メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

石橋先生の受験対策講座

石橋 亮一(いしばし りょういち)

忙しい日々の中で効率よく勉強するにはどうしたら?とお悩みのあなたに、ぴったりのガイド役となるのがこのコーナーです。介護の現場にも詳しい石橋亮一先生が受験勉強のポイントを講義します。

プロフィール石橋 亮一(いしばし りょういち)

社会福祉法人同胞互助会にて特別養護老人ホーム、在宅介護支援センターに、株式会社ベネッセコーポレーションにてホームヘルプサービスなどに従事。
現在は、地域や学校、介護サービス事業者や施設の研修講師、アドバイザー、介護認定審査会委員、東京都第三者評価員、介護サービス情報の公表制度調査員などを兼務。介護福祉士などの受験対策講座も数多く行っている。 (介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員、福祉住環境コーディネーター2級、介護予防主任運動指導員)

中央法規の『介護福祉士受験対策セミナー(直前対策講座)』
 介護福祉士国家試験の本番前に不安を解消しませんか?
このセミナーで、「実務者研修で学んだ知識」に「試験で問われやすいポイント」を上乗せ!
的を絞って国家試験を突破するポイントを解説します!
  • 東京会場:2018 /1/13 (土)  
  • 大阪会場:2018 /1/14 (日)  


詳細・お申し込みはこちらから

第27回 医療的ケア

 こんにちは。ここまで「こころとからだのしくみ」領域4科目について、学んできました。医療系の領域・科目として、前回の筆記試験から、「医療的ケア」領域(科目名も「医療的ケア」)が追加されました。

 医療的ケアについては、実務者研修等で学習した内容や演習した事柄を振り返ってください。そして、以下のようなポイントを押さえましょう。

制度上の位置づけ

  • ○ 高齢化などの社会的背景から、介護福祉士や介護福祉職等が喀痰(かくたん)吸引や経管栄養を行う必要性が生じ、2011(平成23)年に社会福祉士及び介護福祉士法を改正し、介護福祉士等が実施可能な行為として位置づけた(第29回に出題)。
  • ○ 社会福祉士及び介護福祉士法では「医師の指示のもとに行われる行為」として、以下の行為(医療的ケア)を規定している:
    • ・口腔内、鼻腔内、気管カニューレ内部の喀痰吸引
    • ・胃ろうまたは腸ろうによる経管栄養、経鼻経管栄養
  • ○ 介護福祉士等が行う喀痰吸引は、咽頭(いんとう)の手前までを限度とする(第29回に出題)。また、経管栄養において、胃ろう・腸ろうの状態に問題がないことの確認や、経鼻経管栄養の実施の際に、栄養チューブが正確に胃の中に挿入されていることの確認は、医師または看護職が行う。

喀痰吸引

  • ○ 塵や異物をとらえた余剰分泌物を痰といい、器具を使って痰を吸い出すことを、喀痰吸引という。
  • 喀痰吸引が必要な状態とは、痰が増加している状態や、咳をするための喉の反射や咳の力が弱くなり、痰を排出しにくい状態、痰がかたくなり排出しにくい状態を指す。吸引が必要な状態かどうかの判断・確認は、看護職等が行う。
  • 吸引器は、陰圧を起こすモーター部分と、痰をためる吸引瓶、痰を吸い出すためのホース部分(接続チューブ)から構成されている。吸引を行う際は、接続チューブに吸引チューブを接続する。吸引チューブの選定は、医師・看護職が行う。
  • 吸引前の準備として、利用者に吸引の必要性について説明し、実施することの同意を得る。そして、利用者の上半身を10~30度挙上するなど、吸引をできる限り楽に受けられるような姿勢を整える(第29回に事例問題として出題)。
  • 吸引の実施に際し、清潔操作の順番を間違えると、消毒剤や保管液すべてが汚染されるため、注意が必要である。
  • 吸引時、吸引チューブをとどめておくと、粘膜への吸い付きが起こる場合があるため、吸引チューブを回すなど、吸引圧が1か所にかからないように気をつける。
  • ○ 喀痰吸引により利用者に起こり得る危険な状態として、呼吸状態が悪くなる、顔色が悪くなる、嘔吐(おうと)する、出血するなどがある。このような場合は、吸引を直ちに中止する。
  • ○ 吸引中・吸引後の利用者の状態や、吸引した物の量や性状などについて、異常の有無にかかわらず、看護職に日常的に報告し、連携をとる。

経管栄養

  • ○ 経管栄養とは、消化管内にチューブを挿入して栄養剤(流動食)を注入し、栄養状態の維持・改善を行う方法である。
  • 経管栄養が必要な状態とは、飲み込みのはたらきが低下している状態や、栄養が不十分と推測される状態をいう。
  • 胃ろう経管栄養は、手術(内視鏡)により腹壁から胃内にろう孔を造設し、チューブを留置して栄養剤を注入する。胃ろう栄養チューブには4つの種類(ボタン型、チューブ型のそれぞれバルーンタイプとバンパータイプ)がある。ボタン型は(チューブ型に比べて、体外に出ている部分が少ないので)自己抜去(ばっきょ)しにくい(第25回に「こころとからだのしくみ」で出題)。
  • 栄養剤は、利用者の状態に合うものを医師が選択する。半固形化栄養剤は、基本的に経鼻経管栄養では使用せず、胃ろうまたは腸ろうによる経管栄養で用いる。
  • ○ 経管栄養の必要物品として、イリゲーター(栄養剤を入れる容器)、栄養点滴チューブ、カテーテルチップシリンジ、計量カップ、点滴スタンドなどがある。
  • 栄養剤の注入時は、上半身を30~45度起こして、逆流を防止する。安定して座位の保持ができる人は座位で行うなど、医師や看護職の指導のもとで行う。
  • 経管栄養の実施に際して、クレンメを開き、医師の指示どおりの滴下(てきか)数に合わせるため、栄養点滴チューブの点滴筒の滴下と時計を見ながら、1分間の滴下数を合わせる。栄養剤の注入速度が速いと、下痢を起こすことがある(第29回に出題)。
  • ○ 嘔吐や食道への逆流を防止するため、注入終了後も、上半身を起こした状態を30分から1時間位保つことを、利用者にも説明する。
  • ○ 栄養剤の注入では、実施時間、栄養剤の注入方法、栄養剤の種類、量などを記録する。また、注入時間や利用者の身体状態、表情、意識状態なども、実施後すみやかに記録する。
  • ○ 経管栄養チューブ挿入部周囲が赤くなったり、滲出液(しんしゅつえき)が出たり、痛みがあったり、出血したり、悪臭がする場合などは、医師や看護職に連絡する。また、チューブが抜けた時なども、注入は行わずに、看護職に状況を報告する(第29回に出題)。
  • ○ 経管栄養を実施している利用者で、口腔から食事を摂っていない人は、唾液の分泌による自浄作用が低下し、細菌感染が起こりやすい。従って、口腔ケアをしっかり行う。なお、刺激による嘔吐や嘔吐物による誤嚥を防ぐため、経管栄養が終わってすぐの口腔ケアは避ける(第26回に「生活支援技術」で出題)。

 医療的ケアの問題を正答するにあたっては、医師や看護職の指示や指導、確認のもとで行い、通常の介護業務以上に、医師や看護職に報告、連絡し、密に連携をとっていることを適切(○)とし、少しでも連携を怠(おこた)っている設問は不適切(×)としましょう。また、喀痰吸引や経管栄養を必要としている状態や、使用する器具のしくみや名称、具体的な実施手順や注意点、利用者に起こり得る危険な状態などを、把握しておきましょう。