メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

石橋先生の受験対策講座

石橋 亮一(いしばし りょういち)

忙しい日々の中で効率よく勉強するにはどうしたら?とお悩みのあなたに、ぴったりのガイド役となるのがこのコーナーです。介護の現場にも詳しい石橋亮一先生が受験勉強のポイントを講義します。

プロフィール石橋 亮一(いしばし りょういち)

社会福祉法人同胞互助会にて特別養護老人ホーム、在宅介護支援センターに、株式会社ベネッセコーポレーションにてホームヘルプサービスなどに従事。
現在は、地域や学校、介護サービス事業者や施設の研修講師、アドバイザー、介護認定審査会委員、東京都第三者評価員、介護サービス情報の公表制度調査員などを兼務。介護福祉士などの受験対策講座も数多く行っている。 (介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員、福祉住環境コーディネーター2級、介護予防主任運動指導員)

第13回 発達と老化の理解(1)~こころとからだの成長・発達と老化~

 こんにちは。6月に入り、蒸し暑くなってきました。体調に気をつけてお過ごしください。

 これまで、「人間と社会」領域を学んできました。今回から「こころとからだのしくみ」領域に入りましょう。まずは「発達と老化の理解」という科目です。

 皆さんが従事する介護サービスの利用者の多くは、高齢者です。人生の先輩のプライド・尊厳に配慮し、自立支援の視点で、こころとからだの老化やそれに伴う病気・障害の状態に合わせて、介護生活を手助けするうえで必要な知識です。

人間の成長と発達

 人のこころとからだは、成長・発達します。その理論には諸説ありますが、生得(成熟優位)説や経験(環境・学習優位)説、相互作用説、輻輳(ふくそう)説について、テキストで確認しておくとよいでしょう。

 発達は、乳幼児期、児童期、青年期、成人期、老年期と、段階を踏んで進んでいくとされています(発達段階説)。

 第28回、29回で出題された、エリクソン(Erikson,E.)の発達段階説は、生涯発達という観点で、心理・社会的側面の発達を、「乳児期、幼児期前期、幼児期後期、児童期、青年期、成年期初期、成年期中期、老年期(成年期後期〔円熟期〕)」の8段階にまとめています。各段階において、達成すべき自我の発達課題というものがあり、老年期の発達課題は、統合感の獲得(自我の統合)。課題を達成(成功)すると、自我の統合を果たし、英知が身につき、人として総括、達観できる立場になれるが、失敗した場合、絶望が生じるとしています。

 また、第25回では、発達課題という考え方を初めて提唱したハヴィガースト(Havighurst,R.J.)について、第27回では、ピアジェ(Piajet,J.)の認知発達段階について、出題されました。過去問題解説集で学びましょう。

老化に伴うこころとからだの変化

 自分が「高齢者」であることに気づく個人的な体験を、老性自覚(ろうせいじかく)(加齢による心身の変化に対する主観的な自覚)といいます。個人差はありますが、定年退職などの外的要因、病気による心身機能の低下など内的要因によりもたらされます(第24回に出題)。

 また、人は年をとればとるほど、喪失体験(そうしつたいけん)(老化や病気による身体機能、健康の喪失、定年退職や子どもの自立に伴う役割の喪失、配偶者や友人との死別などによる人間関係、親和感の喪失など)を重ね、不安感、喪失感を増幅させる傾向があります(第25回に事例問題として出題)。

 老化に伴うこころとからだの変化として、次のような事項をテキストで学習してください。

こころの老化

  • 知能において、流動性知能の低下がみられる(第25回に出題)。
  • 記憶において、感覚記憶、短期記憶が低下する(第26回に事例問題として出題)。長期記憶においては、個人の生活の中で生じる出来事や体験に関する記憶(エピソード記憶)が、加齢の影響を強く受ける(第28回に出題)。一方、からだで覚えた手続き記憶は忘れにくい(第29回に出題)
  • ○ こころの発達により形成された人格(性格、パーソナリティ)の基本的な部分は、加齢により、大きく変化することはないとされる。変化がみられる場合は、脳の病気・障害や、喪失体験などが影響していると考えられる。
  • ○ ライカード(「ライチャード」と表記する場合もある。Reichard,S.)は、男性高齢者の人格特性を5つに分類した。「円熟型、安楽椅子(ロッキングチェア)型、防衛(装甲)型」は、社会に適応的であり、「外罰(憤慨)型、内罰(自責)型」は、社会に不適応な人格特性であるとした(第25回に事例問題として出題)。

からだの老化

  • ○ 骨量(骨密度)、筋力の低下(第24回に出題)、筋肉量の減少(第28回に出題)
  • ○ 細胞の数の減少、萎縮(いしゅく)、体液量の減少
  • ○ (免疫担当細胞である)T細胞の数の減少と免疫機能の低下(第24回に出題)
  • ○ 肺活量の低下、咳反射の低下
  • ○ 視覚、聴覚、味覚、嗅覚などの低下(第25回に出題)
  • ○ 食事摂取量の減少、嗜好(しこう)の偏(かたよ)り傾向
  • ○ 歯の欠損、唾液(だえき)の減少、咀嚼(そしゃく)、嚥下(えんげ)能力の低下
  • ○ 腸の蠕動(ぜんどう)運動(便を肛門へ押し出す力)の低下
  • ○ 中途覚醒の増加(第26回、29回に「こころとからだのしくみ」で出題)

 など

 理解を深めるために必要とされる、こころやからだのしくみそのものについては、後に紹介する「こころとからだのしくみ」という科目で勉強します。

 また、「発達と老化の理解」は医学系の科目ですが、75歳以上の高齢者を後期高齢者と呼ぶことや(第26回に出題)、介護が必要となった原因として最も多いのが脳血管疾患であること(第26回に出題)。プロダクティブ・エイジング(第27回に出題)、社会情動的選択理論(第28回に出題)など、高齢者に関する知識が広く出題されます。過去問題解説集で、確認してみてください。