メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

石橋先生の受験対策講座

石橋 亮一(いしばし りょういち)

忙しい日々の中で効率よく勉強するにはどうしたら?とお悩みのあなたに、ぴったりのガイド役となるのがこのコーナーです。介護の現場にも詳しい石橋亮一先生が受験勉強のポイントを講義します。

プロフィール石橋 亮一(いしばし りょういち)

社会福祉法人同胞互助会にて特別養護老人ホーム、在宅介護支援センターに、株式会社ベネッセコーポレーションにてホームヘルプサービスなどに従事。
現在は、地域や学校、介護サービス事業者や施設の研修講師、アドバイザー、介護認定審査会委員、東京都第三者評価員、介護サービス情報の公表制度調査員などを兼務。介護福祉士などの受験対策講座も数多く行っている。 (介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員、福祉住環境コーディネーター2級、介護予防主任運動指導員)

中央法規の『介護福祉士受験対策セミナー(直前対策講座)』
 介護福祉士国家試験の本番前に不安を解消しませんか?
このセミナーで、「実務者研修で学んだ知識」に「試験で問われやすいポイント」を上乗せ!
的を絞って国家試験を突破するポイントを解説します!
  • 東京会場:2018 /1/13 (土)  
  • 大阪会場:2018 /1/14 (日)  


詳細・お申し込みはこちらから

第26回 こころとからだのしくみ(5)~排泄、睡眠、ターミナル関連~

 今回は、「こころとからだのしくみ」の最終回です。

 前回に続いて、生活場面ごとに関連したこころとからだのしくみについて勉強しましょう。

排泄に関連したこころとからだのしくみ

  • ○ 排泄は、からだの老廃物を外に出す生理現象で、人間が生命活動を行ううえで不可欠な営みである。
  • ○ トイレに行って排泄するという生活の行為は、「尿意・便意を感じ⇒トイレの場所や使用方法を理解し(認知機能)⇒トイレまで移動し、扉を開閉し、衣服を着脱し(運動機能)⇒排尿・排便する(泌尿器機能・消化器機能)」という一連の流れからなっている。
  • ○ 排尿、排便にも、自律神経がかかわっている。排尿において自律神経は、膀胱と尿道の働きを調節しており、蓄尿期は興奮するときに働く交感神経が優位で、活動時に尿を漏らさずにいられる。一方、排尿の際はリラックスするときに働く副交感神経が優位となる。排便において、蓄便時は、交感神経が優位で直腸を弛緩させ、肛門を締めている内肛門括約筋(かつやくきん)と外肛門括約筋を収縮させている。なお、排便は、前屈姿勢でいきむことで直腸が収縮し、肛門括約筋が緩み、便を排出することができる。
  • ○ 排尿障害には、急に強い尿意を感じて我慢できなくなる切迫性尿失禁や、骨盤底筋群の機能低下により、くしゃみや咳をしたときに尿が漏れてしまう腹圧性尿失禁などの蓄尿障害(尿をためる機能の障害)(第25回、28回に出題。第29回では事例問題として出題)、溢流性(いつりゅうせい)尿失禁などの排尿困難、認知症の人によくみられる機能性尿失禁に相当する排泄行為の障害がある(第26回に出題)。
  • ○ 便秘とは、排便が順調に行われず、排便回数が少なくなり、排便に苦痛を伴う状態をいう。大腸の運動機能や反射の異常による機能性便秘、病気により大腸そのものが狭くなり便が通過しにくい器質性便秘がある。機能性便秘の原因として、麻薬性鎮痛剤など薬の副作用によるもの(医原性便秘)や、大腸の蠕動(ぜんどう)運動の低下によるもの(弛緩性便秘)がある(第25回、27回に出題)。

睡眠に関連したこころとからだのしくみ

  • ○ 生物には体内時計があり、地球の自転による環境の変化を予測して、生活における活動と休息のリズムをつくっている。その日の睡眠の長さや深さは、目覚めていた長さや疲労の程度により決まり、その睡眠に適している時間帯が体内時計の働きにより決められる。
  • ○ 睡眠にはリズムがあり、浅い眠りのレム睡眠(筋肉は弛緩してからだはぐったりしているのに、脳は覚醒に近い状態で夢を見ていることが多い)と最も深い眠りのノンレム睡眠(ある程度の筋緊張を保ちながら、ぐっすり深く眠りながら大脳を休ませ回復させる)を、約90分間周期で繰り返すとされている(第24回、27回に出題)。
  • ○ 睡眠をとることは、からだの組織の成長や修復を促進する成長ホルモンの分泌や、深い眠りによる免疫系の活動、脳で収集する情報の整理などの機能を維持するために大切である。なお、睡眠は、深くなるにつれて心拍数が減少する(第26回に出題)。睡眠を促進するホルモンとして、メラトニンがある(第28回に出題)。

死にゆく人のこころとからだのしくみ

  • ○ 死亡直前にみられる身体の変化として、尿量が減少し、尿が濃くなる(第26回に出題)。加えて、手足が冷たくなり、皮膚が紫色になることなどがあげられる。
  • 生物学的な死は、死の三徴候と呼ばれる心停止、呼吸停止、瞳孔散大(どうこうさんだい)など、生命維持活動を行ってきた生体のすべての生理機能が停止、回復不可能な状態をいう。一方で、法律的な死(脳死)は、脳の機能がほぼ完全に失われ、回復不可能な状態をいう。
  • 尊厳死とは、人としての尊厳(本講座第5回参照)を保ちながら死を迎えることをいう。人工呼吸器など医療器具につながれ、延命だけを目的とすることを拒(こば)むもので、事前の本人の意思表明を含め、家族が事前に本人の意思を確認しておくことが重要である。なお、終末期において、意志疎通が困難になったときのために、希望する医療ケアを記載した書類のことを、事前指示書という(第29回に出題)。
  • ○ 死亡とは、医師が死を診断した時点をいう。医師が死亡を確認するまで、死亡とは認められない。
  • ○ キューブラー・ロス(Kübler-Ross,E.)は、死にゆく人が死を受容する過程を「否認⇔怒り⇔取引⇔抑うつ⇔受容」の5段階に理論化した(第24回に出題。第27回では事例問題として出題)。5段階は一方向ではなく、必ずしもこのとおりにたどるものではない。本人の生活歴や家族歴、死に向かう原因や状況、死生観などにより、受容までの過程は多様である。

 第26回では、死別後の家族の悲嘆反応(大切な人を失ったことにより起こる感情や行動など)について、第28回では、急変した場合に第一に相談すべき連絡先について、事例問題として出題されました。

 学習おつかれさまです。

 次回は、「医療的ケア」領域です。