メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

石橋先生の受験対策講座

石橋 亮一(いしばし りょういち)

忙しい日々の中で効率よく勉強するにはどうしたら?とお悩みのあなたに、ぴったりのガイド役となるのがこのコーナーです。介護の現場にも詳しい石橋亮一先生が受験勉強のポイントを講義します。

プロフィール石橋 亮一(いしばし りょういち)

社会福祉法人同胞互助会にて特別養護老人ホーム、在宅介護支援センターに、株式会社ベネッセコーポレーションにてホームヘルプサービスなどに従事。
現在は、地域や学校、介護サービス事業者や施設の研修講師、アドバイザー、介護認定審査会委員、東京都第三者評価員、介護サービス情報の公表制度調査員などを兼務。介護福祉士などの受験対策講座も数多く行っている。 (介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員、福祉住環境コーディネーター2級、介護予防主任運動指導員)

第44回 第30回介護福祉士国家試験・筆記試験を振り返って(前半)

 昨年4月から先月まで、筆記試験の受験勉強をご一緒させていただいた石橋です。寒い中、日曜日の受験、本当にお疲れさまでした。

 全体の内容は、難解なものもありましたが、第25回以降の過去5回と、同じくらいの難易度と感じました。いずれの科目も、介護の仕事に必要な知識、技術、理念について、一通り出題されたという印象です。

 今回と次回の2回にわたり、筆記試験を振り返ってみようと思います。今回は、「午前」の問題です。なお、解答速報については、こちらをご覧ください。

人間の尊厳と自立

 利用者の自立を支援するにあたって、理解が求められる、今日の「自立」という考え方は、「障害者自身の選択による自己決定の尊重を主張している」自立生活運動(IL運動)によって登場したといわれています。また、利用者の尊厳を保持するためにも、適切な意思表明が難しい認知症などの利用者の立場にたって代弁する「アドボカシー」に関する事例問題は、正答できましたでしょうか。

人間関係とコミュニケーション

 利用者との関係を構築するためのコミュニケーションの基本として、「利用者の生活史(生活歴)を尊重する」ことは、利用者の生活を支援するという点でも、大事なことです。また、介護サービスの提供に際して実践が求められるコミュニケーション技術である「バイステックの7原則」において、「意図的な感情表出」とは、利用者が安心して自由に感情表現ができるよう、意図的にかかわることをいいます。

社会の理解

 介護福祉や保健医療などあらゆる生活場面を支援する、「社会保障」と総称される制度(法律)の知識が問われる、難解な本科目はいかがでしたか。まず、社会保障の根底にある、日本国憲法において、その第25条で定められている権利は「生存権」であることが、出題されました。

 そして、高齢者等が利用する介護サービスに直接かかわる介護保険制度について、今回も複数問出題されました。介護保険法第1条(目的)に規定されている内容には、「介護が必要となった者等が尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営めるよう、保険給付を行う」とあり、利用者の尊厳の保持や自立の支援は、法律にも明記されています。訪問介護にかかる事例問題において、介護保険制度下の介護サービスは、「介護支援専門員(ケアマネジャー)」が連絡調整を図り、手配する仕組みを知っていれば、解答できたかと思います。

 今日、地域包括ケアシステムの構築が唱えられる中、介護保険制度下の介護サービスの利用のような「共助」の他、「互助(地域福祉向上のための住民の支え合い)」も重要視されています。また、地域ケア会議の目的には、「個別ケースの課題分析等を行うことによる地域課題の把握」というものがあります。

 一方、障害者が利用する介護サービス等に適用される障害者総合支援法からは、オーダーメイドの「車いす」などに相当する、補装具について出題されました。

 その他、国民健康保険などを含む医療保険制度や、行政機関などに対して障害者への合理的配慮を義務付けている障害者差別解消法などついて、出題されました。法律もいろいろありますね。

介護の基本

 今回も前回(第29回)と同様、出題数は10問でした。

 介護にかかる基本的事項として頻繁に出題される、社会福祉士及び介護福祉士法(介護福祉士の業として、介護者に対する介護に関する指導が含まれる)、介護サービスの理解(看護小規模多機能型居宅介護は、看護と介護を一体的に提供する)、個人情報保護(個人情報の使用にあたり、本人や家族への説明と同意が不要となるケースがある)、リスクマネジメント(防災対策として、施設が作成する非常災害対策計画の内容は、職員間で十分に共有する)、介護職員の安全(ストレスチェック制度は、労働者のメンタルヘルス不調の未然防止が主な目的である)について、今回も出題されました。

 また、介護における自立に向けた支援に関する問題や、認知症の利用者の尊厳の保持にかかる事例問題など、実務経験とも結びつけた、テキストや過去問題解説集、本連載記事などを使った学習の成果は、出せましたでしょうか。

コミュニケーション技術

 「(利用者の)価値観を尊重する」受容などをふまえ、開かれた質問・閉じられた質問を使い分けるなど、コミュニケーション技術の基本を、日ごろから実践していますか。また、脳梗塞による運動性失語症や、抑うつ状態、アルツハイマー型認知症など、病気・障害別の、言語・非言語によるコミュニケーションのとり方を習得することも、大切ですね。

 職員間のコミュニケーションでは、「口頭での報告は、結論を述べてから事故に至る経過を説明する」といった介護業務の事故報告について、実際を思い起こしながら、正答できていればと思います。

生活支援技術

 今回も前回と同様、出題数は26問でした。

 利用者の安心・安全などに配慮した居室・寝室の環境整備や、自宅の清掃や洗濯といった家事の援助、保温効果を高めるための着衣の助言、片麻痺の利用者の立ち上がりや屋外での車いすによる移動の介助、入浴、排泄、食事の介助と関連する知識、昼夜逆転している利用者への介護、心不全の利用者への安眠の支援、終末期のケアなど、老化や病気・障害の特性に応じた、身体介護技術を中心とした生活支援のための技術や知識が、例年どおり幅広く出題されました。多くの設問について、現場経験などを通して解答できたことと思います。

 今回再確認した技術は、明日からの仕事で改めて活かしていきましょう。

介護過程

 「利用者の自己実現の支援」を目的とする介護過程に関して、利用者のアセスメント(介護福祉の知識を活用して情報を解釈する)、介護計画の立案(現実的で実践可能な内容にする)、計画に沿ったサービス提供などにかかる介護記録(事実はありのままに記録する)、介護過程の評価(支援の実施状況に関する情報を整理して、評価する)という、一連のプロセスとそのポイントについて、出題されました。

 今後とも、介護過程をふまえた計画に沿ったサービスを提供していきましょう。

 試験当日までの学習と、3年以上の実務経験、日々の生活経験なども総動員して、何問くらい正答できましたか。人間の尊厳と自立1~2問、人間関係とコミュニケーション1~2問、社会の理解5~6問、介護の基本6~7問、コミュニケーション技術5~6問、生活支援技術20問前後、介護過程5~6問くらいのペースで、正答できているといいですね。

 次回は、「午後」の問題について確認しましょう。