メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

石橋先生の受験対策講座

石橋 亮一(いしばし りょういち)

忙しい日々の中で効率よく勉強するにはどうしたら?とお悩みのあなたに、ぴったりのガイド役となるのがこのコーナーです。介護の現場にも詳しい石橋亮一先生が受験勉強のポイントを講義します。

プロフィール石橋 亮一(いしばし りょういち)

社会福祉法人同胞互助会にて特別養護老人ホーム、在宅介護支援センターに、株式会社ベネッセコーポレーションにてホームヘルプサービスなどに従事。
現在は、地域や学校、介護サービス事業者や施設の研修講師、アドバイザー、介護認定審査会委員、東京都第三者評価員、介護サービス情報の公表制度調査員などを兼務。介護福祉士などの受験対策講座も数多く行っている。 (介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員、福祉住環境コーディネーター2級、介護予防主任運動指導員)

第44回 第29回介護福祉士国家試験・筆記試験を振り返って(前半)

 昨年4月から今月まで、筆記試験の受験勉強をご一緒させていただいた石橋です。

 寒い中、日曜日の受験、本当にお疲れさまでした。

 全体の内容は、難解なものもありましたが、第25回以降の過去4回と、同じくらいの難易度と感じました。いずれの科目も、介護の仕事に必要な知識、技術、理念について、一通り出題されたという印象です。

 今回と次回の2回にわたり、筆記試験を振り返ってみようと思います。

 今回は、「午前」の問題です。

 なお、解答速報については、こちらをご覧ください。

人間の尊厳と自立

 冒頭の事例問題は、利用者の思いを尊重し、かつ自立を支援するという点で、正答を導いていれば何よりです。

 また、利用者の尊厳を保持するために欠かせない理念であるノーマライゼーション(normalization)は、「普通の(normal)」という意味を含んでいることを知っていれば、解答できたかと思います。

人間関係とコミュニケーション

 自己開示とは、自分自身に関する情報を、本人の意思により、特定の他者に対して言語を介して伝達することをいいます。利用者の介護生活を支援する者自身が自己開示を行い、あわせて利用者・家族の自己開示を受け容れ、良好な人間関係を築いていきます。

 事例問題では、先天的な聴覚障害と後天的な視覚障害により、活用が難しい手段を消去し、「触手話」にたどりついていればと思います。

社会の理解

 介護福祉や保健医療などあらゆる生活場面を支援する、「社会保障」と総称される制度(法律)の知識が問われる、難解な本科目はいかがでしたか。

 今や社会保障に注ぎ込まれるお金(社会保障給付費)が110兆円を超える中、介護保険制度が創設された2000(平成12)年度以降の給付費に占める介護対策の割合も、増加傾向にあります。なお、介護保険制度は、医療保険、年金保険、雇用保険、労災保険とともに、社会保障の中でも重要な制度群である、社会保険に含まれます。

 介護サービスに直接かかわる介護保険制度と障害者総合支援法が、今回も複数問出題されました。これからも、仕事や日々の生活を通して、関心と理解を高めていきましょう。

 今回は、各種介護サービスの内容や、配置されている職種などについて出題されました。介護保険制度における保険者(市町村)の役割には、保険給付(介護サービスの利用料金を9割〔8割〕補助すること)があります。今回の学習に加え、現場での業務も思い起こしながら、1問でも多く正答できていればと思います。

 一方、社会保障給付費を抑制するためにも、「健康寿命を延ばすために、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)対策が重要」であることや、生活保護法の適用に至る前段階で、「生活困窮者に対する自立支援策を強化して、その自立促進を図ることを目的」としている生活困窮者自立支援法というものが出題されました。法律もいろいろありますね。

介護の基本

 今回は例年より出題数が減り、10問でした。

 介護にかかる基本的事項として毎回出題される、リハビリテーション(全人間的復権。名誉の回復)、介護サービスの理解、リスクマネジメント(の視点に立った介護技術)、介護職員の安全(第26回でも出題されていた、腰痛予防に静的ストレッチングが効果的)について、今回も出題されました。また、利用者のQOLを高めるためのあり方といった理念的な事柄や、高齢者虐待の実態、身体拘束の内容など、他の科目でも出題される、望ましくない介護に関することも出題されました。

 テキストや過去問題解説集、本連載記事などを使った学習の成果は出せましたでしょうか。

コミュニケーション技術

 「言葉だけではなく、表情やしぐさにも注意しながら聞く」といった、非言語的な要素を重視した、コミュニケーション技術の基本を、日ごろから実践していますか。また、言葉の理解、組み立て、表出などに障害がある失語症や、老人性難聴、認知症など病気・障害別のコミュニケーションを習得することも、大切ですね。

 職員間のコミュニケーションの一環でもある、介護記録にかかる個人情報の取り扱いや、事故には至らなかったヒヤリハットの報告書と事故報告書との違い、カンファレンスにおける参加の仕方について、実務とも結びつけながら、解答できていればと思います。

生活支援技術

 今回は例年より出題数が増え、26問でした。受験者の大半が実技試験免除となったことに伴う変更かと見受けます。

 安全に配慮した住環境整備や、整容(爪切り、義歯の取り扱い)、認知症や(高次脳機能障害による)実行機能障害、頸髄損傷の利用者の更衣、加齢による下肢筋力低下がある利用者の移乗と使用する福祉用具、片麻痺の利用者の体位変換や階段昇降、加齢に伴う身体機能の変化に対応した食事、入浴や排泄、睡眠、終末期ケアなど、老化や病気・障害の特性に応じた、身体介護技術を中心とした生活支援のための技術や知識が、例年どおり幅広く出題されました。

 多くの設問について、現場経験などを通して解答できたことと思います。また、生活は文化そのもの。和食の基本的な配膳の位置など、承知しておかなければなりませんね。

 今回再確認した技術は、明日からの仕事で改めて実践していきましょう。

介護過程

 過去の出題と同様に、アセスメント、そこで把握する主観的情報・客観的情報、アセスメントにより明確にする生活上の課題(ニーズ)、課題を解決するための目標や方法などを盛り込む介護計画の立案、計画の実施と評価など、利用者を主体とした一連の介護過程に含まれる事項とその具体的な内容などを正しく知り、理解しておくことが重要でした。また、S(subject)O(object)A(assessment)P(plan)は、介護過程と連動した記録方式といえます。

 今後とも、介護過程をふまえた計画に沿ったサービスを提供していきましょう。

 試験当日までの学習と、3年以上の実務経験、日々の生活経験なども総動員して、何問くらい正答できましたか。人間の尊厳と自立1~2問、人間関係とコミュニケーション1~2問、社会の理解5~6問、介護の基本7問前後、コミュニケーション技術5~6問、生活支援技術18問前後、介護過程5~6問くらいのペースで正答できているといいですね。

 次回は、「午後」の問題について確認しましょう。