とその作用に関する次の組合せのうち、正しいもの1つ選びなさい。

  • 1 炭酸リチウム ────────────────────────── 抗てんかん作用
  • 2 定型抗精神病薬 ──────────────────── ドーパミン受容体遮断作用
  • 3 非定型抗精神病薬 ────────────── アセチルコリンエステラーゼ阻害作用
  • 4 三環系抗うつ薬 ─────────────── 選択的セロトニン再取り込み阻害作用
  • 5 ベンゾジアゼピン系抗不安薬 ────────────── ヒスタミン受容体遮断作用

正答 2

解答解説

  • 1 誤り。炭酸リチウムには、抗てんかん作用はありません。炭酸リチウムは、中枢神経に作用して、感情の高まりや行動を抑える気分安定作用があるので、躁病や躁うつ病の躁状態、うつ病相の急性期などに使用されます。気分安定薬の中で抗てんかん作用があるのは、バルプロ酸ナトリウムやカルバマゼピンです。
  • 2 正しい。定型抗精神病薬は、脳内のドーパミン神経系の伝達を遮断する作用をもっており、ドーパミンの過剰な伝達を防いで、幻覚などの精神症状を改善させる働きがあります。この定型(第一世代)抗精神病薬には、クロルプロマジン(沈静効果)、ハロペリドール(抗幻覚)、スルピリドなどがあり、ドーパミン遮断作用により統合失調症の陽性症状に有効です。
  • 3 誤り。非定型抗精神病薬は、ドーパミンだけでなく、セロトニンやその他の神経伝達物質への作用をもっており、幻覚などの陽性症状に対する効果だけでなく、錐体外路症状などの副作用の発現が少ないのが特徴で、陽性症状だけでなく陰性症状にも効果が得られることがあるといわれています。代表的なものに、リスペリドン、パリペリドン、オランザピン等があります。アセチルコリンエステラーゼ阻害作用があるのは、抗認知症薬にある作用です。
  • 4 誤り。三環系抗うつ薬は、モノアミンの再取り込みを阻害することによって、セロトニンやノルアドレナリン等の、モノアミンが減少することを押さえる働きをします。副作用として抗コリン作用があり、口渇や排尿困難、眼圧上昇の副作用がみられます。選択的セロトニン再取り込み阻害作用があるのは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬で、三環系抗うつ薬にみられる、抗コリン作用などの副作用、あまりみられないのが特徴です。
  • 5 誤り。代表的なものにベンゾジアゼピン系抗不安薬があります。ベンゾジアゼピン系抗不安薬は、中枢神経系を抑制する作用があるため、脳内の活動が落ち着き、心の不安や緊張を和らげることができます。ヒスタミン受容体遮断作用がみられるのは、三環系抗うつ薬で、体重増加や眠気などがその代表的な症状です。

 いかがでしたか。「精神疾患とその治療」では、代表的な精神疾患の特徴的な症状とその治療方法や、精神科治療における人権擁護の視点をよく学習しておきましょう。

 では今回は「精神保健の課題と支援」の、「子どもの自殺が起きた時の緊急対応の手引き(平成22年)」(文部科学省)について取り上げていきたいと思います。

 子どもの自殺は、残された遺族、同じ学校に通っていた子どもや保護者、教職員等に大きな衝撃と影響を与えます。学校としてそれらにどのように対応し、後追い自殺やトラウマから守ることができるか、また、教職員に対して精神的なサポートができるか等、大変示唆に富んだ内容となっています。

 また、スクールソーシャルワーカーやスクールカウンセラーが、教育現場でどのような役割が求められているか、今後の精神保健福祉士に期待されているスクールソーシャルワーカーとしての役割を知っておくためにも、基本的に踏まえておくべき事柄であるといえるでしょう。