メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

教えて!受験勉強Q&A

合格者の体験談や編集部からのアドバイスを中心に、みなさんから寄せられた資格受験に関する質問にお答えするコーナーです。さあ、一緒に“合格”を目指しましょう! 質問も募集しています。

【投稿募集】みなさんからの質問をお待ちしています!

相談したいことがある方はメールをお寄せください。サイト上で回答させていただきます。なお、内容を編集させていただく場合がありますことと、メール多数の場合はすべてのご質問にお答えできかねますことを、あらかじめご了承ください。

【質問方法】

本文に相談内容(できるだけ具体的に)、ハンドルネーム(掲載時に使用)をご記入のうえ、下記のメールアドレスまでお送りください。

【メールアドレス】

kaigofukushi@caresapo.jp

※投稿いただいた内容は当サイト以外の目的には使用いたしません。

中央法規の『介護福祉士受験対策セミナー(直前対策講座)』
 介護福祉士国家試験の本番前に不安を解消しませんか?
このセミナーで、「実務者研修で学んだ知識」に「試験で問われやすいポイント」を上乗せ!
的を絞って国家試験を突破するポイントを解説します!
  • 東京会場:2018 /1/13 (土)  
  • 大阪会場:2018 /1/14 (日)  


詳細・お申し込みはこちらから

どこから手をつければいいのかわかりません!(2016年9月30日)

 仕事の空き時間を使って自分なりに勉強していますが、範囲が広く、途方にくれてしまいます。

 問題集も解いたりしていますが、「あれもこれも」となって、どこから手をつけてよいのかわからなくなります。

 どうしたらいいのでしょうか?

まずは自分の特性を知る!

 試験科目が総合問題を含めて13科目(第29回国家試験から、試験科目として「医療的ケア」が追加されました!)なので、どこから手をつければいいか迷いますよね。

 そんなとき、まずは自分の得意・不得意科目を知ることからはじめましょう。

 ここでは、その方法をご紹介します。

  • (1)これぞ王道! まずは試験問題に挑戦
     自分の得意・不得意科目を把握するために、まずは『2017介護福祉士国家試験過去問解説集』を一通り解いてみましょう。そうすると、苦手科目と思っていたのに意外と点が取れる科目や、実はあいまいに覚えていた科目などが見えてきます。
     また、問題を解くときの自分のくせもわかってきます。文章を最後まで読まずに早とちりしてしまうとか、問題文を読むのに手間取って時間切れになってしまうとか。はたまた、マークシートの塗りつぶしが下手なんていう発見もあるかもしれません。
  • (2)一問一答で効率よく!
     試験問題はすでに解いたという方には、『速習 一問一答 介護福祉士国試対策2017』をおすすめします。特に、仕事と受験勉強の掛け持ちをしている人におすすめです。休み時間や移動時間を利用して、短い時間でできるのが一問一答です。以下、どんなふうに勉強するのか例を挙げるので、ぜひ試してみてください。

    ・1科目ごとや10問ずつと、自分でルールを作って解く!
    (「10分間で解けるだけ解く!」でもいいでしょう)
     答え合わせをしたら、次の科目や問題にすぐにとりかからずに、もう一度同じ問題を解いてみます。全問正解したら、次に進みます。何度も間違える問題や、○×の答えは覚えたけれど、用語の意味がわからないものなどはマーカーで印をつけておき、休みの日や時間のある時に調べたりして、自分なりのノートを作っていきましょう。

    ・記憶に残るように解く!
     夜寝る前に解いた問題を朝起きてもう一度解きましょう。忙しい人、記憶力に自信がない人におすすめです。一晩経ったら、忘れている問題もあるでしょうが、繰り返し解説を読めば、「あー、そうだった!」としっかり記憶に残っていくはずです。

 一問一答の長所は、短時間でできるところ、基本的に小さいサイズのものが多いので持ち運びが便利なところ、そして、すぐに○×と解説が読めるところです。

 実際の試験には、午前中が110分、午後が110分という時間制限があります。どんなに一生懸命勉強しても、時間が足りなくて解けない問題があった、というのはもったいないことです。一問一答で手っ取り早く自分の特性を知り、しっかり学習しつつ即答力を養ってはいかがでしょうか。

 もちろん、資格試験対策書には他にもいろいろな種類がありますので、ご自身の勉強法にあったものをお使いください。

 なお、けあサポの「私はこうして合格しました!」のコーナーでは、介護福祉士国家試験の合格者に、勉強法や使用した参考書などをインタビューしています。そちらも合わせて参考にしてみてください。

「けあサポ」編集部より