メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

石橋先生の受験対策講座

石橋 亮一(いしばし りょういち)

忙しい日々の中で効率よく勉強するにはどうしたら?とお悩みのあなたに、ぴったりのガイド役となるのがこのコーナーです。介護の現場にも詳しい石橋亮一先生が受験勉強のポイントを講義します。

プロフィール石橋 亮一(いしばし りょういち)

社会福祉法人同胞互助会にて特別養護老人ホーム、在宅介護支援センターに、株式会社ベネッセコーポレーションにてホームヘルプサービスなどに従事。
現在は、地域や学校、介護サービス事業者や施設の研修講師、アドバイザー、介護認定審査会委員、東京都第三者評価員、介護サービス情報の公表制度調査員などを兼務。介護福祉士などの受験対策講座も数多く行っている。 (介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員、福祉住環境コーディネーター2級、介護予防主任運動指導員)

中央法規の『介護福祉士受験対策セミナー(直前対策講座)』
 介護福祉士国家試験の本番前に不安を解消しませんか?
このセミナーで、「実務者研修で学んだ知識」に「試験で問われやすいポイント」を上乗せ!
的を絞って国家試験を突破するポイントを解説します!
  • 東京会場:2018 /1/13 (土)  
  • 大阪会場:2018 /1/14 (日)  


詳細・お申し込みはこちらから

第4回 カリキュラムの全体像

 こんにちは。
 前回は、筆記試験の学習方法をお伝えしました。
 今回は、カリキュラム(出題基準)の全体像をとらえることで、これからの学習の概要をイメージしてみましょう。

カリキュラムは4領域12科目

 下の図をご覧ください。
 第24回から第28回までのカリキュラムは、「人間と社会」「こころとからだのしくみ」「介護」の3つの領域からなり、第29回から「医療的ケア」が追加され、4領域となりました。そして、これらの領域に計12科目が振り分けられています。
 国家試験で出題される、各科目の出題数は確定していません。介護福祉士養成施設における教育時間数などを踏まえて設定されていると見込まれますが、ここでは、前回(第29回)の筆記試験で出題された問題数を記します。

図 カリキュラムの体系と出題問題数

 上記の12科目のほかにも、「総合問題」として、介護現場で出会う利用者の事例(実例)について、10行程度の文章を読んで解答する設問があります。1つの事例について3問出題されますが、過去6回は4事例(12問)出題されました。これにより、前回(第29回)は、合計125問の出題でした。

各領域の概要

 次に、公表されている出題基準を参考に、各領域の概要と学習のポイントを紹介します。

人間と社会

 人間の尊厳、自立とは何か、そして介護における尊厳の保持や自立支援などについて確認します。さらに、人間関係の形成と、必要とされるコミュニケーションの方法などについて習得します。
難解な科目としてポイントとなるのが「社会の理解」で、人間社会を構成する家族や地域の現状などを把握するとともに、その生活を支える介護保険法、障害者総合支援法などの社会保障制度について理解します。

こころとからだのしくみ

 私たちが日々営む介護は、自立支援の視点で、老化・老衰、病気・障害とその程度や特性にあわせて行っています。それを適切に行い続けるために知っていなければならない、人間の心身の老化や病気、障害について学びます。
 認知症の高齢者が増加するなか、「認知症の理解」が独立した科目になっていることも注目されます。
 また「こころとからだのしくみ」という科目では、人間のこころとからだの仕組みそのものを学習します。まさに医学系の領域・科目といえます。

医療的ケア

 高齢化などの社会的背景から、2011(平成23)年に社会福祉士及び介護福祉士法を改正し、喀痰吸引や経管栄養を、介護福祉士等が実施可能な行為として位置づけました。それを受け、前回(第29回)から新設された領域・科目です。
 医療的ケアについては、実務者研修(本講座第2回参照)等で学習した内容や演習した事柄が、主に出題されますので、振り返っておいてください。

介護

 前述の3つの領域の知識なども活かしながら、介護が必要な利用者の生活を支援していくための、介護そのものの知識、技術、理念(方針)を習得します。
 特に、利用者の介護生活における解決すべきニーズ(課題)に応じた支援を、計画的に行うための展開プロセスを理解する「介護過程」は、現場でも日増しに重要視されており、大事な科目です。
 なお、介護の領域は、実務経験を思い起こすことで、正解を導くことができる内容も多く含まれます。

 これらを見据えながら、次回からは科目ごとの具体的な学習へと入ります。まずは「人間と社会」領域からご一緒しましょう。

 来週からも、どうぞよろしくお願いいたします。