メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

張先生の受験対策講座

張 百々代(はり ももよ)

受験勉強のガイド役となるのがこのコーナーです。受験対策のプロである張(はり)先生が、あなたの合格までの道のりをサポートします。

プロフィール張 百々代(はり ももよ)

精神保健福祉士・社会福祉士。児童養護施設、老人福祉施設での勤務を経て福祉系専門学校講師に。
現在は受験対策講座講師、各大学での受験対策に従事しており、第三者後見人として精神障害者・知的障害者の成年後見活動にも携わっている。

第11回 心理学理論と心理的支援

 皆さんこんにちは。お元気ですか。天候が変化しやすく落ち着きませんが体調管理に留意しながら、合格を目指して頑張っていきましょう。今回は、共通科目の第2回目の「心理学理論と心理的支援」を取り上げていきます。ではまず、先週の課題の解説をしておきましょう。

第18回 精神保健福祉士国家試験 「人体の構造と機能及び疾病」

問題4 日本における健康施策に関する次の記述のうち、正しいもの1つ選びなさい。

  • 1 「健康日本21」(第二次)には,アルコール摂取に関する項目は含まれていない。
  • 2 8020運動は、乳幼児を対象としない。
  • 3 歯周疾患検診は、健康増進法に基づき実施されている。
  • 4 特定健康診査には、血圧測定は含まれていない。
  • 5 特定保健指導の目的は、健康診査の受診勧奨である。

正答3

解答解説

  • 1 誤り。「健康日本21」(第二次)には、アルコール摂取に関する項目が含まれています。健康寿命の延伸、健康格差の縮小、生活習慣病の発症予防と重症化予防の徹底、心身機能の維持及び向上、メンタルヘルス対策、栄養・食生活、身体活動・運動、休養、飲酒、喫煙及び歯・口腔の健康に関する生活習慣及び社会環境の項目が掲げられています。
  • 2 誤り。8020運動は、乳幼児を対象としています。「ライフステージに沿った予防とケア」を提唱しており、胎児期、乳幼児期、学童期、思春期、成人期、壮年期、老年期の、それぞれの予防とケアを提示しています。
  • 3 正しい。歯周疾患検診は、健康増進法における健康増進事業の一つとして実施されています。健康増進事業は、市町村を実施主体として行われており、健康手帳の交付、健康教育、健康相談、機能訓練、訪問指導等と共に、歯周疾患検診、骨粗鬆症検診、肝炎ウイルス検診、健康診査及び保健指導(主に生活保護受給者)、がん検診がその内容となっており、歯周疾患検診は検診項目の一つとなっています。
  • 4 誤り。特定健康診査は基本項目と詳細項目とからなっており、基本項目には、質問票(服薬歴、喫煙歴等)、身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)、血圧測定、理学的検査(身体診察)、検尿(尿糖、尿蛋白)、血液検査があり、血圧測定も入っています。
  • 5 誤り。特定保健指導の目的は、健康診査の受診勧奨ではなく、特定健康診査の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる者に対して、生活習慣を見直すサポートを行うことを目的としています。

 いかがでしたか。「人体の構造と機能及び疾病」では、心身の構造と機能、疾病と障害等もよく学習しておきましょう。では、今回の「心理学理論と心理的支援」を取り上げていきましょう。