メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

石橋先生の受験対策講座

石橋 亮一(いしばし りょういち)

忙しい日々の中で効率よく勉強するにはどうしたら?とお悩みのあなたに、ぴったりのガイド役となるのがこのコーナーです。介護の現場にも詳しい石橋亮一先生が受験勉強のポイントを講義します。

プロフィール石橋 亮一(いしばし りょういち)

社会福祉法人同胞互助会にて特別養護老人ホーム、在宅介護支援センターに、株式会社ベネッセコーポレーションにてホームヘルプサービスなどに従事。
現在は、地域や学校、介護サービス事業者や施設の研修講師、アドバイザー、介護認定審査会委員、東京都第三者評価員、介護サービス情報の公表制度調査員などを兼務。介護福祉士などの受験対策講座も数多く行っている。 (介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員、福祉住環境コーディネーター2級、介護予防主任運動指導員)

第35回 生活支援技術(2)~身じたく、移動関連~

 「生活支援技術」では、生活場面ごとの身体介護技術についてまんべんなく出題されます。本講座第24回、25回、26回など、「こころとからだのしくみ」領域の内容とも結びつけながら、以下の事項をテキストや過去問題解説集でも押さえていってください。また、身体介護技術を実践(じっせん)する日々の仕事が、すべて試験勉強につながっていると意識するとよいでしょう。

自立に向けた身じたくの介護

整容

  • ○ 洗面は、清潔保持や血行促進の効果があり、朝の洗面により、すっきりとした気分で1日を始めることができる。起き上がりが難しく、洗面ができない利用者には、40℃前後の湯で絞(しぼ)ったハンドタオルを渡し、可能な限り自分で拭(ふ)いてもらう。拭き残しがないように、利用者のペースに合わせて声をかける。全介助の場合は、利用者の意向をうかがいながら拭く。皮脂(ひし)や汚れがつきやすい目や鼻の周囲などは、特にていねいに行い、目は、目がしらから目じりに向かって拭き、同じ面は二度使わないようにする(第24回に出題)。

口腔ケア

  • 自立度の高い利用者ほど、効果的に清掃(せいそう)が行われていないことが多い、という視点をもち、自立している利用者に対しても、口腔(こうくう)ケアについて状況を把握(はあく)し、効果的な清掃が可能になるように声かけし、支援する。
  • 一部介助を要する利用者に対しては、例えば、歯ブラシの柄(え)の部分を太くして持ちやすくするなど、自立の支援のために用具を工夫することも大切である。うがいができる場合は、ブラッシング前にうがいをするとよい(第27回に出題)。
  • ○ 高齢になると、唾液(だえき)の分泌(ぶんぴつ)が低下し、口腔内が乾燥して細菌が繁殖(はんしょく)しやすいので、歯磨きやうがい(含嗽(がんそう))、義歯の手入れは、毎日欠かさないようにする。うがいの際、頬(ほお)を動かすことは、口腔周囲筋の機能訓練の効果にもなる。基本的に義歯は毎食後外し、歯磨き粉は使わずに歯ブラシを用いて流水(りゅうすい)で洗い、乾燥を防ぐ(第25回に出題)。
  • ○ ベッド上で全介助を要する利用者など、歯ブラシによる口腔清掃が困難な利用者には、スポンジブラシやガーゼを使用して、口腔内の清拭(せいしき)を行う。歯垢(しこう)除去の面で効果は低くなるが、誤嚥(ごえん)などの面では安全な方法といえる。舌の汚れを取り除くことにも留意する(第24回に出題)。なお、経管(けいかん)栄養の利用者においては、刺激による嘔吐(おうと)や嘔吐物による誤嚥を防ぐため、経管栄養が終わってすぐの口腔ケアは避(さ)ける(第26回に出題)。

衣類の着脱

  • 自立度の高い利用者の場合は、衣類を準備すれば自力で着替えられる、説明すれば着替えられるなど、利用者の状況にあわせて見守りなどの支援を行う。
  • 一部介助を要する利用者に対しては、肩口を下げる手助けにより自力で脱ぐことができる、下のほうのボタンは留められるなど、利用者のできる部分を見きわめて、できない部分を支援する。
  • 全介助を要する利用者であっても、衣類の選択を促すなど、可能な限り自力でできることは協力してもらう。
  • ○ 衣類着脱の介助の留意点として、保温のため部屋を暖め、介護者の手も温めておく。介護者の手前から着脱することを基本とし、麻痺(まひ)がある場合は、健側から脱ぎ、患側から着てもらう(脱健着患)。身体の下にしわやたるみをつくらないようにすることなどがある。また、生活のリズムを保つために、昼と夜とで衣服を替えるように勧める(第28回に出題)。

自立に向けた移動の介護

  • ○ 自立度の高い利用者でも、移乗や移動が不安定な場合がある。転倒に留意しながら、利用者の可能な動きを最大限発揮してもらえるよう支援することが望まれる。全介助の利用者であっても、頭を少し持ち上げたり、顔の向きを変えられる場合がある。介護者は、利用者のできるわずかな動きも見逃さないようにする。また、介護者は、自分の身体をねじらないように介助する(第24回に出題)。
  • ベッドから起き上がり、端座位(たんざい)をとった時、足底部(そくていぶ)が床に着く高さ(40~45cmくらい)にベッドの高さを合わせることが重要である。
  • 端座位から立位(りつい)になる際は、利用者に浅く腰かけてもらい、両足を引いて、頭部を前傾し、重心を移動する。片麻痺の利用者においては、介護者は患側(麻痺側)に立ち、利用者の患側の膝(ひざ)に手を当て、立ち上がるのを補助する(第27回に出題)。
  • ベッドから車いすへの移乗では、ベッドの端に対して15~20度の角度で、利用者の健側に車いすを置く。
  • 車いすは、ブレーキの利き具合や後輪の空気圧などを使用前に点検する。車いすは後ろから操作するので、利用者に不安を与えないよう、「左に曲がります」など声をかけ、顔色や表情を確認しながら行う。利用者には車いすに深く座ってもらい、急な下り坂では後ろ向きで下り、段差の昇降にはティッピングバーを用いて前輪を上げて、昇りは前向き、降りる時は後ろ向きで行う。また、移乗の際には必ずブレーキをかけ、移動時には、利用者の足がフットサポート(フットレスト)に乗っていることを確認するなど、事故防止に配慮する(第24回に出題。第26回では事例問題として出題)。
  • (つえ)には、T字杖のほかに、より安定性がある四点杖などがある。杖歩行に際して介護者は、いつでも支えられるように、利用者の患側(杖をついていない側)、または患側の少し斜め後ろに立つ。杖の先ゴムの減り具合にも注意を払う必要がある。杖歩行の介助方法として、「杖→患側の足→健側の足」の順で歩行する3動作歩行や、「杖→健側の足→患側の足」の順で階段を昇る昇降方法などがある(第24回に出題)。

 第25回、26回では、移動のための福祉用具、第26回、27回では、ボディメカニクス(本講座第31回参照)に関して出題されました。